« 今年も「ヒマラヤユキノシタ」 | トップページ | 寒い時季の公園にゃんこ »

2020年2月24日 (月)

奈良/秋篠で発掘調査現地公開

          雨が上がったばかりの2/15朝、奈良/秋篠寺の近くにある
        「秋篠阿弥陀谷横穴墓群」の発掘調査現地公開に行きました。

        P1020713

         近鉄大和西大寺駅から秋篠寺・押熊行のバスで5分、秋篠
        三和町から西へ歩10分の住宅地内に発掘現場がありました。        
        1_20200219160701
                                                            クリックすると拡大します

 大和中央道の未開通部分の建設関連で発掘調査が実施され、その成果を地元の方々に公開
すると云う趣旨の、比較的小規模な現地説明会でした。ここは道路の切り通し部になります。

P1020676  

 この発掘は、奈良市埋蔵文化財調査センターが担当していて、奈文研よりはコンパクトでした。

P1020647  

        P1020643

 横穴墓は、丘陵斜面を溝状に切り通した先に横穴を掘り、その奥の方に玄室を築いた古墳~
飛鳥時代の墓です。墓内には、素焼きの土師質(はじしつ)亀甲形陶棺が納められていて、円筒型
の脚が10ほども付いていました。棺身には、屋根型の棺蓋がかぶせられていたそうです。

P1020660

        P1020652

 現地説明会の醍醐味は、発掘された遺物を間近に見ることが出来ることですね。

P1020619

 耳環(みみわ)は、女性に限らず、男性も身に付けていたらしいです。

P1020697 P1020698

        P1020700

         陶棺の蓋の一部とのこと。
 
        P1020703
      
 奈良時代の古墓から出土した土師器の甕。   中世(室町期)の墓から出土した瓦質の蔵骨器。

P1020704 P1020705

P1020692

 奈良は、どこを掘っても、“歴史”が出てくるので、掘るもんやない、とか。

P1020694

             因みに、大和中央道は、阪奈道路の南側
            3.7kmの区間の計画廃止が決定しましたが、
            今回の発掘現場は事業継続中だそうです。

           Photo_20200219191801  
         「ニュース奈良の声」2012.6.1記事より抜粋 http://voiceofnara.jp/  

        ポチッとよろしく!  (2020/2/15 撮影) にほんブログ村 写真ブログへ ポチっとよろしく 

« 今年も「ヒマラヤユキノシタ」 | トップページ | 寒い時季の公園にゃんこ »

歴史・遺跡・現説」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
「奈良は、どこを掘っても、“歴史”が出てくるので、掘るもんやない」
なるほど、羨ましい所ですねぇ・・・。
私的には、徹底的に掘り返してみたいところですが・・・。
しかし、どんな人が葬られていたんでしょうね。
当時の有力者のお墓なのでしょうが・・・。
ロマンだなぁ・・・。

FUJIKAZEさん、コメントありがとうございます。

 2000年まで平城宮跡の端っこ近くにあった、奈良そごうの建設で、長屋王の墓が出たため、開業が2年遅れた
ことがありました。その後、イトーヨーカ堂を経て、ミ・ナーラに変遷しましたが、5万点を越す出土品を展示
する美術館を併設していました。単年度ではそこそこだったそうですが、初期投資が過大だったんでしょうね。
巷では「長屋王の呪い」とか云われていました。

 今回の発掘では、被葬者は特定されていません。亀甲形陶棺が素焼きの土師(はじ)質の棺であったところから、
この地域の豪族・土師氏の関連ではないかとも推測されています。ここも、道路建設が遅々として進んでいなか
ったところ、進捗させようと掘削したら、やっぱり出た訳です。

 さっそく、保存の声が上がっているようですが、このクラス(飛鳥~室町期)の古墓は、たくさん見つかって
いるんだそうです。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も「ヒマラヤユキノシタ」 | トップページ | 寒い時季の公園にゃんこ »

無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック