祭・行事の記録

2024年2月19日 (月)

四條畷神社の「刀祓い」

 楠木正行(まさつら)をを祀る四條畷神社へは、我が家からバスと歩きで25分ほどの距離です。
2月3~4日の「厄除け大祭」の刀祓い(かたなはらい)の儀で用いられる刀が公開されると耳にし
たので、さっそく出掛けてきました。

P1510562

 この刀、明治天皇から下賜されたもので、「備州長船住長守」の銘があり、天平8(1353)年の
年記があります。長さ61.5cm、反り1.0cm、2つの目釘穴があります。もとは薙刀だったのを
打ち直したものだそうです。
 昭和21(1946)年の社務所の火災で煤けてしまい、旧国宝の指定も取り消されましたが、平成
26(2016)年に一年掛かりで研ぎ直して、往時の輝きを取り戻すことが出来たんだそうです。

P1510458

 長らく非公開とされてきたのですが、今年は、正月早々、能登半島地震や羽田事故などの暗い
ニュースが続いたことから、お祓いの意味を込めて、公開を決めたんだそうです。

 一般公開では、本殿内中央に展示スペースが設えられ、10時と14時に宮司が木箱に入った刀を
運んで来られます。そして、11時と15時から執り行われる「刀祓い」の主役になります。

P1510468P1510472

 刀が置かれるまでは、こんな状態です。引き立て役の紅白の梅鉢がかぐわしい。

P1510474P1510478

 宮司が去ると、むき身の太刀が独特の虹彩を放ちます。遠慮がちに離れて撮っていたら、もっと
近づいてどうぞと声を掛けていただきました。カメラ爺にフレンドリーですね。

P1510489
P1510493P1510496

 時間になると、刀が本殿前に移され、お祓い希望者が着席して、神事「刀祓い」の始まりです。

P1510538P1510537
P1510544
P1510587
P1510558
P1510574

 四条畷神社バス停から京阪電車大和田駅へのバスは、休日の昼前後、一時間に1本しかないので、
時間調整のため、ちょっとぶらぶら。四条畷神社会館の3階テラスは、絶好の展望スペースでした。
 右手方向の山々は、京都/摂津/丹波の国境をなす、北摂の山塊でしょうか。

P1510511

 やや左手方向の、鶴見ドームの後ろに見える一段と高いビルが “あべのハルカス” でしょう。

P1510509

 参道の大鳥居の脇に “茶屋宿”「伊勢屋」ちゅうのが見えました。風情のある古民家を活用した
ゲストハウスみたいな感じです(内装は洋風だとか)。旧東海道の茶屋は、定宿のような宿泊の
場所ではなかったと云うので、“茶屋宿” と云うのは、簡易な宿っぽい気がしますね。知らんけど。

P1510438

 さすが、四條畷ですよ。飲料の自販機も “楠公(なんこう)さん” 仕様になっていましたよ。

Photo_20240218232901P1510602

 今回の撮影では、旧国宝の太刀も、「刀祓い」の神事の模様も、撮影させてもらいました。
寒いなかを駆け付けた甲斐があったと云うものです。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2024/2/4撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ご訪問いただき、ありがとうございます。コメントくださると励みになります。

2024年1月22日 (月)

萱島神社でも「とんど焼き」

 地元、萱島神社でも「とんど・御火焚き」が行われました。1月15日、早朝6時半から総代総出で
準備し、7時からの神事のあと火床に点火。旨く組んだおかげか、瞬く間に火柱が立ち上がりました。
なにせ、京阪電車萱島駅のホーム直下と云う場所柄、黒煙が立つものは避けねばなりません。

Dscf4695a
Dscf4703

 ずいぶん前から、古札・注連縄置場を設け、「ダイダイや難燃物は外して」とお願い看板を出
していましたが、なかなかです。神棚があったり、古いアルバム(重なった紙は燃えにくい)や
土鈴(燃えるわけがない)の数々があったりして、お札や神矢などとの選別作業が大変でした。

Dscf4670
Dscf4669

 朝7時には、総代全員が法被を整えて、厄除け神事に参加です。

Dscf4678Dscf4675

 とんどで焚き上げる品々を前に、改めてお祓いを受け、御神酒を乾して、いよいよ点火です。

Dscf4679
Dscf4681
Dscf4684

 2時間半ほどで、「とんど・御火焚き」が終了。その後にも注連縄などを持ち込まれる方が
少なからず続いていましたが、お祓いもできず、翌日の塵芥回収に委ねるしかありません。

Dscf4705

 この「とんど・御火焚き」をもって、大晦日からのお正月関連の神社行事は、一旦お仕舞です。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2024/1/15撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村     ご訪問、ありがとうございます。コメントもよろしく。

2024年1月18日 (木)

“歳神様”を夜空に送る

 先週、寝屋川市高倉地区の「高倉とんど焼き」を見に行ってきました。JR学研都市(片町)線の
忍ケ丘駅から歩10分の讃良川沿いに残された田圃が会場です。この地区では、各戸に稲藁の
供出割当てがあり、小型コンバインでの刈り取り時に、一部を手作業で刈っているそうです。

P1490660

 地区の当たり年の子らによって、稲藁の“龍”に火が放たれると、さながら昇龍の如く、一気に
焚き上げられます。今回は、三体に分割されているので、龍尾から順次に点火されました。 

P1490662P1490677
P1490721
P1490796
P1490927
P1500063P1500068P1500071P1500072
P1500056P1490988

 干支とんどのあとは、本体の大とんどに点火です。寝屋川市長も来臨、あいさつもそこそこに、
竹と稲藁で設えられた大とんどに火が放たれました。離れていても、結構熱いので退却です。

         P1500240

 大とんどは、年によって倒す方角が決められているそうで、これがまた中々に難事らしい。

P1500301
P1500323
P1500307
P1500373P1500364
P1500388P1500407
P1500496
P1500580

 「高倉とんど保存会」主催、高倉水利組合・高倉自治会・JA高倉支部・高倉福祉委員会協賛、
高倉消防団の協力での開催です。薄暮の点火なので、撮影には好都合でした。

【つぶやき】 このとんど会場から自宅へは、駅の近くからイオン経由のバスに10分ほど乗り、
      少し遠い最寄りバス停から歩15分掛かりました。車を捨てたので仕方ありません。
      やっぱり、電動アシスト自転車を買わなあかんなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2024/1/14撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村  ご訪問、ありがとうございます。コメントもよろしく。

2024年1月11日 (木)

地元「萱島神社」のお正月 ②

 元旦の朝 7:30です。「萱島神社」本殿の上は、淀屋橋方面緩行線のガーダー橋です。そして、
そのホームには、神木の大楠が突き抜けているのです。初詣の人出も本格化してきましたが、な
るべく人が写らないタイミングで撮っているので、ご了解ください。

Dscf4576
Dscf4608
Dscf4595

 今年は、ガラガラのおみくじを中止、自分で選んでもらうタイプに。混雑緩和のためとか。

Dscf4511Dscf4610

 みなさん、おみくじが好きですね。“凶” が半数とかのどこかのと違って、“大吉” も割とある。

Dscf4601

 こうしているときに、大きな揺れが来ました。神社は、鳥居や燈籠が倒れやすいので心配しま
したが、長く続いて気持ち悪かったものの、近辺では、被害は出なかったようです。しかし、
震源に近い能登半島では、甚大な被害となりました。半世紀も昔、まだ一周道路が開通していな
かった能登を、宇出津~狼煙~曽々木~輪島~門前~猿山崎と歩いた頃を思い出しています。

Dscf4508
Dscf4533

 社務所の軒先に設置された親子龍の彫刻。“となりの人間国宝さん”の作品です。

Dscf4584Dscf4581Dscf4580

 手水の使い方って、案外知らん人がいるようですね。仮称、“龍作くん” が笑っていましたよ。

Dscf4514Dscf4559
Dscf4641

 元旦の正午の元旦祭で、お神楽奉納。我々も法被を着て参列、一人ひとり、榊を奉納しました。

Dscf4518
Dscf4520

 御神木の大楠を見上げると、二手に分かれた大枝がホームに突き出ているのが分かります。

Dscf4568

 絵馬の記載台には、「神様には十分わかるので、住所は市町名までにするよう」の注意書き。

Dscf4521Dscf4573

 お札や神矢、お守りなどの頒布小屋で、“巫女さん” たちも頑張ってくれて、売上前年比110%。

Dscf4628Dscf4604

 今年のおみくじには、“七福神のお守り”が入っているのですが、その七福神を説明できなかった
ので、急遽、告知資料を掲出しました。せやけど、どんなご利益があるんか、よう知らんけど。

20240102211616a

 三ヶ日を過ぎてから、地域の老健施設からグループ参拝の要請があり、一週間ほど毎日対応し
ました。ここは、階段がないし、事前に予約あれば小型バスも乗り入れられて便利そうです。

Dscf4587Dscf4638a

 神社行事の “勤番” を何とか終えることができました。やれやれです。その間、ブログの更新も
滞っていましたが、ボチボチ復旧させ、ブログの取材にも出掛けたいものです。(コンデジで撮影)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2024.1.1~4に撮) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村   ご訪問、ありがとうございます。コメントもよろしく。

2024年1月 8日 (月)

地元、「萱島神社」のお正月

 「萱島神社」は、京阪電車萱島駅ホームの階下に本殿がある神社です。樹齢700年とかの大楠
が大阪方面行ホームの中央に突き出ているのですが、この形に再興されたのは、昭和46(1971)年
に守口市~寝屋川信号所間の高架複々線化工事が完成したときのことです。

Dscf4648

 南太郎は、初めて「萱島神社」氏子総代の一員になったもので、“中の人”としては、初の正月
行事体験でした。結構シンドイことでもありましたが、貴重な経験をさせてもらっています。

大晦日の朝から、初詣のみなさんを迎える準備を地元自治会の役員と総代会のメンバーが一斉に
作業開始。これまでに培った手順に従って、着々と作業が進行します。どっかで笹を採ってきて、
おみくじを結べるようにするチームもあれば、大鍋とドラム缶のカマドで湯沸かしの準備をする
チーム、焚火や篝火の用意とともに、神矢やお札、お守りなどの頒布小屋も臨時に設えます。

Dscf4441Dscf4440
Dscf4444
Dscf4442Dscf4447
Dscf4449

 大晦日の22時には、法被を着こんで「大祓(おおはらえ)式」に参列、全員が榊を供えます。

Dscf4461
Dscf4464b

 元旦0時、“くすのき太鼓”の打ち初めを合図に、初詣が始まります。太鼓の音が腹に響きます。

Dscf4471

 寒いなか、寝屋川に架かる「萱島橋」を越えて参拝の行列が続いていました。左上はホーム。

Dscf4479
Dscf4496

 大楠のたもとに置かれた「繁栄の砂」。普段は1日にしか出さないのですが、正月は特別です。
お詣りの後、近隣の金融機関3店と酒屋さん3店からの献酒の樽酒をふるまっていました。

Dscf4492Dscf4499
Dscf4502

 こうして、慌ただしいお正月を迎えました。深夜3時で一旦、中断し、朝7時半から再開です。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2023.12.31-2024.1.1撮) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【つぶやき】 ブログの更新が一回飛んでしまいました。慣れない神社の仕事で、“予定投稿”も
      用意出来なかったと云うのが言い訳です。机コタツに入ってPCに向かっても、瞼が
      閉じてしまうと云うようなことはなかったのですが、パスッ!を選んでいましたよ。
       
       尤も、神社行事への参画により、実に規則正しい三が日を送ることができました。

2023年12月14日 (木)

地域の防災訓練

 先週、朝から地域の防災訓練に参加しました。会社での訓練はともかく、地域では初参加です。

Dscf4319

 まずは、消火器を使っての消火体験です。訓練用の水消火器ですが、会社のんと一緒です。

Dscf4289

 AEDの使用体験。こわごわ志願しましたが、結構な力で人形の胸を押し続けねばなりません。

Dscf4287Dscf4288

 煙道体験。煙の中を進む体験ですが、全く視界が利かない中、呼声のする方へ進むのです。 

Dscf4291Img_20231203_1036592
Img_20231203_103620

 4人ずつ起震車に乗って震度7を体験。机にしがみつき、顔を見合わせて笑ってしまいました。

Dscf4307
Dscf4306

 上下水道局も参加しての給水体験。訓練会場の小学校の校庭地下に大型貯水設備があって、
そこからくみ上げた上水を“非常用飲料水袋”に注水してみる体験です。6リットル入る袋ですが、
訓練なので、1リットルだけです。訓練用とは別に、新品の給水袋をもらって帰ります。

Dscf4293Dscf4295

 今回、5つの体験コーナーがあり、最後には、電動チェンソーでの丸太切りです。防具を付け
てもらい、地域の消防団員に補助してもらいながら、厚さ10ミリほどの円盤にカットしました。

Dscf4316

 創立150年の小学校校庭には、多数の消防車両が動員されていましたが、幸い、緊急招集が
掛かることはなかったようです。以前、会社での訓練の際、火災の発生の緊急連絡が入り、訓練
会場から消防車が出動して行ったことがありました。

Dscf4312

 訓練終了に際し、大阪府備蓄の非常食(期限まで半年程度のレトルト食品や飲料水)が各地区
自治会単位で参加者に配布されました。もちろん、南太郎もいただいて帰りましたよ。防災訓練
や避難訓練は、地域との関わりと云う点でも、積極的に参加しておくべきだと思いました。反省。

Dscf4321
 訓練参加もあって、今回は、全てコンデジにて撮影。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ クリックといいね💛を宜しくお願いします

 にほんブログ村   (2023/12/3撮影)

 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ご訪問、ありがとうございます
           コメントも宜しくお願いします

  



2023年12月11日 (月)

地元の神社に “親子龍”

 京阪電車萱島駅ホーム下に坐す萱島神社の社頭に、雌雄一対の龍と子龍の像が掲げられました。

Dscf4326Dscf4324

 この龍の像は、いつだったか、“となりの人間国宝さん” に認定された方の力作で、木彫です。

Dscf4327

 3つに分割して彫刻された龍の像を、社務所の軒下に取り付けるのですが、いろいろと想定外
の状況に直面して、思うようには行きません。まぁ、大体で構想しての現地合わせなもんで。

Dscf4322

 それでも、多彩な奉仕メンバーは、何とかして、その現地合わせをやり遂げるのです。

Dscf4330Dscf4331

 来年が辰年なので、龍の像にしたそうですが、縁起ものなので、しばらく掲げられるようです。

Dscf4337

 萱島神社の祭神は、菅原大神・豊受大神・萱島開発の祖神の三神です。神木の大楠が天に昇る
龍のごとき偉観を見せています。昭和46(1971) 年の京阪電車高架複々線化工事に際し、大楠は
ホームに突き出す形で駅舎に残り、神殿・拝殿・社務所を京阪から寄進され、その他の神社施設
も多数の氏子の寄進によって再建造営されたものなんだそうです。

Dscf4333a_2_20231210215201
          (クリックすると拡大します)


 社務所のスグ上の構造物は、京阪電車の大阪方向緩行線のガーダー橋(桁橋)です。

Dscf4336_20231210215501

 年末の「大祓」からお正月の「歳旦祭」への準備も着々進行中。巫女さんも来てくれるんです。
地元自治会を中心に、各総代も「勤番表」に従って出仕です。南太郎もイソガシイんです。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ    クリックといいね💛を宜しくお願いします(2023/12/3撮) ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村  ご来訪、ありがとうございます/コメントもよろしく  

2023年12月 7日 (木)

ライトアップ、稲わらの歳神さま

 先々週、地元寝屋川市高倉地区のとんど焼きにて、天に送られる歳神さまを見に行きました
が、日を改めて、ライトアップの模様も見てきました。角度によっては、中々のものです。

P1460681
P1460680
P1460687
P1460677

 今回の干支とんど(龍)は、3つに分割されていて、横に長いので、撮るのに苦労します。
赤い眼には、お椀が用いられていました。よくマッチしていますね。

P1460703P1460706P1460708

 来年1月14日の日没後、稲藁の歳神様に火が放たれると、一気に燃え上がり、龍が天に昇るか
のような光景が見られます。それまでの間、谷間の田圃に展示され、ライトアップも続きます。

P1460692

 この田圃、冷えてかなわんのですが、年明けの “とんど焼き” も見に来たいと思っています。
その “とんど焼き” は、寝屋川市高倉地区の「高倉とんど保存会」と高倉水利組合、高倉自治会、
高倉消防団などが協力して、実行されているのですが、一時期途絶えていたのを13年前に復活
されたと云うことです。稲藁の確保もままならない現在、地区で田圃が維持されていることが
無ければ、復活もなかったかも知れません。いろいろとご苦労されて来ているのですよ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2023/11/27撮) ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村       ご訪問、ありがとうございます。コメントもよろしく

2023年11月30日 (木)

今年は、のたうつ「龍」

 毎年、寝屋川市内高倉地区の田圃に制作設置される稲藁の干支、今回は「龍」です。

P1460624

 “歳神様” を空に送る神火の行事として続けられている「とんど焼き」にて点火される稲藁像
です。昨年で、制作が復活して12年、干支の一周までは頑張ると云われていたものですが、更に
もう一周を目指すそうです。年明け1月14日夕方の点火まで、田圃に展示され、ライトアップも。

P1460584P1460590

 午前中に来れば、順光で撮りやすいのですが、中々来れなくて、毎度逆光に悩まされます。

P1460638
P1460634
P1460645

 今年は、龍がのたうつ様をデザインして、3つに分割された形になっていますので、少し離れ
て見るのがよさそうです。

P1460616
P1460657
P1460665

 讃良川に沿ったここだけ、田圃が残っています。JR片町(学研都市)線忍ケ丘駅から歩10分で、
割と近いので、後日また、ライトアップされた「龍」を見に来ることにします。

4_20231130123401  にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ (2023/11/26訪問)
  にほんブログ村

  いつもご訪問、ありがとうございます
  クリックといいね💛を宜しくお願いします

  ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2023年9月 4日 (月)

広河原の「松上げ」

 8月24日は、京都市北部の山間部で「広河原の松上げ」です。8月15日の「花背の松上げ」が
台風の通過で中止となったので、「広河原松上鑑賞バス」を予約していたのは正解でした。

Dscf4063Dscf4070

 17:50に出町柳を出発、鞍馬から花背峠を経て広河原の松上げ会場まで約100分。もうどっ
ぷり暮れていました。暫らく、暗闇の中で待機していると、松場のアチコチで、地松の準備が
進められていきます。少し前に雨が上がったところで、下草が濡れていました。

Dscf4081
Dscf4077

 地面に挿した1,000本もの支柱に、点火した小松明(地松)が次々と載せられてゆきます。

Dscf4100
Dscf4071
Dscf4098
Dscf3268

 やがて、全ての地松への点火が終わり、いよいよ、高さ20mのとろぎ(燈籠木)の先に取り付
けられた大笠に向かって、火のついた松明が投げ上げられます。

 広河原の「松上げ」は、300年以上前の江戸期から続けられていると云います。洛北に伝わる
精霊送りと火伏せや五穀豊穣を祈願する愛宕信仰の神事だそうです。とろぎの先の大笠に火が
移ったのち、とろぎが倒され、火の粉を散らして、大笠を棒で掻き上げるんだそうです。

Dscf4084Dscf4104
Dscf3352

 松明が消えかかると、クルクルと振り回して、火勢を戻していました。何度もとろぎの天辺
の大笠に松明が載るのですが、直前の雨で湿気たのか、大きく燃え上がることがなく、バスの
出発の時間が気になり始めました。なにせ、出町柳駅からの最終電車に間に合うよう戻っても
らわないと、困ったことになります。21:30ごろまでには燃え上がってほしいところです。

Dscf3300
Dscf3330

 結局、21:40に見切りを付けました。この日は、とろぎが倒されるのを見届けずに、バスに
戻ることにしました。戻りの鑑賞バスは先着順の定員制で発車するので、早めに戻ったのです。

 そして、カメラの設定も失敗でした。もっと松明が放り上げられる光跡が写せると思ってい
たのですが、旨くありませんでした。松明の数も少なかったようにも思いましたが、広河原は、
花背のまだ奥なので、泊まりでないと、最後を見届けるのは困難かも知れませんね。

      Photo_20230904142001

 申し訳なかったので臨時売店で染め抜き手拭を買い求めました。出町柳着23:05、最終電車
まで10分の余裕でした。自宅最寄駅には、0:00に到着。ちょっと疲れました。

      Img_20230904_074358

 2022年の「花背の松上げ」では、こんな絵になったようです。(京都バスの案内より)

      Photo_20230904003201

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2023/8/24撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

無料ブログはココログ
フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック