« 大阪モノレール 開業30周年  | トップページ | 「豊稔池堰堤」観音寺市三景 ① »

2020年10月12日 (月)

大阪モノレール 開業30周年 ②

 さて、大阪モノレールの彩都線です。正式には「国際文化公園都市モノレール線」と云うん
だそうです。今年「大阪モノレール株式会社」に改名するまでは「大阪高速鉄道株式会社」と
云うてましたな。蛍池から乗って来た門真市行きが出発して行きました。

P1070772

 直進だった分岐器が左に切替わって、彩都西行きの発車です。空いてるので、車両前方の
窓越しに撮影することにします。大阪モノレールの未乗車区間です。ちょっとだけワクワク。

P1070780

 万博外周道路に沿って、何となく、北摂の空気が感じられるエリアにのぼって行きます。
さすが、“文化公園都市モノレール線”の雰囲気です。タイヤ車輪なので、少々の坂路も平気。

P1070784

          阪大病院前駅。彩都線も、当初はここまででしたが、
          2007年に彩都西まで延伸されました。

         P1070785
 
          次の豊川駅に近づくと、前方の山裾に高層住宅群が
         浮かび上がってきました。へぇ~、凄い。
 
         P1070787

 その高層住宅群の中に割り込んで行くモノレール。もうすぐ終点、彩都西駅です。

P1070793

 彩都西駅に入構します。この駅は、珍しく橋上駅で、ホームからエスカレータで上がります。

P1070796

 客扱いを終えた電車は、駅前広場の橋の先に続いている引き上げ線に入って行きます。

P1070802_20201009165801

 ちょっとだけ外へ出てみました。新興団地につくられた駅と云う感じがそのままでしたな。
この彩都線延伸は、阪急千里線の延伸に代えて計画されたとかで、東地区の産業用途への
変更もあって、彩都東への延伸計画は断念され、人口も伸び悩み傾向にあるそうです。

P1070930

         本線・彩都線とも、だいたい10分毎の運転です。

         P10708371           

 折り返し、万博記念公園行きが入線。東京モノレールのような扁平な車体ではなく、下部を
を見なければ、普通の電車ですが、道路敷地に建設されているため、軌道法が適用され、駅と
車庫以外は道路施設の扱いで、モノレールの線路は専用道路、つまり路面電車なんですな。

P1070828

         P1070835

 復路の車窓からみると、ずいぶん大規模な高層住宅群ですよ。

P1070997

 最後部の車窓から、いま通ってきた、万博記念公園駅の分岐器。やっぱり見てしまう。

P1080029

 門真市駅に戻ってきました。ここにも引上げ線があり、そこで折り返します。右には近畿道。

P1080054

         P1080084

         門真市駅の外観。だいたいどの駅も似た感じですね。

         P1080085

          今回の記念切符には、似たサイズの記念カードもセット
         されていました。ちょっと紛らわしいけど材質は違います。
         11/30まで発売ですが、2,500セット限りで終了。

         P10800881  

          30周年記念乗車券(1,000円)で万博公園自然文化園・
         日本庭園他にも入園できます。 

     ポチッとよろしく! (2020/9/20撮影) にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村  

« 大阪モノレール 開業30周年  | トップページ | 「豊稔池堰堤」観音寺市三景 ① »

鉄道・廃線遺構」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪モノレール 開業30周年  | トップページ | 「豊稔池堰堤」観音寺市三景 ① »

無料ブログはココログ
フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック