« 牡丹(ぼたん)の雨除け | トップページ | れんげ畑 »

2020年4月30日 (木)

花水木もガンバル

 “ウチネタ” 第二弾。 

 これも、1本だけある花水木ですが、数年前から花が少なく元気がありません。
それでも花時には、ガンバって、そこそこの花を咲かせてくれます。

P1050021

 昨年、思い切って、枝を刈って背を低くしたこともあって、今年は、期待薄でしたが、
昨年よりはマシな開花状況です。花かずは、僅か20ほどでした。

P1050251

 まだ、袋状の“苞”が閉じています。饅頭を包んでいる感じですが、これがポンと開きます。
ウドンコ病で葉がチリチリになってくるのは、夏前なので、暫くは大丈夫でしょう。

P1050286

 花弁に見える“苞”のなかにあるのが、本来の花です。 
まぁ、今年、ガンバって、花を増やしてくれたので、ヨシとします。

P1050291  

 花水木は、“うどんこ病”に弱いそうで、隣のサルスベリが罹るのと同時に罹患しよるんです。
耐性ができないよう、殺菌剤の種類を変えて防除しようと思っていますが、栄養不足かも。

 ポチッとよろしく! (2020/4/16~25 撮影) にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ ポチっとお願いします PVアクセスランキング にほんブログ村

« 牡丹(ぼたん)の雨除け | トップページ | れんげ畑 »

花木植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
へぇ~、これが花水木という花ですか。
花びらが逆に付いている様な変わった花ですね。
花数は20?で、こんなですか。
本来はもっと咲くんですね。
そうなると、木が桃色に染まって壮観なんでしょうね。

FUJIKAZEさん
こんばんは!
 花水木は、白い花を咲かせるのもありますが、ピンクの花の方が賑やかでいいですね。
一見、花に見えるのは、“苞”と云い、その中に隠れているのが、本来の花だそうです。
“苞”がポンと割れる感じで開いた状態が、花どきですね。

 うどん粉病だけでなく、土が痩せていても花の付きが良くないそうなので、この面
でも対応して、来年は、たくさんの花をつけてくれるよう頑張ってみます。  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牡丹(ぼたん)の雨除け | トップページ | れんげ畑 »

無料ブログはココログ
フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック