« 紀州、「あらぎ島」へ | トップページ | 高松塚古墳 壁画修復室公開 »

2020年7月16日 (木)

紀州、「あらぎ島」へ ②

 「あらぎ島」と云うのは通称で、江戸時代に開拓された「嶋新田」が正しいそうです。
現在、地元の方々以外、撮影者などは、あらぎ島への立ち入りは出来ません。

P1060061

 ここには、休耕田はなく、今年も 54枚全部に田植えされたとのことですが、季節ごとの
眺めの変化が大きく、展望所の説明板にも写真が掲げられていました。

P1060047

 また、紀子妃の祖先が近隣在住とかで、悠仁親王の誕生日に ろうそくでライトアップされた
り、LEDランプによる “あらぎ島イルミテラス” も開催(2019/1/6最終)されていました。

   Dscf8721
                                 (2019/1/5 撮影=既掲載)

         展望所付近の路欠工事は、来年8月まで掛かるようです。

        P1060085  

        P1060129  

 あらぎ島の首根っこを国道480号が通り、三田トンネルが貫通しています。

P1060088

          到着から1時間半、ボチボチお腹が空いてきました。
         道の駅/あらぎの里へ戻って、お昼にしますか。

        P1060110

        P1060031  

         道の駅/あらぎの里は、国道480号と県道(高野街道)
        との分岐点にあります。         

        P1060122

        P1060139

         こんにゃくうどん定食にしようかと迷いましたが、結局、
        特選あらぎ定食。この日は、地鶏の唐揚げがメインでした。
        700円。韃靼そばもあったけど、有田川の鮎はなかったな。

        P1060125  

         有田川町は、山椒の生産高が日本一とか。

        P1060141

         復路のバス、約束の位置に停まってもらいました。

        P1060150

 発車して間もなく、有田川に架かる吊り橋「蔵王橋」。床が簀の子状なので、川面が見えて、
スリリング(前回訪問時に経験)。徐行してくれたお陰で、車窓から旨い具合に撮れました。

P1060156
        
         藤並駅までは、約1時間。ほぼ “貸切”でした。片道1,460円。

        11_20200711183001  

           ポチッとよろしく! (2020/6/28撮影) にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ ポチっとよろしく PVアクセスランキング にほんブログ村       

« 紀州、「あらぎ島」へ | トップページ | 高松塚古墳 壁画修復室公開 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
あらぎ島、何とも綺麗な棚田ですね。
田植え直後はもちろん綺麗ですが、説明板の写真だと稲穂が実った頃も見頃のようですね。
こんな風景が日本に残っているんですねぇ・・・。

定食の700円は・・・ちょっと微妙かな。
鮎を囓りたかったですね。

FUJIKAZEさん

 コメント、ありがとうございます。
あらぎ島は、車で行っても、かなり不便なところですが、近隣には清水温泉も
あって、ボケ~とするにはもってこいの所です。
 有田川では、鮎の友釣りが盛んで、オトリも売ってるのに、
道の駅のメニューにないと云うのは、残念でした。商売下手なんでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紀州、「あらぎ島」へ | トップページ | 高松塚古墳 壁画修復室公開 »

無料ブログはココログ
フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック