« 「鯖街道」最後の一里をゆく ② | トップページ | 大阪モノレール 開業30周年 ② »

2020年10月 8日 (木)

大阪モノレール 開業30周年 

          大阪モノレールが 千里中央~南茨木間を開業したのは、
         1990(平成2)年のことでした。その7年後には大阪空港~
         門真市が全通、2007年には、彩都西まで延伸されました。
          その大阪モノレールが開業30周年記念の一日フリー切符
         を発売(11/30までですが数量限定)しています。

         P1070731

 この案内図は大阪モノレールのHPより借用。(クリックすると拡大します)

2_20201007202401   

          門真市駅から出発。

         P1070733

 大抵、中央環状線の真ん中を通っていますが、ここでは東側に寄って淀川を渡ります。この
アーチ橋、バスケット型ニールセンローゼ橋と云うそうです。全長196.5m。中々の景観です。

Dscf3645-2

 淡々と進み、万博記念公園駅です。ここからは彩都線が分岐していて、大掛かりな分岐器が
目を引きます。PCコンクリートや鋼鉄製の軌道桁動いて進行方向を切替えます。

P1070767

 門真市を出て36分で終点、大阪空港です。モノレールの開通で、京阪沿線から大阪空港への
アクセスは、リムジンバスのように渋滞にイライラすることがなく、格段に楽になりました。

P1070751

 大阪空港(伊丹)は、大半が兵庫県に位置します。もともと大阪市内の木津川にあったと云
う大阪空港の代替空港として建設されたとか。関西空港の完成で、一時は廃止が云々された
ものですが、その間にも、モノレールの建設が進められてきたんですな。

 新装空港ビルのレストラン街で “海キッチン定食”。色々の少し盛り。お粥のお代わりを2回。 

P1070757-2

 お腹もくちたところで、折り返します。     P1070761

          空港からのブリッジを渡ったところに、大きな案内板
         が出来ていました。仮設かも。

         P1070763

          隣の蛍池駅でちょっと途中下車。阪急電車に乗り替えて
         曽根駅へ。一日フリー切符の活用(もちろん阪急は別料金)。        

         P1070734

         平和の呼び笛像。豊中市の非核平和都市宣言モニュメント。          

         P1070736_20201008142501   
         
          その横に、服部霊園へのシャトルバス(無料)が発着。大阪
         市設の霊園が指定管理者制になって、便利になりました。        

         P1070740
          
 さて、墓参も済んで、再び万博記念公園駅です。ダイナミックな分岐器の姿をまたじっくり。
左へ折れてゆくのが彩都線です。ここは、いつまでも見てられますな。意外とスッと動くのです。

P1070776

 そして、ここで、彩都(さいと)線に乗換えて、未乗区間の彩都西へ向かいます。この駅には、
彩都線の線路は1本しかありませんが、左右両側のホームに接しているので、本線の両方向から
の乗換えが便利です。彩都線は、万博記念公園~阪大病院前間の開通のあと、吹田・茨木に跨る
彩都地区の大規模住宅開発に伴って、開発事業者の負担で彩都西まで延伸されたそうです。

P1070775

 次回、彩都線の往復に続きます。コロナ下の三連休消化でんがな。

 ポチッとよろしく! (2020/9/20撮影) にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ ポチっとお願いします PVアクセスランキング にほんブログ村 

« 「鯖街道」最後の一里をゆく ② | トップページ | 大阪モノレール 開業30周年 ② »

鉄道・廃線遺構」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「鯖街道」最後の一里をゆく ② | トップページ | 大阪モノレール 開業30周年 ② »

無料ブログはココログ
フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック