« キュウリ、困った | トップページ | 眠たい 公園にゃんこ »

2020年7月 6日 (月)

松下幸之助翁 生誕地へ

  松下幸之助翁ゆかりの地は、ひと通り訪ねました。大阪市生野区の起業の地、大阪市福島区
の本格創業の地、もちろん門真市も。せやけど、和歌山市郊外にある「松下幸之助生誕地」には
行けてませんでした。JR和歌山駅から30分に1本の和歌山線の電車で二駅、千旦(せんだ)です。

P1060202

        P1060185  

 千旦駅から歩5分ほどのところに「和佐遊園」の案内板があり、その一画に、ありました。
 この「松下幸之助君生誕の地」の碑銘は、あの湯川秀樹博士が書したもの。後ろに見える
太い枯木が、家名の由来となった松の木だそうです。

P1060180

 朽ちた松を鉄骨が支えていました。あまり佳い景色とは思えません。新しいのを植えへんの。

P1060161

         門真市のパナソニックミュージアムのエントランスには、かつて
        松下家の前にあったと云う松の木が再現展示されています。   

        Dscf8542

 石碑と松の木の間に、地元のお社があり、翁が150万円寄進したとの石柱が建っていました。

P1060167

 すぐ後ろは、松下家の広い墓所になっていました。左手の塀沿いを奥に進むと、入口です。

P1060176

         道路の向かいは、和歌山市設の「松下公園」です。
        桜の名所にもなっているそうです。
        
        P1060190

        P1060186

 千旦(せんだ)の邑なかを 少しブラブラしながら、千旦駅へ戻ります。

P1060192

 大きな家と 流れのある水路が続いていて、かつては、舟運も盛んな水郷だったんでは。

P1060194

 細いけど、単車が曲がって行った路地の先に、JR和歌山線の踏切が見えました。

P1060196

         一旦停車ではなくて、“千旦停車” やて。あはは。

        P1060197  

        Photo_20200705211501
    ポチッとよろしく! (2020/6/28訪問) にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村 

« キュウリ、困った | トップページ | 眠たい 公園にゃんこ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キュウリ、困った | トップページ | 眠たい 公園にゃんこ »

無料ブログはココログ
フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック