歴史・遺跡・現説

2020年9月28日 (月)

小栗栖、明智光秀 終焉の地 ②

 「明智越え」から急な山路を戻り、小栗栖八幡宮に出ました。ここの神主も、代々 飯田一族
が務めたと云うことで、誤って、このあたりを小栗栖城址と記す書物もあると云います。

P1070370

          小栗栖八幡宮から「明智藪」への途中にあった “やいと”
         の寺本。江戸時代から続く老舗らしい。知らんけど。

         P1070345

          光秀の供養塔がある本経寺との分かれを右手に進みます。

         P1070381

 いきなり「明智藪」の碑。ここ、本経寺の境内の一画。崖がコンクリで補修されていました。

P1070384

P1070385

 ですが、本来の「明智藪」は、この先30mと云うので、坂を下ったところに案内の木柱。
ここも、本経寺の境内だそうです。(もとは、この更に奥40mのところにあったとか)

P1070388    

 本能寺で、主君であった信長を討ってから僅か11日後、明智光秀は、坂本城への敗走の途中、
小栗栖の藪中で、落武者狩りにあって落命したと云うことになっています。でもそれは、飯田の
手勢によるものだと云うのが、地元の見解だそうです。

P10704352    

 小国政「小栗栖の露」(大山崎町歴史資料館蔵)の絵が掲出してありました。太田牛一旧記
によると、明智は、小栗栖(おごろす)とて古里にて、落人狩りの百姓共が誰彼無く藪越しに突
いた錆びついたヤリが腰骨に突き当たり、二三町行った先で落馬、自刃したと云う。

P1070416

 ふと振り返ると、先ほど登った「小栗栖城址」の北西側が目前に広がっていました。城址の
手前では、ショベルカーが整地作業をしており、何かの道路が出来る感じです。少し前までは、
深い竹藪に覆われていて、全く城址の感じには見えなかったそうです。(私有地)

P1070411

 戦国時代の小栗栖とその周辺図(ツアーの配布資料=柴裕之「光秀が歩いた道1,2」より)。

左下の天王山から右上の坂本をめざしたのだろうが、大道を通らず、田畔伝い藪中を忍々落行。

 小栗栖二村の間に深草へ出ずる坂道あり、明智越えと云う。その坂道は、明智藪の少し北側
に続いていて、明智一行は、雨中の暗夜で行き惑い、藪の中を小栗栖城に近づき過ぎたのかも
知れへんなあ、と思ったりしました。

145138  
                                  (クリックすると拡大します)

 「明智藪」から更に北上した勸修寺(かじゅうじ)の近くには、「明智胴塚」があるらしいの
ですが、この日のツアーは、明智藪にて終了(12:10)。地下鉄醍醐駅へ急ぐことにしました。
  
         2_20200922160501  

 【まいまい京都】「明智光秀・最後の謎!歴史研究者とたどる戦国時代の小栗栖」
         ~小栗栖城から明智藪まで~ ガイド=谷口拓さん(醍醐歴史研究会) 
           ポチッとよろしく! (2020/9/19撮影) にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村 

2020年9月24日 (木)

小栗栖、明智光秀 終焉の地

 “まいまい京都”の「明智光秀・最期の謎!歴史研究者とたどる、戦国時代の小栗栖」ツアー
は、京都地下鉄石田駅に9:30集合。京阪特急と中書島からの宇治線を乗り継いで六地蔵駅ま
で来れば、徒歩連絡10分弱の地下鉄六地蔵駅の次が石田駅です。

P1070277                    

          改札前でコースの説明を聞いた後、さあ出発です。

          P1070284  

 山科(やましな)川に出ました。正面が比叡山。光秀は、その向こうの坂本城を目指していた
んでしょうな。川を渡ると小栗栖(おぐりす)。その頃は、田圃と竹藪が続いていたそうな。

P1070288

 山科川に並行する旧街道跡と思しき細道。ここ、山科川旧堤防の道ではなかったか。

P1070291  

          小栗栖街道。ここに停まる京阪バスは、大体30分毎。

         P10702921  

 小栗栖(おぐるす)城址。天守閣があるような城ではなく、地形を利用した小城で土豪飯田氏
の居城。後ろのこんもりしたところが城址。許可を得てあり、私有地の城址にのぼります。

P1070299

 とは云っても、直登はかなわず、左手から大きく邸宅の間を迂回し、細い階段を登ります。

P1070301

         P1070303

 マルチで覆われているところが既に城郭の一部とされ、更に2mほど高くなった先に台地が
広がっていて、そこが曲輪の中心ですが、そこへの急な段差をよじ登るのがひと苦労。        

P1070304

         P1070329

 凄い竹藪だったのを、半年前に刈ったそうで、広々として、なかなかの見晴らしです。
山科川の舟運と小栗栖街道の監視には、もってこいの場所に思えました。  
P1070326

 北西側にだけは、“横堀”をの痕跡が残っていて、敵の侵入を遅らせる工夫がしてありました。

P1070331

 “横堀”は、堀の代わりに坂の途中にV字谷を設えておくものですが、判別しづらかったです。
          
P10703081   

          次に向かったのは、光秀が通ったであろう竹藪の中の道、
         “明智越え”です。途中に湧き水 “弘法大師の杖の水”があり
         休憩所が設けられていました。

         P1070350

 「明智越え」は、そうかも知れないと思わせる山路ですが、そもそも、敗走する光秀らが、
夜間、雨の山中をどう歩いたかは不詳。ここ、小栗栖を通ったと云うのも、信長近臣であった
と云う飯田一党の居城の足許を通ることになる訳で、不可解ではあります。

P1070363  

         P1070358  

         1_20200922113301
                          (クリックすると拡大します)

         次回、光秀が討たれたと云う「明智藪」へ続きます。

       ポチッとよろしく! (2020/9/19訪問) にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ ポチっとよろしく PVアクセスランキング にほんブログ村

2020年7月20日 (月)

高松塚古墳 壁画修復室公開


         明日香村(奈良県)の高松塚古墳壁画の修復作業の公開も、
        今年で30回目ですが、コロナ対策が徹底されていました。

        P1060299

         事前の抽選申込みにて、10:10集合の第4班に指定され、
        1つの班は、6~8人と、以前の1/3になっていました。 
         
        P10602981
          
         受付のあと、10分ほどの動画(高松塚古墳の経緯)を鑑賞、
        つづいて、修理作業室に入りました。 

        P1060303  

 ここでは、動画を見るところも含め、修復作業室など、全面的に撮影が許されないので、
配布されたパンフレット「国宝/高松塚古墳壁画/修理作業室の公開」から抜粋引用します。

 高松塚古墳壁画で最もよく知られている「飛鳥美人」の女子群像。石室西壁に描かれてい
たものです。これらの壁画は、凝灰岩の石室内面に塗られた漆喰(厚さ数ミリ)の上に描かれ
ていて、発掘後の現地保存中に黒カビによる被害が進んだため、石室ごと取り出して、解体
修理が進められてきています。色付けなどは一切せず、クリーニングのみとのことです。

P1060301
                                                                                                                                      (受付横の案内看板より)
         
 西壁女子群像が描かれた石材     壁画の部分は、少し漆喰で段差があります。
  
_021
                                                           (パンフレットより複写抜粋)                                                                  
                        こちらは、壁画発見の当初から多くの漆喰が失われて
 東壁/状群像が描かれた石材    いました。西壁の女子群像と比べ、親しい人々らしい。

_022
                                                           (パンフレットより複写抜粋)
  
                         東方の守り神とされる青龍は、首をS字にもたげ、
 東壁/青龍が描かれた石材       大きな口からは長く赤い舌が描かれています。

_011
                                                           (パンフレットより複写抜粋)

                             玄武は、北方の守り神であり、中心部分の漆喰が失
 北壁/玄武が描かれた石材      われていますが、キトラ古墳のそれと似ているらしい。

_012
                                                           (パンフレットより複写抜粋)

 見学者通路の窓から見える修理作業室の光景。解体した石材は、いずれも、壁画面が上にな
っているので、オペラグラスを貸してもらっても、手前の二つ以外は、ほとんど見えません。

P1060287
                                                            (パンフレットより複写抜粋)

 石室を展開した状態の図です。こうなってたんや と想像してみましょう。

P1060292
                                                            (パンフレットより複写抜粋)

         修理作業室の見学は、10分間で終了。室外のテント
        で、アンケートに答え、飛鳥美人(西壁女子群像)を刷り
        込んだポストカードを貰って帰りましょう。

        P10603091  

         往路は、飛鳥駅からの赤かめバスに乗りましたが、帰り
        は、待ち時間の都合で、駅まで歩きます。12分ぐらいです。

        P1060317
                                 (飛鳥駅前ロータリーにて) 

 ちょうど、特急が来たので、飛び乗りました。大して速くないけど、520円。

P10603181 P1060320  

 この日は寄り道せず、直行/直帰。気が付けば「入館証」のワッペンを付けたままでしたよ。

12 P10603211        

         あべのに着いたら 12時前。天王寺ミオで刺身とホッケ。

        Img_20200719_121722-2  

     ポチッとよろしく! (2020/7/19訪問) にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村 

2020年2月24日 (月)

奈良/秋篠で発掘調査現地公開

          雨が上がったばかりの2/15朝、奈良/秋篠寺の近くにある
        「秋篠阿弥陀谷横穴墓群」の発掘調査現地公開に行きました。

        P1020713

         近鉄大和西大寺駅から秋篠寺・押熊行のバスで5分、秋篠
        三和町から西へ歩10分の住宅地内に発掘現場がありました。        
        1_20200219160701
                                                            クリックすると拡大します

 大和中央道の未開通部分の建設関連で発掘調査が実施され、その成果を地元の方々に公開
すると云う趣旨の、比較的小規模な現地説明会でした。ここは道路の切り通し部になります。

P1020676  

 この発掘は、奈良市埋蔵文化財調査センターが担当していて、奈文研よりはコンパクトでした。

P1020647  

        P1020643

 横穴墓は、丘陵斜面を溝状に切り通した先に横穴を掘り、その奥の方に玄室を築いた古墳~
飛鳥時代の墓です。墓内には、素焼きの土師質(はじしつ)亀甲形陶棺が納められていて、円筒型
の脚が10ほども付いていました。棺身には、屋根型の棺蓋がかぶせられていたそうです。

P1020660

        P1020652

 現地説明会の醍醐味は、発掘された遺物を間近に見ることが出来ることですね。

P1020619

 耳環(みみわ)は、女性に限らず、男性も身に付けていたらしいです。

P1020697 P1020698

        P1020700

         陶棺の蓋の一部とのこと。
 
        P1020703
      
 奈良時代の古墓から出土した土師器の甕。   中世(室町期)の墓から出土した瓦質の蔵骨器。

P1020704 P1020705

P1020692

 奈良は、どこを掘っても、“歴史”が出てくるので、掘るもんやない、とか。

P1020694

             因みに、大和中央道は、阪奈道路の南側
            3.7kmの区間の計画廃止が決定しましたが、
            今回の発掘現場は事業継続中だそうです。

           Photo_20200219191801  
         「ニュース奈良の声」2012.6.1記事より抜粋 http://voiceofnara.jp/  

        ポチッとよろしく!  (2020/2/15 撮影) にほんブログ村 写真ブログへ ポチっとよろしく 

2019年10月21日 (月)

「藤原宮」大極殿院の現地説明会


 10/6のことが続きます。この日は、藤原宮跡の第200次発掘調査の現地説明会もありました。
午前中に明日香/稲渕へ行ったあと、13:30からの現地説明会(午後の部)に駆けつけました。

Dscf8455


 いつもなら、近鉄耳成(みみなし)駅から30分ほど歩くのですが、この日は、橿原神宮前から
のコミュニティバスで、橿原市藤原京資料室前に降りました。ここからだと 歩5分です。

Dscf8476


 今回の発掘調査では、従来、空疎地と考えられていた大極殿院の北側にも、大極殿院を南北に
区切る複廊と思われる回廊の存在が明らかになったそうで、発掘担当者は、興奮気味に説明され
ていました。

Dscf8483


 濃い赤でマーキングされた箇所が 今回の発掘調査された部分です。

Dscf8467 
                                                                                    クリックすると拡大します


Dscf8492 


 藤原京は、西暦676年に造営が始まり、704年に完成、唐の長安を模したと云うものの、外部
からの攻撃に備える城壁などがなく、藤原宮が京(みやこ)の中央に配されると云う、特徴があっ
たそうです。

Dscf8502

Dscf8506

Dscf8512


 今回の発掘調査エリアの東端には、水路と思われる南北溝の遺構が多数見つかっています。

Dscf8515

Dscf8519


 どうも、藤原京のあたりは、川からも遠いうえに、南東が高く、北西が低い湿地のような地形
であったようで、汚水が京(みやこ)の中心部へ流れ込みやすかったとか。

Dscf8522


 そうしたこともあってか、疫病が大流行したため、藤原京は、僅か16年で首都としての役目
を終えてしまうことになったと云う説が有力だそうです。

Dscf8524

Dscf8528


         帰りも、橿原市藤原京資料室前からのコミュニティバスに
        乗り、近鉄八木駅へ出ました。このバス、本数が少ないのが
        難点ですが、時間を合わせれば、便利この上ありません。

        2hujiwaraasukamap_20191021004601
                                                                  (奈文研のHPより抜粋/補筆)



       ポチッとよろしく!  (2019/10/6 撮影)  ブログランキング ブログコミュニティ にほんブログ村  よろしくお願いします
       

2019年10月14日 (月)

「今城塚古代歴史館」


 今城塚古墳公園“いましろ大王の杜”には、今城塚古代史歴史館が付設されています。
映像シアターの奥には、今城塚古墳の 1/100スケールの美しい模型が設えてありました。

Dscf8183        


 今城塚古墳の築造時の姿を再現した実大ジオラマらしい。

Dscf8155 


             ここでも、主役は、埴輪なんですね。

        Img_20191001_154322-2


 埴輪は、野見宿祢(のみのすくね)が、殉死者を埋める代わりに人馬の埴輪を作って埋める
ことにさせたのが始まりとも云われ、そのゆえに、野見宿祢を土師氏の祖と呼んだりします
が、否定する説が有力らしいのです。下の埴輪(中央)は、力士のようです。

Dscf8172 


       大王の石棺が再現されていました。ご丁寧に、棺の中には、
      大王の遺骸が横たえられているのを見ることができます。      

      Dscf8176


       足許には、重い石室を支えた石組みも再現されています。

      Dscf8165


 かなり重厚な家形埴輪(大王の家)や武人の埴輪などが スポットライトの中にありました。

Dscf8164

       Dscf8160


        左右のは イヌ、中央は イノシシ。

       Dscf8159 

       
 円筒埴輪の数々。弥生時代に供え物を入れる器やその器台に由来すると云い、やがて、円筒
埴輪や朝顔形埴輪として、聖域を示す“結界”の役割を持つようになったのだそうです。

Dscf8137 


 鎧を着た埴輪。これは、埴輪製作遺跡の地層とともに展示されていました。

Dscf8142

 
            今城塚古代歴史館の常設展コーナーの入口です。
       この古代歴史館も入場無料でした。       

       Dscf8186    


        ほんとは、新池遺跡(埴輪製作遺跡)にも足を向けるつもり
       でしたが、今回は割愛することにしました。またいずれ。

       _2_20191004103201
                         (今城塚古代歴史館のパンフより抜粋)

                         
        今城塚古墳へは、JR摂津富田(とんだ)駅より奈佐原行きのバスで
       10分、今城塚古墳前下車すぐです。

      ポチッとよろしく!  (2019/9/30 訪問) ブログランキング ブログコミュニティ にほんブログ村  よろしくお願いいたします  
        

2019年10月 7日 (月)

今城塚古墳 ②

 
 今城塚(いましろづか)古墳は、大阪府高槻市にある、6世紀前半に築かれた淀川流域最大の
前方後円墳で、二重の濠(ほり)を備えていました。あの聖徳太子の曽祖父と云われる継体大王
の陵墓とされています。

Dscf8189 


 10年間にわたる発掘調査と7年に及ぶ整備工事によって、8.5haもの緑豊かな古墳公園に
なりました。形象埴輪が並ぶ埴輪祭祀場(前回記事参照)のほか、古墳の中を自由に散策でき
るようになっていました。

Dscf8248


       
 古墳を何重にも取りまく円筒埴輪は、聖域を示す垣根と考えられ、総数6,000本と推定されて
います。濠の半分は、運動広場になっており、古墳の墳頂部への登り口も整備されていました。
 
Dscf8192


 南の造り出し。儀式の場であったと推定されています。

Dscf8225


 墳頂部への上り口。ここを登れるのは、宮内庁が天皇陵に比定していないゆえでしょうね。

Dscf8238


        墳頂部のモニュメントと説明板。 (クリックすると拡大します)

       Dscf8234

       Dscf8230 

       Dscf8228

       Dscf8232


 後円部墳丘の外観は、ちょっとした森です。つまり、“いましろ大王の杜”と云う訳です。 
Dscf8242


 内濠を囲む堤は、恰好の散歩コースです。春は、エゾヒガンが咲きほこるそうです。

Dscf8261

 だいぶ陽が落ちてきました。風も冷たくなってきました。帰りを急がねば・・・。

Dscf8217

           Dscf8263           


            高槻市バスは、一方通行のため、山手の住宅地を
           ぐるっと一周して、JR摂津富田駅→JR高槻駅へ向か
           います。我が家は淀川対岸なので、高槻から枚方市
           駅への京阪バスに乗らねばなりません。

           Img_20191001_163945
       
 
           もう一回、続きます。次は、「今城塚古代歴史館」です。

          
         ポチッとよろしく!  (2019/9/30 訪問) ブログランキング ブログコミュニティ にほんブログ村  よろしくお願いします        

2019年10月 4日 (金)

「今城塚古墳」の埴輪

Dscf8264


 高槻市にある「今城塚(いましろづか)古墳」は、淀川北岸で最大の前方後円墳です。継体大王
(聖徳太子の曽祖父)の陵墓とされ、多数の埴輪(はにわ)が出土、すぐ近くには今城塚古代歴史館
もあって、楽しめる古墳公園になっています。整備された古墳の中は自由に散策できるので、
墳頂部にも登れましたが、あまり荘厳な感じはしませんでした。

Dscf8135


 古墳の埴輪祭祀場には、家や人物、動物など200点以上の象形埴輪が整然と並んでいたそうで、
古墳公園には、その大王の埴輪まつりが再現されているのです。

Dscf8203


 奥の方の家の埴輪のエリアを除き、立ち入り自由なので、子供たちが遊んでいたりします。

Dscf8200


 今城塚古墳の山手には、埴輪製作遺跡(新池遺跡)があり、今城塚古墳の埴輪を作った“工場”で
あったと云われています。

Dscf8201


Dscf8209


Dscf8204


        今城塚古墳へは、JR摂津富田(とんだ)駅から高槻市バスで10分。

       _2_20191004103201
                             (パンフ「いましろ大王の杜」より抜粋)

        次回につづきます・・・。

       ポチッとよろしく!  (2019/9/30訪問) ブログランキング ブログコミュニティ にほんブログ村  よろしくお願いします 

2019年7月15日 (月)

平野塚穴山古墳(現説)

          6/30、奈良県香芝市の平野地区にある6~7世紀築造の平野
       古墳群の一つ、「平野塚穴山古墳」の現地公開に行きました。
       住宅近くのあちこちに古墳がありますが、今回のはまだ先です。 

        Dscf5734

       
         村中に入り、杵築神社の境内で受付です。        

        Dscf5743

       
  杵築神社に隣接する正楽寺のスグ横の高台が「平野塚穴山古墳」でした。  

Dscf5777   
 
Dscf5778

Dscf5776_20190707154201  


        雨の中、急な石段を登ります。10人ほどが上がると、待機です。

        Dscf5748  

 
   石槨(石室)の横では、墳丘を覆っていた貼石が見つかっていました。近くの二上山から
  運んだと推定される凝灰岩だと云うことですが、貼石で覆われるのは、王族の墓のようです。

Dscf5766  


 狭い墳頂部で、次々に、露出している石槨を覗き込むのですが、傘が邪魔になって大変でした。
石槨の入口の梃子穴は、築造の際に工具を挿入した穴だそうです。

Dscf5765  

Dscf5761


  墳頂部から見下ろしたところです。民家のスグ隣です。

Dscf5767


        帰路は、一方通行なので、墳丘の周りを迂回です。
 
       Dscf5772


           振り返ると、田圃の奥の高台に 住宅が広がっていました。

                   Dscf5790


        こんなところにも、ジャンボタニシの卵。

       Dscf5792  

          JR天王寺駅からの高田行快速は、王寺から和歌山線に入る
       と、各駅停車になります。「志都美(しずみ)駅」に降りると、
       地元の方から資料と地図をいただきました。

        Photo_20190703215501  

       Img_20190630_105456        

     ポチッとよろしく!  (2019/6/30 撮影)  ブログランキング ブログコミュニティ にほんブログ村  ←よろしくお願いします

2019年2月 4日 (月)

富雄丸山古墳(現説)

   
         1/26(土)、あの寒かった奈良/平城宮跡での大立山まつりと同じ日、朝10時に間に合うよう、
  近鉄学園前駅に急ぎました。「富雄丸山古墳」発掘調査(第二次)の現地説明会です。
  Dscf9003

     丸山古墳と云うのは、アチコチによくあるので、「富雄丸山古墳」と地名を付して呼ぶそうです。
    伐採され、切り開かれた雑木林の、かなり急な小山を墳頂部まで登ります。 

Dscf9067

      2017年に実施された航空レーザー測量で、直径110mもある、“造り出し”付の円墳である
     ことが判明、国内最大の円墳かと云われています。墳丘の裾には、8m前後の幅の平坦面
     があり、その1・2段目の中央に、20cmほどの間隔で円筒埴輪が並んでいたそうです。
 20190127114404_2                                   (配布された説明会資料より)

Dscf9046

      墳頂部には、1972年の発掘(後に埋め戻し)の輪郭と石室の写真が掲出されていました。

Dscf9037

      出土した鍬形石、勾玉、鉄器の細片や埴輪が展示されていました。これらは、墳頂部の
     旧発掘エリアの埋土から発見されたとのこと。前回は見逃していたんですね。

Dscf8977

            墳頂部の旧発掘区などは、市民や学生らとの協同調査としたそうです。

Dscf8971

           寒いのに、スキもんがようけ集まりました。この体勢で、半時間も説明を聞きました。

Dscf8989

        足許が急で滑りやすいので、ユックリ登ります。

Dscf9013

            結構な高さがあり、右手、遠くに“山焼き”される若草山が遠望されます。 

Dscf90242

          この一帯は、“丸山第1号街区公園”になっていて、説明板がありました。

Dscf8994

            富雄丸山古墳へは、近鉄の富雄駅、or 学園前駅からの若草台
           行きバスで、丸山橋下車が便利です。

Map

             ブログランキング ブログコミュニティ にほんブログ村 ←お願いします      ポチッとよろしく!  (2019/1/26 撮影)

無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック