« グラジオラス 七変化? | トップページ | “やんたんライナー”の旅② 茶祖の生家 »

2022年12月 1日 (木)

「やんたんライナー」の旅

 京阪電車の宇治駅から、土休日限定(10/8~12/11)の「やんたんライナー」と云う期間
限定のバスが設定されています。京阪宇治駅の観光案内所で、木製の1日乗車券(¥1,000)を
買って乗り込みました。この時のは “大正ロマンの復刻バス” との触れ込みの車両でした。

P1340047
P1340045_20221201133101P1340042

 触れ込みのキャッチフレーズに関わらず、このバスの内装は、写真の展示のほかは、いた
って普通に思いました。多分、外装の塗装のことを云ってたんでしょうかねぇ。

P1340049

 「やんたんライナー」は、2005年に休止された天ケ瀬ダム沿いの狭隘路線を走り抜け、途中
の「維中前」停では、やんたんライナーコネクトと呼ぶ支線にも乗り継げます。その維中前と
云う不思議な呼称は、今もある “宇治田原町立維孝館中学校” に由来するそうです。

         41_20221201172401
                                                                                   (京都京阪バスのHPより抜粋)

 秋色濃い宇治川に沿って走ると、やがて車窓に新名神道の延伸工事現場が迫ってきました。

P1340050 P1340053

 所要46分、終点の湯屋谷(やんたん前)の三叉路の一画に停まりました。不思議な位置です。

P13401791  

 下車後にアチコチ巡ってきましたが、それは、別の記事にするとして、帰りのバスには、
途中の長山口バス停から乗りました。それ、茶室風内装の “宇治茶バス” でした。座るの
がやっとの状態だったので、終点に到着してから、急いで撮影させてもらいました。

P1340400

 このほか、運転席の後部(タイヤの上部)には、ケースに入った茶壷が飾られていました。

P1340412
P1340415P1340414

 木製の1日乗車券は、宇治~宇治田原の一般路線でも使用できるので、“バス旅”よろしく、
時刻表マニアっぽく活用すれば、不便ながら、お茶の里のアチコチを巡ることができます。 

P1340416

 免許証を返上することになると、利便性とは違った楽しみ方に慣れにゃあ なりまへんなあ。

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛を宜しくお願いします (2022/11/27撮) ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« グラジオラス 七変化? | トップページ | “やんたんライナー”の旅② 茶祖の生家 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グラジオラス 七変化? | トップページ | “やんたんライナー”の旅② 茶祖の生家 »

無料ブログはココログ
フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック