« まち歩き、神戸/湊川 | トップページ | (続)まち歩き、湊川/新開地 »

2021年11月18日 (木)

川のトンネル「湊川隧道」見学

 さて、今回の“てくてくツアー”のメインである「湊川隧道」です。普段は非公開ですが、
地元の保存友の会によって、月1回程度、公開されているようで、国の有形文化財に指定
され、土木遺産にも選奨されています。湊川の熊野橋近くにその入口がありました。

P1210381-2
      31_20211118135801
 湊川の付替工事は、地元の豪商らによる「湊川改修株式会社」が行い、大倉組(現大成建設)
が施工したそうです。高い天井川である旧湊川を付替えるとともに、旧流路を埋め立てて新し
い街区「新開地」を造成すると云う、明治の神戸における大土木事業であったそうです。

P1210487

 この「湊川隧道」は、明治34(1901)年に竣工したと云う、高い天井川だった湊川を付替え
のために掘られた河川トンネルです。平成7(1995)年の阪神・淡路大震災による損傷で、スグ
傍に並行する新トンネルが建設されたため、近代土木遺産として保存が決まっものです。

Map-2
P1210419
P1210460
P1210413_20211118123101

 トンネル内では、定期一般公開や講演会、コンサートが催されており、湊川隧道保存友の会
を中心に、湊川隧道の保存と活用に向けた地元の取り組みが盛んに行われているようです。

P1210404              
P12104901
_1-3_20211118133701

         隧道の入口近くには、新しく連絡通路が設けられていて、
        隧道の歴史などの展示が続いていました。

        P1210386

         実際に使用されていた煉瓦を持たせてもらいました。重い!
        この煉瓦には刻印があり、泉州/岸和田で生産されたものらしい。

        P1210493
        P1210387

 隧道入口を出て少し進んだところ、夢野の丘小学校の前で湊川をのぞき込むと、新たに
建設された新湊川トンネルの呑口が見えました。
        
P1210503
        
 隧道内は、やはり寒かったです。なお、掲載の図面は、神戸県民センター神戸土木事務所発行
のパンフレット「国登録有形文化財/土木学会選奨土木遺産───湊川隧道」から抜粋しました。
また、だいたい第三土曜日に一般公開が行われているようです。(地下鉄湊川公園駅から歩15分)

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ  クリックといいね💛を宜しくお願いします (2021/10/16訪問) ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村 

« まち歩き、神戸/湊川 | トップページ | (続)まち歩き、湊川/新開地 »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まち歩き、神戸/湊川 | トップページ | (続)まち歩き、湊川/新開地 »

無料ブログはココログ
フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック