旅行・地域

2024年2月 8日 (木)

「児島湾締切堤防」へ

 児島湾締切堤防は、児島湾を締め切って淡水化するための堤防で、昭和34(1959)年に完成、
その後に一度改修されていて、その完成は、平成13(2001)年でした。現在も、排水樋門の補強や
堤防の嵩上げ、二重化などの耐震化工事が続けられているようです。

 宇野駅前から岡山駅行きの“特急バス”を締切堤防手前の甲浦(こううら)郵便局前で下車しました。
バス停スグのところから「児島湾締切堤防」が始まっていましたが、堤防と云うより、往復2車線
の道路と散策路が続いていました。堤防防護のためなんでしょう、路線バスを除く大型トラックや
バス等の通行は、出来ないことになっていました。(特急バスは、この堤防道を縦断して行きます)

P1470717
P1470719

    グーグルアースの画像で俯瞰すると、締切堤防の左右で水面の色が違っていますね。
   左手が淡水化された児島湖、右手が海水の児島湾です。

  1ge
P1470724

  ちょっとストリートビューから俯瞰の写真を借用します。この締切堤防上の道路は、10年
 ほど有料道路だったことがあるそうですが、宇野への鉄道短絡線を通す計画もあったらしい
 のです。でも結局は、沿岸農業水利事業とされたそうで、この道路は、堤防管理通路と云う
 位置づけなんでしょうかね。  

3-ge

 途中から、送水管が堤防上に出てきていました。樋門のところでは水管橋になるはずです。

P1470725

 堤防の内側 (児島湖=淡水化)は、12月とは思えない日差しに湖面が輝いていました。

P1470730

 樋門の近くまできました。延長1,558m幅110mの締切堤防も、ここだけは細くなっていて、
児島湖と児島湾が繋がっています。児島湖に溜まった水を排水する6つの樋門のほか、2つの閘門
(こうもん)もあって、水位差を調整して、船の通航を可能にしていました。

P1470737

 北に向かって右手は海(児島湾)です。満潮のときは、樋門を閉じて海水の流入を阻止し、干潮
の時には、樋門を上げて、児島湖に溜まった水を海に流すと云う訳です。

P1470741
P1470753

 閘門です。大阪の毛馬の閘門でも同じですが、2つの水門の間のプールの水を出し入れして
水位差を調整するのですが、その間、船は、プール内で待っていることになります。

P1470756
P1470755

 この樋門の管理事務所には、児島湾干拓資料室が併設されていて、自由に入って、自分で照明の
スイッチをONして観覧するようになっていました。ただ「コロナに鑑み、トイレの使用はご遠慮
ください」と掲出されていたのには、参りましたよ。(以下の5点は、展示物を撮影したもの)

P1470776

 そもそも「干拓」は、海中に堤防をつくり、堤防内の海水を海に排水して陸地化してゆきますの
で、「埋立」と違って土地の高さはもとのままです。なので、洪水や高潮に対する備えが不可欠です。

P1470760

 まさに「海に土地を求めた人々のたたかい」が児島湾で展開されてきたのですね。

P1470772
P1470768
P1470769
P1470787

 この記念碑の近くに、堤防の反対側に渡れる細い歩道橋があったのですが、パスしてしまいま
した。そこからなら、締切堤防の全体を俯瞰できてたのではないかと、未練が残ります。

P1470785P1470788

 いよいよ北側の終端部です。散策路は、少し左にずれた状態で続いていました。耐震化工事中
とかで、仮橋になっていました。

P1470794P1470795
P1470797

                              (地図は岡山県備前県民局の案内パンフより)
_4_20240210010101

 児島湾締切堤防を踏破した先にある「淡水湖北口」バス停には、特急バスは停まりませんでした。
しばらく待って、やってきたローカルバスで向かったのは、2つ先の「築港新町」です。もう少しだっ
たんですが、歩く元気が残っていなかったのです。相変わらず、エエ天気で、汗ばむくらいでした。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2023/12/13撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ 
           ご来訪、ありがとうございます。
にほんブログ村    ご感想など、コメントも宜しくお願いします

2022年12月 9日 (金)

やんたんライナーで ぶらり宇治田原

 さて、ランチを予約しておいたバスの終点にある「宗円交遊庵“やんたん”」に戻ります。

 戻る途中、不思議なものを発見!なんと、この山中に、貝の化石が露出しているのです。
谷のせせらぎの底に、1,500万年前の化石。ここがかつて海底だったことの証明ですね。

P1340160P1340073
P1340069

 “やんたん”は、地元のみなさんが運営する観光交流施設ですが、ランチは、土休日限定です。

P1340167P1340177

 ランチメニューの筆頭は、「彩の茶汁セット」。茶汁(ちゃじる)は、茶の里の農作業時に食
されてきた餅と味噌玉に、あり合せの具材を入れて、熱い番茶を注いだ郷土料理だそうです。

P1340172

     昼食のあと、維中前へ戻る定期バスに乗って、禅定寺と猿丸神社へ向かいます。

     P13401781

     52_20221205232601

 維中前バス停でのバス待ちの間、近くで行われていた、古老柿の天日干し作業を見学。

P1340197
P1340215P1340199

      猿丸神社へのやんたんライナーコネクトのバスは、1日3本の設定です。
  
      P1340243
P1340290
P1340256

 猿丸神社は、三十六歌仙の一人、猿丸太夫が祭神。“瘤とりの神”とされ、毎月13日の月次祭
では、猿丸市でにぎわうとのこと。普段のバスは、その13日のみ運行されている。猿丸太夫が
詠んだ ~奥山に 紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋はかなしき~ の歌碑もありました。

P1340246P1340255P1340285

 紅葉には、少し遅かったようです。戻りのバスで禅定寺へ下ります。禅定寺には、娘の姿で
古老柿の製法を伝えたと云う木造十一面観音や重要文化財の平安仏が多数保存されています。

P1340307P1340353
P1340318
P1340334

 平成11年に完成した大涅槃図。裏庭の擁壁に描き込まれていました。(横45m×縦8m)
P1340331

 門前にも柿が実っていました。そして、ここでも古老柿が作られていました。こっちが本家か。

P1340314P1340360P1340363

 宝物殿の仏像群は、大したもんでした。ただ、後方からのビデオ監視で、マイクで叱責さ
れたのにはビックリでした。まあ、あかんとこに座ったんやけど・・・。禅定寺からのバスが
スグにはなかったので、30分ほどバス道を歩き、長山口で宇治駅行きを捕まえました。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2022/11/27撮) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

2022年12月 1日 (木)

「やんたんライナー」の旅

 京阪電車の宇治駅から、土休日限定(10/8~12/11)の「やんたんライナー」と云う期間
限定のバスが設定されています。京阪宇治駅の観光案内所で、木製の1日乗車券(¥1,000)を
買って乗り込みました。この時のは “大正ロマンの復刻バス” との触れ込みの車両でした。

P1340047
P1340045_20221201133101P1340042

 触れ込みのキャッチフレーズに関わらず、このバスの内装は、写真の展示のほかは、いた
って普通に思いました。多分、外装の塗装のことを云ってたんでしょうかねぇ。

P1340049

 「やんたんライナー」は、2005年に休止された天ケ瀬ダム沿いの狭隘路線を走り抜け、途中
の「維中前」停では、やんたんライナーコネクトと呼ぶ支線にも乗り継げます。その維中前と
云う不思議な呼称は、今もある “宇治田原町立維孝館中学校” に由来するそうです。

         41_20221201172401
                                                                                   (京都京阪バスのHPより抜粋)

 秋色濃い宇治川に沿って走ると、やがて車窓に新名神道の延伸工事現場が迫ってきました。

P1340050 P1340053

 所要46分、終点の湯屋谷(やんたん前)の三叉路の一画に停まりました。不思議な位置です。

P13401791  

 下車後にアチコチ巡ってきましたが、それは、別の記事にするとして、帰りのバスには、
途中の長山口バス停から乗りました。それ、茶室風内装の “宇治茶バス” でした。座るの
がやっとの状態だったので、終点に到着してから、急いで撮影させてもらいました。

P1340400

 このほか、運転席の後部(タイヤの上部)には、ケースに入った茶壷が飾られていました。

P1340412
P1340415P1340414

 木製の1日乗車券は、宇治~宇治田原の一般路線でも使用できるので、“バス旅”よろしく、
時刻表マニアっぽく活用すれば、不便ながら、お茶の里のアチコチを巡ることができます。 

P1340416

 免許証を返上することになると、利便性とは違った楽しみ方に慣れにゃあ なりまへんなあ。

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2022/11/27撮) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2022年7月 4日 (月)

尼崎運河の水質浄化施設

        P12805892

  尼崎運河の「北堀キャナルベース」に併設された水質浄化設備での取り組みは、二枚貝や
藻などの海生生物の力で運河の水を浄化すると云う国内最先端の施設だそうです。運河の水の
浄化に働いてくれた貝や藻は、人が取り上げて堆肥にし、その堆肥で作物を育てて食料にする
と云う循環が成り立っているとのこと。
 こうした活動は、尼崎運河再生プロジェクトの現地実証実験として取り組まれていました。
だいたい、4時間で、60%の窒素やリンが取り除かれるそうです。下は、“藻の廊下”。

P1280646

 このプロジェクトでは、コウロエンカワヒバリガイと云う二枚貝に水中のプランクトンを食
べさせて汚れを除去します。  
                P1280593
P1280598P1280604
P1280606

 この汚れた運河の水が、30分ほどで、透き通った水に浄化されるとのことです。

P1280608

 これらの工程を大規模(?)に行う施設が設けてありましたが、運河の水を一旦ポンプアップ
するだけで、あとは、流路を自然流下するようになっていました。下は、“貝の部屋”。

P1280610
P1280592

 流路の途中には、藻の廊下があり、藻が栄養分を吸収して太陽の光で酸素を吐き出します。
ドンドン増える貝や藻は、ヘドロになる前に取り上げて、堆肥にするそうです。

P1280616P1280619

 流路の終りの方には、“魚のマンション”も作られていて、魚が住めるようになっていること
の証跡と云う訳です。試しに引き上げてもらうと、ボラなど雑多な魚類が棲みついていました。

P1280633
        P1280637

 北堀キャナルベースの傍には、堆肥の製造スペースもあり、少し臭っていましたが、先ほどの
二枚貝を入れた水槽の水は、20分ほどで、着色や濁りがなくなっていました。二枚貝の力、凄い。

P1280654P1280659
         
          Suimap-4
 
 今回の「尼崎運河」巡りは、尼崎市が主催する「みんなの尼崎大学」のイベントに参加させ
てもらったもので、地域の活動をみんなで見学/参加する、大人の社会見学という感じでした。
「運河〇〇クラブ」の中岡先生ほか、皆様ありがとうございました。参加は多分ムリですが。
 
 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2022/6/4訪問) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

2022年6月30日 (木)

尼崎運河に残る “跳ね橋”

 「みんなの尼崎大学」のイベントに便乗し、ボートで巡った「尼崎運河」。そこで語られた
のが、上田正樹の「悲しい色やね」に謳われた~汚れて濁った海の色かな~と云うのが、この
辺りの海岸から見た大阪のイメージだったとか。歌い出しの~にじむ街の灯~も、もとは尼崎
の灯だったと云うお話し。ふ~ん!知らんけど。(大阪ベイブルースと謳いながらもなぁ)

P12804472
P1280472 P12804742


     Hpmap

 旧左門殿川を少し遡り、東堀運河に入った先の「東高洲橋」は、船が航行する時には、
跳ね上げられる構造になっていました。今でも現役で、一日5回の決まった時刻に、船が
通る場合に限って、跳ね上げられるそうです。(緑色の装置で赤い橋を吊り上げる構造)

P1280504
P1280503
      P1280492
P1280508
P1280509

 こうしてみると、尼崎運河周辺の臨海工業地帯は、ずいぶん低い場所に思えます。工業用水
の汲み上げによる地盤沈下の影響もあって、市域の1/3が満潮時には、海面下になるらしい。

P1280512

 あの高い煙突も、高炉か火力発電所の排煙塔やったんやろ。(説明聞いたけど失念)  

P1280517

 “工場夜景”の撮影には、持ってこいの場所ですよ。(船を手配してのツアーもあるらしい)

P1280527
P1280525

 蓬川(よもがわ)を遡り、左折して、北堀運河に入ると、この探検航路も終盤です。

P1280544P1280548
 
  兵庫県の尼崎港管理事務所は、
 北堀キャナルベースのスグ近くです。

P1280552

 出発地点に戻ってきました。その先にある鉄の構造物は「出合橋」と云うモニュメントで、
かつてあったガスタンクを模しているそうです。北堀運河と中堀運河を結ぶ地点にあります。

P1280579
P1280584

 この日、3班に分かれて、乗船・水質浄化・水辺トークのローテーションでした。次の乗船
グループが出発すると、我々A班は、キャナルベースでの座学と見学です。もう1回続きます。

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2022/6/4撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2022年6月27日 (月)

行ってきました「尼崎運河」

 6/4(日)午後、「みんなの尼崎大学」のイベントに参加して「尼崎運河」を巡りました。
尼崎運河の整備は、50年ほど前、尼崎を阪神工業地帯の中核的存在として発展させるととも
に、低い土地が続く南部の臨海地域を守る “閘門式防潮システム”の一環としての役割も果た
してきたんだそうです。(下図は国土地理院地図航空写真閲覧サービス/ウィキペディアより)

1024px20060607_amagasaki_unga

P1280402 P1280397

 集合場所の「北堀キャナルベース」へは、阪神電車尼崎センタープール前駅から歩15分。
さっそく、武庫川渡船の船に乗せてもらって「尼崎運河」の探検に出発です。

P1280406
P1280421

 この工場の鋼線が、明石海峡大橋
の建設に使われたんだそうです。
P1280417P1280419

 このエリアには、かつて大規模な火力発電所が稼働していました。その名残の送電網。

P1280435
         P1280538
P1280529
P1280441

 船体を大きく傾けながら、砂利運搬船が積荷を降ろしているところは、大迫力でした。

P1280450
   Hpmap

 その東向いには “尼ロック” と通称される「閘門(こうもん)式防潮堤」があり、外洋との間に
Wの水門を設けて、船の通航が出来るようになっていました。四六時中、船の航行が監視され
ていて、外洋と運河を行き来する船は、青信号に従って閘門に入り、水位調整してから奥の
水門を開けてもらい、外洋に出てゆく仕組みです。毛馬閘門やパナマ運河と同じ仕組みです。

P1280463
P1280460
P1280462

 我々の船が赤信号の手前をウロウロしていると、「青信号のゲートに入れ」との放送が聞
こえてきました。外洋には出る予定はないので、パスでしたがね。(後上は 阪神高速湾岸線)

P1280470

 この「尼ロック」の内側は、広場のようになった静水域でした。海風が心地よい。尼崎の
方々は、“こうもん(閘門)” の語呂を嫌って、カッコよく「尼ロック」と名付けたんだとか。

P1280465

 「みんなの尼崎大学」は、まち全体を大学に見立てて人と地域が出会うプロジェクトです
が、同市民でなくても参加可能でした。多分、もう 1~2 回続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2022/6/4撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2022年4月14日 (木)

南山城「井手」をぶら歩き

 参道を、地蔵禅院よこから更に急な階段をあがったところに、玉津岡神社が坐します。

P1260174
P1260157

 この神社は、何でも蛙(かわず)です。古来より歌に詠まれた美声のカジカガエルですな。 

         P1260160
         P1260182
         Img_20220403_182609-2

 天平時代に橘氏が建立したと伝わる「井堤寺(いででら)」とともに、風格を感じさせますなぁ。

P1260167
P1260180

    さて、下りは別ルートで。山裾の桜を見ながら2つの断崖を歩きます。滑りそう。

         P1260207
P1260210

        ひとつ目の断崖を下ると、また平坦な高台が広がっていました。

         P1260223

 近年、井手町庁舎の新築工事に伴う埋蔵物調査で五重塔跡が発見されて、史料が少なかった
「井堤寺(いででら)跡」の様子が分ってきたそうです。奈良時代中期に、聖武天皇を支えて活
躍した橘諸兄(たちばなのもろえ)は、井手が本拠地で「井手の左大臣」と称され、聖武天皇が
恭仁京(くにきょう)に遷都したのも、橘諸兄(たちばなのもろえ)の本拠地に近かったからとか。

 井手の地には井堤寺(井手寺)が造営され、後には、鎮守の社が平安京の梅宮大社として移転
して行ったそうな。また、井手は、玉川沿いの山吹と美しい鳴き声の蛙(カジカガエル)で知ら
れ、歌枕としても名高かく、その山吹は、橘諸兄が植えたものと伝えられています。
P1260225-2

 「井堤寺故址」。平成13(2001)年に確認された7基の柱穴は、一辺が1mの四角形で、10尺
(3m)の間隔で一列に並んでいたそうな。ここ井手の地には、橘諸兄が橘氏の繁栄を願って建立
した井堤寺があったと伝承され、これらの柱穴は、その建物の遺構だと考えられています。

P1260245
 
 その先で、二つ目の断崖を下ります。下にも住宅が広がっていました。
        
P1260259

 断崖の下にある「蛙塚」。竹藪の中から、こんこんと清水が湧いています。危険個所かも。
やはり、ここもカジカガエルですが、南山城水害の後は、その姿を見ないそうです。

P1260277
P1260284

 玉水駅ホームに水難記念と置かれた6tの巨石。昭和28(1953)年の南山城水害で、500m先の
天井川、玉川から押し流されて来た由。
P1260342P1260296          
 
 今回の玉水駅からの“桜ピクニック”は、まいまい京都のてくてくツアーに参加したものでした。
京都旅屋の吉村晋弥さんがガイドで、道中聞く逸話の数々も楽しいモノでした。雨でしたが。
        
         31_20220408160101

   なんと、この翌日は、カラっと晴れて、花見にも絶好の日和でした。恨めしい・・・。

  にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2022/4/3訪問) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2021年7月 1日 (木)

奈良の「鹿苑」にて ③

 「鹿苑」の子鹿公開会場には、多くの鹿の親子が放たれていました。

P1170970

         子鹿たちも、木陰に集まって団子状態でした。

        P1170383

P1170366

 母鹿を探して、ウロウロしはじめた子鹿がいました。

P1170276

 子鹿も匂いで、母親を認識しているのでしょうね。

P1170167

P1170169

 授乳をねだる子鹿のお尻の匂いを嗅ぐ母鹿。

P1170192

P1170319

P1170324

 念のために再確認しているんでしょうか。

P1170339

 満腹したんでしょう。

P1170960

P1170928

         出産を控えた母鹿が全て保護されている訳ではなく、林の中で
        自然分娩する母鹿も少なくないそうです。本来、野生ですもん。

        P1170984-2

         こうした親子に近づくと、母性本能から攻撃されるそうです。
        熊と同じですし、人の匂いがついた子鹿には授乳しないとか。    

          P1180010-2

         この日も、スマホを前に、ズンズンこの親子に近ずく人がいて、
        思わず声を掛けてしまいました。「気ぃ立ってて危ないで~!」

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ ポチっとお願いします。いいね💛も宜しく。(2021/6/20 撮影)  ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 

2021年6月28日 (月)

奈良の「鹿苑」にて ②

 子鹿公開会場は、ちょっとしたスタジアムのような造りなので、どうしても見下ろす角度
での撮影になってしまいますが、広い「鹿苑」を見渡せるので、便利でもあります。

P1170559

 たくさん居る鹿の中から、可愛い仕草を見つけて、シャッターを押します。

P1170582

P1170635

P1170671

P1170674

 母鹿は、日に2~3回、授乳させるそうです。でも、子鹿がたくさん居る中で、どうやって、
我が子を認識しているのでしょうか。それは、“匂い”なんだそうです。

P1170693

P1170774

 迷子の子鹿が授乳に来ても、お尻の匂いを嗅いで、我が子でなかったら、追い出すそうです。

P1170816

P1170242

P1170844

P1170890 

 まだ写真の残りがあるので、もう一回、続きます。おつきあいください。

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ  ポチっとお願いします。いいね💛も宜しく。 (2021/6/20撮影)
 にほんブログ村 

2021年6月24日 (木)

奈良の「鹿苑」にて

 奈良と云えば “鹿”ですが、奈良公園の鹿は、人に慣れているとは云え、野生の鹿です。
ただ、出産を控えて気性が激しくなる母鹿の幾ばくかを保護し、人の安全と鹿のストレス
低減の取り組みが行われています。そんな「鹿苑」に行ってきました。久しぶりの奈良公園。

P11701241

 参道脇にたむろする鹿。せんべいを持っていないと、追っ掛けられることはありません。

P1170137

P1170130 

 近鉄奈良駅前からの市内循環バスを「春日大社表参道」で降り、少し戻って参道を進むと、
万葉植物園の先に、緑色の幟が見えてきます。6月一杯、11:00~14:00(月曜休み)に鹿苑
で催される“子鹿公開”は、保護されている母鹿と赤ちゃん鹿たちの特別公開です。

P1170398

P1170404

P1170418

P1170417

P1170446

 鳴き声は、“ケ~ン” だと思っていましたが、赤ちゃん鹿は、“メ~” の感じでした。

P1170451

P1170462

P1170477

 鹿のフンの匂いがこもる会場に2時間も居ました。まだまだ写真があるので、次回に続きます。

   にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ   ポチっとお願いします。いいね💛も宜しく。(2021/6/20撮影) 
   にほんブログ村 

無料ブログはココログ
フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック