« 古い社殿の修復現場見学 ② | トップページ | いつもの にゃんこ »

2023年11月13日 (月)

古い社殿の修復現場見学 ③

 さて、階段を降りて、基壇周りです。社殿は、三間社流造(さんげんしゃながれづくり)ですが、
正面を切石積み、側背面を野面(のづら)石積みとする基壇上に建てられています。この基壇が歪
んでしまっていたので、石を積み直して、基壇面を平らに修復することから始まったとのこと。

P1450939
P1450946
P1450951

 正面は切石積みですが、側背面は野面石積みになっているのが特徴とのこと。

P1450968

 ところが、石垣裏の上面には、一部、コンクリートも使われていました。最終的には、土を
被せるんでしょうね。基壇の水平を強固にしないと、また建物の歪みに繋がってしまいます。

P1450979

  修復前、一旦、建物を撤去した時の写真が展示されていました。ここから直したんかぁ。

   P1450987

 400年前の木材は、ボロボロの箇所もありました。あるいは、室町期の前身建物の古材かも
知れません。触れるとヒラヒラと崩れてしまうのではないかと思いました。

P1460021P1460025
P1450991P1460019
P1460032

 でも、シッカリと残っている古材もありますが、部分的に古材と新材を組合わせるのは至難の
技なんでしょうね。中には、再使用はしないで、保存材として残すものもあるようです。

P1460046 P1460044
P1460059 P1460064

 年代が書き残された古材を生かして、新しい材を埋めるようにつないでありました。

P1460051a

 覆い屋の外に出て、往路に見上げた参道を見降ろしてみました。ヒェ~と声が出る急階段です。

P1450784a

P1450782a  急階段を上ったところに「狩尾社」本殿が
 あるのですが、今は覆い屋に囲まれています。  
  今回の工事には、2.4億の費用が見込まれ
 ているそうで、令和6(2024)年度の修理完了
 の予定ですが、もう1年は掛かるらしい。
 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ  (2023/10/13訪問)
 にほんブログ村 
 クリックといいね💛を宜しくお願いします
 ブログランキング・にほんブログ村へ

5a


 【つぶやきポスト】手術で血液サラサラ薬の
 服用を中止したついでに、親不知の抜歯もし
 てきました。2本あるけど、片方だけです。
 でないと、ご飯が食べられなくなりますがな。

  抜歯自体は、思ってたほど苦痛ではなかっ
 たのですが、残る1本をいつにしますかね。  

  

« 古い社殿の修復現場見学 ② | トップページ | いつもの にゃんこ »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古い社殿の修復現場見学 ② | トップページ | いつもの にゃんこ »

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック