« びわ湖疏水 ① インクライン | トップページ | びわ湖疏水③ 大津閘門へ »

2021年12月23日 (木)

びわ湖疏水 ② 疏水船で遡上

P1220700-2

 びわ湖疏水船の乗船場は「旧御所水道ポンプ室」の前でした。このポンプ室は、高低差を
利用し、防火用水を御所へ送る目的で、明治45(1912)年に開設されたもの。実際に使われた
こともあるそうです。令和2(2020)年に国登録文化財に登録されました。もともと宮内庁の
管理下にあって、立ち入りが厳しく制限されていたため、保存状況も秀逸らしい。

P1220714
P1220723

 乗船場のスグ近くにある「第三トンネル」から遡上します。あんな狭いとこに入るんかいな。

P1220724

 びわ湖疏水船は、この疏水通航に特化した小型船で、アクリルの天井はあるものの、四方の
囲いがなく、座席は背中合わせに配置されて、コロナ対応と船長の視線確保を考慮しています。
底が浅く、不安定なので、船長の指示で1人ずつソロソロと乗り込みます。上りは 定員9名。

P1220728_1-2_20211221221901

 流れに逆らって進む場合、高速で運行しないと、船が不安定になるそうで、下りは45分掛け
てユックリですが、上りは25分で走破している由。11:15 いよいよ、出航です。 

P1220741

         太政大臣三条実美の揮毫「美哉山河」(うるわしきかな さんが)
        なんと美しい山河であろう── 第三トンネル西口の扁額。

        P1220726-2

 エンジンを吹かして、トンネルに入りました。前照灯がなければ、真っ暗です。途中に何か
見るべきものがあるらしいのですが、右や上や後ろやと視線が忙しく、秒で過ぎてしまいます。

P1220745

 舳先に近い席だったので、行く手の水面は静かでした。席を立つこと厳禁。強風で冷たい。

P1220760

         第三トンネル東口の扁額。松方正義の揮毫「過雨看松色」
  (かうしょう しょくをみる=時雨が過ぎると一段と鮮やかな松の緑を見ることができる)

        P1220822-2  
P1220825

 トンネルを出て、少し広くなるとスピードを落とします。

P1220841

  124m、水路上で一番短い第二トンネル。馬蹄型の出入口(西口)が特徴的です。

P1220856

      「随山到水源」(やまにしたがいて すいげんにいたる) 西郷の弟の揮毫。

        P1220865  

 疏水船に乗っていると、沿道の方々に手を振って応えることも“乗客の義務”なんですょ。

P1220879  
       
        この船には、地元ガイドの“TOM”さんの軽妙な喋りが付いていました。
       トムの航行なので、トム・クルーズ。

        P1220928

 びわ湖疏水に架けられた最初の橋「藤尾橋」の遺構。建設当時の石とレンガの橋台。

P1220955   

 行く手をさえぎるかのような、低い水門。疏水船は、これを潜れる高さに設計されている
のですが、天井スレスレです。大きな地震を検知した場合に、疏水の水流を自動的に遮断す
る「緊急遮断ゲート」です。阪神淡路大震災の経験から設置されたもの。
 この操作をめぐっては、京都側と滋賀側とで、ヤリトリもあるらしいのですが、大阪北部
地震の際や大雨の時に、実際に遮断されたとのこと。疏水の水路を守るのが一義らしい。

P1220956

 びわ湖の水をめぐって、滋賀の人が悔し紛れに「水、止めたろか!」と云うらしいですが、
びわ湖から出る川は、ほぼ、瀬田川だけなので、南郷洗堰を操作すれば、一時的には止めら
れるものの、びわ湖の水位が上昇して、びわ湖沿岸に被害が出るそうです。
 なので、実際に「水、止めたろか」の対象は、この疏水の事でしょうね。ただ、疏水自体
は、京都市の管轄なので、滋賀/大津の人は、余計に悔しいのではないですか。尤も、疏水の
流れを止めると云う発想は、当初からあったようで、この先に証跡が見られます。(つづく)

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ クリックといいね💛をお願いします (2021/11/11撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村

« びわ湖疏水 ① インクライン | トップページ | びわ湖疏水③ 大津閘門へ »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
なるほど、良く分かりました。
本当に一度止められたことがあるんですねぇ・・・。
このツアー、私も参加してみたいなぁ・・・。

FUJIKAZEさん、腹落ちしていただけましたか。

 今回のツアーは、びわ湖大津観光協会が主催するものでしたが、疏水船だけの乗船も別にあり、
こちらは、JTB京都内「びわ湖疏水船受付事務局」が担当していて、全便Web予約のみです。
定員が9~11と少ないので、料金は、(時期により) 5,000~8,000円と結構します。(上り/下り同額)

 船だけだと、短調なので、大津まち歩きや食事セットの方が好いように思いますが、この場合は、
蹴上→大津の遡上に限られます。大津からの下りの場合の場合は、蹴上のインクラインや水路橋から
東山の庭園群や南禅寺周遊ということになりますね。

 見どころ一杯ですが、疏水船の運行シーズンが春・秋に各二ヶ月に限定されるのが難点ではあります。

第三トンネル東口の写真ステキですね!水面に映って⚪︎になって紅葉もチラリ🍁 第二トンネルの馬蹄型の出入り口も好きです。


ジェニーさん

 紅葉の季節には、少し早かったようですが、疏水船のコースでは、トンネルがポイントですね。
今回が初めてでしたので、ちょっと戸惑いました。上りの疏水船は、スピードが速い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« びわ湖疏水 ① インクライン | トップページ | びわ湖疏水③ 大津閘門へ »

無料ブログはココログ
フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック