« 初冬のヤマトシジミ | トップページ | 「龍尾寺」の名残りもみじ »

2020年12月14日 (月)

藤原宮発掘調査現地見学会

 少々旧聞になりましたがが、11月7日に、藤原宮発掘の現地見学会にも行ってきました。
藤原京跡へ行くのは、近鉄耳成(みみなし)駅か、JR畝傍(うねび)駅から歩25分と、ちょっと
不便ですが、八木駅からのコミュニティバスの「藤原京資料室前」で降りると、歩5分です。

P1090379 P10903811    

 発掘現場への途中、少し大回りして、香具山を遠望しながら芝生を歩きます。気持ちエエ。

P1090350

 大極殿院閤門跡に復元されている基壇列柱の前まで歩いて反転、発掘現場へ向かいます。  

P1090324

        後方のこんもりしたところが藤原宮大極殿院跡。
       P1090315

        その森のなかにある「持統天皇文武天皇藤原宮跡 」の碑。

       P1090311    

 今回(第205回)の発掘現場は、その森のスグ先。コロナ対策のため、集合説明なしでした。     

P1090300

 大極殿院は、藤原宮の中心。即位などの重要な儀式の際に天皇が出御する場所です。
今回の調査で、大極殿院回廊の東半分全域の様相が、ほぼ解明されたそうです。P1090214

  大極殿院の内庭には、3~15cmぐらいの礫が敷き詰められていました。

P1090223 P1090219

 東面回廊は、礎石建て瓦葺きの複廊形式で、柱間隔は約4m、桁行総延長が47.1mだったそう。

   _1_20201212152901_1_20201212152902

P1090226

 回廊基壇を中心に、大量の瓦破片が堆積していました。瓦は埋土の代用だったようです。

P1090236 P1090230

 どうも、低湿地のような軟弱地であったのかも知れませんね。

P1090244

P1090247 P1090239  

P1090251  

 回廊基壇の東西には、回廊基壇造成時に掘られたとみられる南北溝がありました。この地が
排水面では利のよくない場所だったためか、排水溝がシッカリしていたようです。

P1090223   

         発掘調査では、基本、現状保存として、埋め戻すそうです。
         
        P1090207
 
         見学会のパンフは、ドローン撮影なので、全貌がよくわかる。 

        P1090212
  
         八木駅からのコミュニティバスは、本数が少ないので、要注意。

         3hujiwaraasukamap  
      
          この日、朝日放送TVのインタビューを受けたんですが、
         夕方のニュースでは、使われていませんでした。な~んも
         面白いことを云わんかったしなぁ。

       ポチッとよろしく! いいね💛も宜しく にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ (2020/11/7撮影) ブログランキング・にほんブログ村へ 

« 初冬のヤマトシジミ | トップページ | 「龍尾寺」の名残りもみじ »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初冬のヤマトシジミ | トップページ | 「龍尾寺」の名残りもみじ »

無料ブログはココログ
フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック