« 藤原宮跡でコスモスになびく | トップページ | 散髪帰りの街あるき »

2023年10月30日 (月)

今ごろようやく開花盛ん

 原種アサガオと云われる「ヒマラヤアサガオ」も、ようやく開花盛んになりました。

Img_20231010_083033aImg_20231010_082809

 この、ほんのり感がいいですねぇ。昨年より淡くなったようです。肥料をケチったからかな。

Img_20231008_125159

 原種と云うだけあって、花も小さいのですが、楚々とした可愛さが何とも云えません。

Img_20231009_102815
Img_20231008_125339Img_20231009_102456

Img_20231029_101857
  この花の種は、大阪を面白くする会の沖本さんから
 分けてもらったもので、既に2年目ですが、水と肥料
 をそこそこ遣ると、安心してか、10月にならないと花
 を付けないんだそうです。急いで花を付けさせるには、
 種の保存の危機感が必要なんだとか。

 にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ (2023/10/26撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ
 
  いつも、ご訪問、ありがとうございます。
  クリックといいね💛を宜しくお願いします

 にほんブログ村





« 藤原宮跡でコスモスになびく | トップページ | 散髪帰りの街あるき »

花木植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ♪

こんなに寒くなってから 満開になる朝顔があるんですね。
この時季らしい 優しい花色がとても綺麗です。

ちょっぴり入った紫の斑が、まるで乙女のように
愛らしくて、夏の朝顔とは違った雰囲気が嬉しいです。

周りがだんだん赤く色づいて来ますので、
余計印象深い存在です。

hanaさん、コメントありがとうございます。
そうなんです。このヒマラヤアサガオは、早くても10月にならないと咲き出さないのです。

 種を分けてもらって、5月に播種しましたが、ホントに9月には咲きませんでした。
ただ試しに、肥料を与えず、水もギリギリしか遣らないでおいたプランターだけは、
9月初めから咲き出しました。
 
 種をくれた先生によると、原種だけに野生的で、生活環境がよくないと、早く子孫を
残そうとするんだそうです。

 でも、儚さを感じさせる小さめの可愛い花です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤原宮跡でコスモスになびく | トップページ | 散髪帰りの街あるき »

無料ブログはココログ
フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック