« 神戸の「海軍操練所跡」 | トップページ | 「児島湾締切堤防」へ »

2024年2月 5日 (月)

「宇高連絡船」の追憶

 かつて本州から四国への主要ルートは、宇野(岡山県)~高松(香川県)の「宇高連絡船」でした。
宇高を、旧国鉄の連絡船は「うこう」と読み、宇高国道フェリーの方は、海上保安庁にならって
「うたか」と読んでいたそうです。瀬戸大橋が出来るまえ、連絡船だけでなく、国道フェリーも
日に68往復していたと云います。そんな “宇野港” に宇高連絡船の痕跡遺構を訪ねてきました。

P1470681
         Large_220905_ukou_04a

 1910年から1988年まで、宇野港には「宇高鉄道連絡船」が運航されていて、その当時、係留
場所として使用されていた施設の遺構がいまも宇野港の一画に残されていました。

P1470615
P1470603
P1470620P1470618
P1470622
P1470627
P1470631

 これらの遺構は、経済産業省の「近代化産業遺産」に指定されており、当時の姿を今に伝える
唯一の“痕跡”とのこと。かつての乗換客は、席取りのために桟橋をダッシュしてたそうです。

P1470609

                             (桟橋遺構の説明板)
    P1470600

 現在も宇野港からは、直島や豊島(てしま)、小豆島など瀬戸内の島々へのフェリーが行き来し、
それらを経由して、高松に至る便もあるようです。

P1470673
P1470663

 釣りをされているここは、大型客船バース。しばしば、外国のクルーズ船が寄港するそうです。

P1470598

 この日の午前中、レンタサイクルで のんびり探訪しました。寒いかなと予想していたのですが、
12月とは思えない、日差しの温かい一日でした。午後は、いよいよ児島湾締切堤防に向かいます。

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2023/12/13訪問) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ご訪問、ありがとうございます。コメントもどうぞ宜しく。

« 神戸の「海軍操練所跡」 | トップページ | 「児島湾締切堤防」へ »

鉄道・廃線遺構」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
宇高連絡船、懐しいです♡
もう昔も昔、高校の修学旅行で乗りました。
屋島へも行ったのですよ!瀬戸内海が眺められました。
何と私は中学の修学旅行で京都、奈良でしたが、京都は同じお宿だったのですよ!
京都からは高野山組と高松組と希望に沿ってでした♡

今日も有り難うございました🙇
当地は雪です☃

>マコママさん、コメントありがとうございます。

 そうですか、高校と中学の修学旅行の宿が一緒と云うことがあったのですね。

南太郎の高校は、修学旅行がその年から廃止になったので、積み立てていたお金で
生徒が企画した8コースに分かれての“見学旅行”になりました。前年の九州行の航路
が瀬戸内の霧で混乱し、先生がサジを投げたらしいです。

 その時、私も「伊豆大島縦断行」を企画して、地学の先生と救護室の先生に協力し
てもらって、きぼう号と鈍行夜行で40人が往復、伊豆大島を縦断しました。

 今は、瀬戸大橋をこともなく特急で渡るたびに、宇高連絡船のうどんをしのんで
います。大阪は雪はないですが、寒いですね。

こんばんは。
寡聞にして知らなかったのですが、宇野と高松を直接結ぶ航路はもう存在しないのですね。
私が四国を初めて訪問したのはもう30年前にもなりますが、瀬戸大橋開通後であるにもかかわらず、高速料金が高いということで、フェリーが頻発していたのを覚えていますし、実際に乗ってもみました。
時代ですね…

いかさまさん

 そうですね。宇野~高松の直行便はなくなっていますね。確かに、瀬戸大橋が出来ても、通行料が
高額だったので、国道フェリーが頻発していましたが、東京湾横断道と同様、通行料が引き下げられると
フェリーは退出することになったようです。
 四国から大阪や神戸へのフェリーは健在ですので、ある程度の距離と時間を航走しないと、メリットが
ないと云うことでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸の「海軍操練所跡」 | トップページ | 「児島湾締切堤防」へ »

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック