« 南海高野線 #秘境駅 と“泊まれる駅”③ | トップページ | 掘り立てのタケノコ »

2020年4月 9日 (木)

南海高野線 #秘境駅 と“泊まれる駅”④

《 “泊まれる駅”周辺、森林鉄道跡などをあるく 》(後半)

 こんどは、「高野下駅」から森林鉄道跡を逆方向(北東)に歩きます。右手の坂道は、
高野線から森林鉄道への連絡線の跡かも。知らんけど。(浪花のおっさんの常套句)
森林鉄道は、高野下から極楽橋への延長工事でも、資材搬送に活躍したそうなので。 

P1040385

 少し先で、振り返ってみた光景。正面に「高野下駅」の入口階段。

P1040426

          高野線のガードをくぐります。右に折れると、駅裏の
         地蔵寺や厳島神社へ行けます。(後ほど)

         P1040206

          何とも云えないカーブですな。

         P1040436  

 不動谷川(丹生川支流)の対岸をゆく極楽橋行の電車。崖に登坂路を造るために、こんな
構造になっているんでしょうか。これもよう知らんけど。

P1040448

 電車は、此方よりかなり高いところを上って行き、この先では、姿が見えなくなりました。

P1040451

 人家が途切れると、軌道跡の町道は、急に地道になりましたが、この方が廃線跡っぽいです。

P1040439 

          明治42(1967)年に高野~九度山間に開通した「高野山
         森林鉄道」は、津軽森林鉄道に次ぐ、総延長45kmに及ぶ
         大規模な森林鉄道であったそうな。
          高野山電気鉄道による、高野下~極楽橋間の敷設工事
         でも資材搬送に活躍したと云う。昭和34(1959)年に廃線。
         (写真=椎出ふるさとづくりの会「椎出の自慢」より抜粋)
 
         Photo_20200405215801          

 森林鉄道を通すために、大きな岩を崩して、切り通しにしたんでしょう。苦労が偲ばれます。

P1040444

 この先で、国道に合流しているはずですが、時間の都合で、更に進むのは断念しました。

P1040445

           「高野下駅」の少し手前に戻って、こんどは、ガードの
         手前から坂道を上がります。

         P1040458  

 坂を上がったところに「地蔵寺」がありました。天井画が著名なようですが、パス。

P1040477

             代わりに「椎出周辺ガイドマップ」から拝借。

           _

 スグ隣には「椎出厳島神社」。急な斜面に坐します。階段の下でお詣りできるようです。

P1040475

 厳島神社から「高野下駅」を見降ろすと、極楽橋行の特急「こうや」が通過して行きました。

P1040515

 高野線は単線ですが、大体30分毎のダイヤなので、約15分おきに上下いずれかの電車が来ます。

P1040524

          大急ぎで出発地点の「高野下駅」に戻ってきました。

         _13  
                  クリックすると拡大します

       ◆次回は、高野線から外れ、弘法大師に高野山の地を与えた神さま
                      が祀られている「丹生都比売(つひめ)神社」へ回ります。

               ポチッとよろしく! (2020/3/21~22 撮影)  にほんブログ村 鉄道ブログへ ポチっとお願いします

« 南海高野線 #秘境駅 と“泊まれる駅”③ | トップページ | 掘り立てのタケノコ »

鉄道・廃線遺構」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南海高野線 #秘境駅 と“泊まれる駅”③ | トップページ | 掘り立てのタケノコ »

無料ブログはココログ
フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック