« 亀岡の明智光秀 ① | トップページ | 亀岡の “夢コスモス園” »

2020年11月 5日 (木)

亀岡の明智光秀 ②

          谷性寺からの戻りしな「緑橋」停でバスを降りると、楽々荘は
         スグ横でした。山陰本線の旧線を敷設するなど、明治大正期の
         政財界で活躍したと云う田中源太郎翁の生家だそうです。現在
         は、「がんこ亀岡楽々荘」になっています。

         Img_20201028_120305  

          予約しておいた「やわらぎ御膳」を個室でいただきました。

         P1080857 

          個室の窓からの眺め。650坪の広い庭らしい。

         P1080855

          昼食後「京都大河ドラマ館」を見に、亀岡駅北口へ歩きました。

         P1080958   

          亀岡駅北口は、「大河ドラマ館」一色 + サンガFC。
         
         P1080870-2

 原則撮影禁止で、一部に撮影可の場所が決められていました。パネル展示やメイキング
映像の上映が中心で、30分ちょっとで出てきました。次のバスの時間でもありましたがね。

P1080867_20201102163101

 デジタル体験コーナーは、顔出しパネルのデジタル版。その場で顔を写して合成し、大型
のディスプレイに映し出した画像をスマホで撮影します。「カメラを見つめて」と云うのですが、
かなり上の方にあるそのカメラが分らず、失敗の繰り返し。他の方も同様だったようで、これ
は不親切と云うもの。タダでしたがね。右の像は、南郷公園にある光秀銅像のモックアップで、
厚みがあって、でかい人だったようです。

Img_20201028_134157 Img_20201028_134753
                                              (このカメラマークの所のみ撮影可)
                                 
 この後、またバスで “夢コスモス園” へ向かいましたが、そこから戻った時には、帰りのバス
まで1時間しかなく、駅前から歩いて行ける、旧亀山城址の南郷公園に建てられた明智光秀像
を見るだけにしました。謀反人のイメージが一般的ですが、ここ亀岡では「明智光秀公」です。

P1080929-2      

 丹波進攻の拠点として明智光秀が築城した旧丹波亀山城は、明治10年の廃城令によって
天守が解体され、現在は、宗教法人大本の管理下にあり、石垣などを見ることが出来るそう
ですが、“ギャラリーおほもと”の入館券購入が必要です。(今回は、時間の都合で、パス)

P1080939-2 P1080933-2

 まあ、歴史(正史)は勝者によって紡がれるので、敗者の実態は、なかなか伝わらないものな
んでしょうなぁ。“知られざる善政の名君”。この銅像の表情からも、領民の親しみが滲んでい
るのがうかがえますね。毎年5月の「亀岡光秀まつり」では、戦国絵巻さながらの勇壮な武者
行列が繰り広げられるそうです。佳きかな。

P10809301

          光秀は何者か? 「領民に慕われた知将」と云うのが亀岡の光秀像
         のようです。光秀との関係を秘匿してきた社寺や個人宅で、新たな
         史料が発掘されており、それらを辿りながら、自分だけの光秀像を
         見出してゆくのも、歴史散策の醍醐味と云えるかも知れません。         
                  
         _081  
                            クリックすると拡大します     (亀岡市/京都亀岡明智光秀マップより抜粋/翻案)

         ポチッとよろしく! (2020/10/28訪問) にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ ポチっとよろしく PVアクセスランキング にほんブログ村   

« 亀岡の明智光秀 ① | トップページ | 亀岡の “夢コスモス園” »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀岡の明智光秀 ① | トップページ | 亀岡の “夢コスモス園” »

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック