« 毛馬の閘門 | トップページ | 潜入!「毛馬排水機場」 »

2024年2月26日 (月)

毛馬の「淀川大堰」

 「毛馬第一閘門」に続いて、同じ一画にある、淀川と新淀川の“境界”「淀川大堰」です。今回の
見学は、“まいまい京都” のテクテクツアーに参加したもので、普段は入場できない大堰の上にも
案内してもらいました。
 先に案内された「毛馬排水機場」の会議室の窓ごしに、淀川(右)と新淀川との“境界” とも云う
べき「淀川大堰」が望めます。

 淀川の水を支流であった中津川沿いに新淀川を開削、大阪市内へ流れていた淀川の水を直接
海に放流するようにしたのです。毛馬(けま)付近がその合流点として改修されたため、与謝蕪村の
生誕地とされる旧毛馬(けま)村のほとんどは、この水面下に沈んでいるそうです。

P1510661

   新な閘門設置工事が始まる前の淀川大堰、毛馬水門周辺の航空写真。(説明スライドより)

  P1510654

 「淀川大堰(おおぜき)」の主な機能は、大阪湾からの潮の遡上の防止、都市用水等の取水や大川
(旧淀川)・神崎川への維持用水のための水位調整、渇水時の都市用水の確保です。

 大堰前後では、1~2mの水位差があるそうです。このため現在は、淀川~大川(旧淀川)へしか
船の通航ができないのですが、淀川大堰のゲートの手前に “閘門(こうもん)” を設けて、淀川から
新淀川への船の通航を可能にするための大掛かりな工事が進められていました。

P1510832
P1510760
P1510743
P1510766

 川の中に工事のための空間を確保してから建設工事がはじまのです。新設される淀川大堰閘門
は、4隻の100人乗りの大型観光船を一度に通すことが出来る規模だそうです。

P1510773

 「淀川大堰」の上部は、延長665mの“管理橋”になっていますが、道路としては使用されていま
せん。JRおおさか東線の開業によって廃止された(本来の複線の鉄道になった)、“赤川歩道橋”
に代わって活用を望む声もあるようですが、上水道水源でもあるとかで難しいらしい。

P1510810

  「淀川大堰」の毛馬側の付け根にあるのが「毛馬排水機場」です。ここの主な働きは、天満橋
(京橋口)付近で大川(旧淀川)に流入する寝屋川水系と旧大和川水系からの洪水を新淀川に排水
することです。排水機場の内部にも案内してもらいましたが、それは次回にレポートします。

P1510756

 そうそう、この「淀川大堰」には、“魚道” もありました。段階式で、大堰の両端部に設けられ、
良好な生態環境の維持に少しでも役立つよう工夫されているそうです。(右の写真が流入口)

P1510799 P1510797

 この“管理橋”からは、現在の「毛馬水門・閘門」がよく見えます。左手の閘門は、砂利船や大阪
市内~枚方市などの観光船がよく利用しているものです。

P1510816

 大川の側から見ると分かるのですが、水門(水色)の方は、堰があって、航行できないようです。
P1510942

 次回は、「毛馬排水機場」です。私の地元、寝屋川の洪水も、結局はここが生命線なんです。 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2024/2/7撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ご訪問、ありがとうございます。感想など、コメントもよろしく。

« 毛馬の閘門 | トップページ | 潜入!「毛馬排水機場」 »

博物館/記念館/社寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毛馬の閘門 | トップページ | 潜入!「毛馬排水機場」 »

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック