« 紀州、「あらぎ島」へ ② | トップページ | ガラにもなく 桃スイーツ »

2020年7月20日 (月)

高松塚古墳 壁画修復室公開


         明日香村(奈良県)の高松塚古墳壁画の修復作業の公開も、
        今年で30回目ですが、コロナ対策が徹底されていました。

        P1060299

         事前の抽選申込みにて、10:10集合の第4班に指定され、
        1つの班は、6~8人と、以前の1/3になっていました。 
         
        P10602981
          
         受付のあと、10分ほどの動画(高松塚古墳の経緯)を鑑賞、
        つづいて、修理作業室に入りました。 

        P1060303  

 ここでは、動画を見るところも含め、修復作業室など、全面的に撮影が許されないので、
配布されたパンフレット「国宝/高松塚古墳壁画/修理作業室の公開」から抜粋引用します。

 高松塚古墳壁画で最もよく知られている「飛鳥美人」の女子群像。石室西壁に描かれてい
たものです。これらの壁画は、凝灰岩の石室内面に塗られた漆喰(厚さ数ミリ)の上に描かれ
ていて、発掘後の現地保存中に黒カビによる被害が進んだため、石室ごと取り出して、解体
修理が進められてきています。色付けなどは一切せず、クリーニングのみとのことです。

P1060301
                                                                                                                                      (受付横の案内看板より)
         
 西壁女子群像が描かれた石材     壁画の部分は、少し漆喰で段差があります。
  
_021
                                                           (パンフレットより複写抜粋)                                                                  
                        こちらは、壁画発見の当初から多くの漆喰が失われて
 東壁/状群像が描かれた石材    いました。西壁の女子群像と比べ、親しい人々らしい。

_022
                                                           (パンフレットより複写抜粋)
  
                         東方の守り神とされる青龍は、首をS字にもたげ、
 東壁/青龍が描かれた石材       大きな口からは長く赤い舌が描かれています。

_011
                                                           (パンフレットより複写抜粋)

                             玄武は、北方の守り神であり、中心部分の漆喰が失
 北壁/玄武が描かれた石材      われていますが、キトラ古墳のそれと似ているらしい。

_012
                                                           (パンフレットより複写抜粋)

 見学者通路の窓から見える修理作業室の光景。解体した石材は、いずれも、壁画面が上にな
っているので、オペラグラスを貸してもらっても、手前の二つ以外は、ほとんど見えません。

P1060287
                                                            (パンフレットより複写抜粋)

 石室を展開した状態の図です。こうなってたんや と想像してみましょう。

P1060292
                                                            (パンフレットより複写抜粋)

         修理作業室の見学は、10分間で終了。室外のテント
        で、アンケートに答え、飛鳥美人(西壁女子群像)を刷り
        込んだポストカードを貰って帰りましょう。

        P10603091  

         往路は、飛鳥駅からの赤かめバスに乗りましたが、帰り
        は、待ち時間の都合で、駅まで歩きます。12分ぐらいです。

        P1060317
                                 (飛鳥駅前ロータリーにて) 

 ちょうど、特急が来たので、飛び乗りました。大して速くないけど、520円。

P10603181 P1060320  

 この日は寄り道せず、直行/直帰。気が付けば「入館証」のワッペンを付けたままでしたよ。

12 P10603211        

         あべのに着いたら 12時前。天王寺ミオで刺身とホッケ。

        Img_20200719_121722-2  

     ポチッとよろしく! (2020/7/19訪問) にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村 

« 紀州、「あらぎ島」へ ② | トップページ | ガラにもなく 桃スイーツ »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紀州、「あらぎ島」へ ② | トップページ | ガラにもなく 桃スイーツ »

無料ブログはココログ
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック