« “青春18きっぷ” で「細呂木」まで200km | トップページ | 神秘の光さす石切場跡 ② »

2023年4月 6日 (木)

神秘の光さす石切場跡へ

 さてさて、青春18切符で出掛けた先は、福井県あわら市の細呂木駅でした。駅から歩いて
20分、集合場所の「金津創作の森」駐車場は、桜が満開。「宮谷石切場跡」が目的地です。

P1390332
P1390386

 小一時間早く着いたので、この、「金津創作の森」の野外美術館を散策することにします。
2000~2021年に現地滞在によって制作された13の野外作品が点在していました。
(以下の写真右の説明板は、クリックすると拡大します)

P1390354P1390344
P1390342P1390343
P1390361P1390356
P1390366P1390365
P1390371P1390370

 そうこうしている間に、集合の15時近くになりました。受付でヘルメットと携行ライト、
それに軍手とクマよけの鈴が渡されました。ええっ、クマが出るんかいな。そして、不要な
荷物は軽トラ内に置いておくと云うありがたい対応付きです。

P1390378P1390391

 駐車場から1kmほどですが、高低差70mのよく整備された山路を進みます。

P1390395P1390394
P1390396

 ガイドさんが待っています。どうやらこの先が「宮谷石切場跡」のようです。

P1390399

 人の丈より低そうな“穴”が口を開けています。この辺りでは、こうした坑道を「間府(まぶ)」
と呼ぶそうです。確か、石見銀山とかでは「間歩」でしたがね。

P1390401

 閉鎖時のままで保存されているそうで、照明もなく、湧水も溜まっていて、歩き辛いので
すが、ガイドさんの案内で、50mほどの坑道を何とか抜けました。天井の岩にヘルメットが
当たることが二度や三度ではありませんでした。暗いので、天井が分からないのです。

P1390416P1390418P1390421

 やっと奥の少し平らなところに出ました。石切場は、上から下へ掘り下げてゆくんだそうで、
高い空洞が残されているわけです。しかし、日光が入らず、暗くて足許もよくないので、撮影
には困難が伴います。三脚があるといいのですが、軽トラの中に置いてきてしまっていました。

        32_20230406162601
                   (細呂木地区創成会の「ぐるりウォーキングMAP」より抜粋/加筆)

 このガイドツアーが15:00現地集合になっているのは、その頃に日差しが差し込むのを狙って
のことなんだそうです。もちろん、次回に続きます。

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2023/3/31訪問) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« “青春18きっぷ” で「細呂木」まで200km | トップページ | 神秘の光さす石切場跡 ② »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “青春18きっぷ” で「細呂木」まで200km | トップページ | 神秘の光さす石切場跡 ② »

無料ブログはココログ
フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック