« 「児島湾締切堤防」へ | トップページ | 「坂本城址」発掘現場 »

2024年2月12日 (月)

岡山臨港鉄道のあしあと

1_20240211215101    戦前からの工事を引き継いで、汽車製造
   岡山製作所の専用線として開業したものの、
   同製作所の閉鎖に伴って、第三セクター化
   され、昭和26(1951)年に旧国鉄宇野線の
   大元駅から岡山港駅間(8.1km)で開業した
   のが岡山臨港鉄道です。

     “リンコー”と愛称されたそうですが、昭
   和48(1973)年には、岡南元町駅までの6.6
   kmに縮小、昭和59(1984)年末に廃止され
   た非電化単線のローカル鉄道でした。

    児島湾締切堤防の北端近くから乗ったバス
   を「築港新町」で降り、見当をつけて、築港
   元町をめざしました。事前の情報で、バス停
   「築港元町」の直近に “リンコー” の記念物
   があるとのこと。 


P1470798

 岡南元町駅跡と思しき「株式会社 岡山臨港」の本社前に、青く塗装されたディーゼル機関車
DB102が鎮座していました。やれうれしや~。

P1470801

 こちら側が後ろですが、電車の先頭車のような感じです。この機関車は、トルクコンバータを
組み込んだ液体式エンジン搭載の20t機関車です。昭和27年(1952)年に汽車会社で製造されたも
ので、国内メーカー製の営業用ディーゼル機関車としては最初の頃の車両です。  

P1470799
P1470805
P1470810

 臨港地区にあった “リンコー” の跡地は、株式会社岡山臨港(旧 岡山臨港鐵道株式会社)の倉庫
用地として活用され、総合物流企業として再出発した岡山臨港グループの中核施設となったよう
です。ディーゼル機関車の背後の建物には、再出発当時の社名が残されていました。
 この「発券倉庫」と云うのは、倉庫法の定めにより国土交通大臣の認可を受けて、倉庫証券を
発券することができる倉庫業者のことだそうです。現在では、発券しない業者が大半らしい。

P1470811

 キョロキョロしていたら、職員の方の姿が見えたので、関連の遺構資料を見せてもらえないかと
声を掛けてみました。そのために大阪から来たと云うと、へぇ~と云いながら、少し前までなら、
資料館としてまとまったものがあったが、と事務所入口に案内され、今はこれだけとのことでした。 

P1470814
P1470816

 下の写真の右は、OとRを組合わせた“岡山リンコー”のマークです。児島湾締切堤防が企画され
た当初、岡山から宇野への短絡線として、この“リンコー”を締切堤防経由で延長させる案もあった
そうですが、瀬戸大橋の架橋を待つまでもなく、霧散してしまったようです。

P1470817
P1470819

 どうやら、南太郎は、裏口と云うか、横のトラックの通用口から構内に入っていたようです。
丁重にお礼を云って退去しましたが、帰りしなによく見ると、こちら側が玄関でした。

P1470821a


Img_20231213_195245     本来は、岡山臨港鉄道の廃線跡を少しは
    歩く計画だったのですが、ちょっと欲張り
    過ぎでした。

     事前情報のとおり、目の前の「築港元町」
    バス停から岡山駅行のバスに乗り込みました。
    またの機会があれば、その時にしましょう。 

     岡山からの新幹線車中では、例によって
    “桃太郎の祭ずし” にありつきました。

  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ   
     クリックといいね💛を宜しくお願いします 
  にほんブログ村       (2023/12/13撮影)

  ブログランキング・にほんブログ村へ

    いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

 

« 「児島湾締切堤防」へ | トップページ | 「坂本城址」発掘現場 »

鉄道・廃線遺構」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

地域の物流のかなめとして働いた鉄道も、時の流れとともにいつしかこうやって小さく記憶にとどめられるだけになっていくのでしょうね。それでも、機関車が残されているのはまだ幸せなのかもしれませんね。

いかさまさん、こんばんは。
岡山には縁がなく、“岡山臨港鉄道”のことは全く知らなかったんですが、延長の仕事で四国/川之江へ年に4回往復するので、
途中の沿線に取材することにしています。以前、健在の水島臨海鉄道や岡山電気軌道には乗ってきましたが、今回は、
宇野に取材したついでの“リンコー”でした。
 鉄路はなくなったが、会社は変身して生き残っていたというのがポイントです。廃線跡に行けなかったのは心残りですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「児島湾締切堤防」へ | トップページ | 「坂本城址」発掘現場 »

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック