« 京、白川沿いに「光秀塚」 | トップページ | スイセン »

2021年1月 7日 (木)

「本能寺」へ

         光秀による「本能寺の変」の舞台となった本能寺はどこか? 
        現在の本能寺は、市役所前の御池通を少し西に行ったところの
        「ホテル本能寺」の南にありました。

        P1090860

         ビルの隙間に本能寺の御池門がありました。

        P1090862

 寺町通に面した本能寺の表門。現在の位置に移転させたのは豊臣秀吉なんだそうです。

P1090863

P1090864

 本能寺は、早くから種子島にも布教していて、戦国大名との関係も深かったそうです。

P1090866

 上洛時の宿として妙覚寺(二条衣棚にあった)を使うことが多かった信長が、本能寺を宿にす
るのは稀なことだったそうです。あのとき、妙覚寺には、息子の信忠が逗留していたんですな。

P1090867

P1090868

         人通りが多い本能寺まえの寺町通をはなれ、蛸薬師通を西へ
        歩いて、烏丸(からすま)通りを越えて、なお西へ進みます。   

        1_20210104144001  

 小川通と蛸薬師通の交点の西南角に「此の付近 本能寺址」の石標が建てられていました。

P1090870

  その南側の広大な敷地は、旧市立本能小学校跡地とかで、高齢者福祉施設本能などの
建物が連なっていました。「本能寺の変」当時の本能寺は、ここにあったそうで、近辺での
マンション建設時の発掘調査で、当時の遺構が発見されているそうです。

P1090881

         「本能校跡」の碑。本能は、地名やったんかな。

        P1090878

 その旧本能校跡の建物の前には、「本能寺跡」の立派な石碑と銘板が設えてありました。

P1090874

           なんでも、本能寺は度々火災にあっているため、「能」のつくりには、
          ヒヒと書くのを嫌い、独特の書き方をするのが習わしなんだそうです。 

 800pxtraditional_scriptsvg P1090875
                                   (クリックすると拡大します)

 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ (2020/12/23撮影) ポチっとよろしく、いいね💛もね。ブログランキング・にほんブログ村へ   

« 京、白川沿いに「光秀塚」 | トップページ | スイセン »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
本能寺ですか。
一度は行ってみたいって思ってますが、なかなか行けそうにありません。
別に信長や光秀のファンという訳ではありませんが、歴史好きとしてね。
見てみたいものです。
京都観光は、中国人団体観光客がいない今がチャンスなんですがねぇ・・・。

本能寺と言えば、私の住んでいる静岡県にもあります。
沼津市の獅子浜という海沿いにね。
ダイビングに行く途中にその門前を通るので、気になって、本能寺の変の本能寺と
関係があるのか、出入りしている人に聞いてみました。
すると、本能寺とは日蓮宗のお寺に付ける名前だそうですね。
法華経を説く久遠寺の上人がいるお寺を意味するのだそうです。
勉強になりました。

FUJIKAZEさん、こんばんは。

 連日のコメント、ありがとうございます。京の本能寺と旧本能寺跡は、市内中心部
ですので、割と分かりやすいところですが、旧本能寺跡付近は、これと云って何もない
街中です。

 静岡県には、本能寺と云う寺が何ヵ所かあるようですね。中には信長の首塚がある
と云うところもあるやに聞きますが、それは本能寺ではなかったかな。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京、白川沿いに「光秀塚」 | トップページ | スイセン »

無料ブログはココログ
フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック