« # UNO HOTEL の印象 | トップページ | 「宇高連絡船」の追憶 »

2024年2月 1日 (木)

神戸の「海軍操練所跡」

 ずいぶん冷えこんで風の強かった1月13日、神戸市のイベントに申し込んで「海軍操練所跡」の
発掘調査現地説明会に行ってきました。JR三ノ宮駅から歩10分とありましたが、風を避けて適当
に地下道を南下して行ったら、駐車場に入り込んでしまったので、もう少し掛かりましたがね。

P1490472P1490489
P1490589

 「海軍操練所」は、勝海舟が提起し、幕末の1864(元時元)年に幕府が開設した海軍士官の養成
施設で、坂本龍馬や陸奥宗光らも学んだそうです。その中には、倒幕を狙う浪人も居て、反幕府的
とみなされたため、僅か1年で閉鎖されてしまったと云うことです。
 しかし、その操練所跡を土台にして港湾施設の建設が進み、1868(慶応4)年に開港、神戸港の礎
となったと云われています。

P1490523
P1490567

 これまで、操練所跡の位置はよく分かっていなかったそうですが、開発に伴う工事での発掘に
よって、石組みの防波堤などが見つかったものです。「日本の近代化を牽引してきた施設であり、
貴重な発見」と説明する神戸市文化スポーツ局の担当者の声が上ずっていました。

P1490571
P1490631

 北側の防波堤の下層から、南西方向に続く別な防波堤が検出されていて、石の積み方や表面の
調整痕などの特徴から、神戸港開港以前の幕末期に遡る石積みと考えられるそうです。そこから、
幕府による海防強化の目的で勝海舟が建設を進めた「海軍操練所」の遺構と考えられています。

P1490610
P1490623

 今回の調査では、幕末期に築造した防波堤を利用して、その上に新たな防波堤を築き、港の機
能を拡充する様子がうかがえます。こうした幕末から明治期の築港の遺構が重層的に発見された
のは、初めてのことだそうです。港を中心に都市形成されてきた神戸市の原点と云えそうです。

P1490639
P1490613

 今回の発掘現場は、旧生田川の河口で、明治初期の神戸港開港時に“第一波止場”と称されたと
ころ。北と南の2本の防波堤とその間に築かれた“信号所”の遺構も見つかり、旧生田川によって
形成された砂嘴の上に築かれたものだそうです。

P1490611
P1490628
P1490572
P1490619

 発掘現場周辺には、防波堤に使用されていた石材(花崗岩の間知石)が展示されていました。

P1490645P1490646

 発掘現場は、阪神高速道の京橋ランプ近くです。すぐ北側には、大きなイカリのモニュメントと
「海軍操練所址」の古びた石碑がありました。案外、正確に位置情報が伝わっていたんですね。

P1490652

    (参考) 明治中期の“第一波止場” の様子。説明会のパンフより抜粋
   _3a

     (地図はクリックで拡大します)
2_20240201121801 P1490655a

 さすがミナト神戸、電話Boxもシャレていました。でも、氷雨も降っていて寒すぎましたよ。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2024/1/13撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ご訪問、ありがとうございます。コメントもよろしく。

« # UNO HOTEL の印象 | トップページ | 「宇高連絡船」の追憶 »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« # UNO HOTEL の印象 | トップページ | 「宇高連絡船」の追憶 »

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック