« 今城塚古墳 ② | トップページ | 「今城塚古代歴史館」 »

2019年10月11日 (金)

藤原宮跡のコスモス


 《今城塚古代歴史館は、次回に変更です》

 藤原宮は、西暦694年~710年までの短い期間営まれた、わが国で初めての都城として造営
されたそうです。平城宮跡のような復元建造物はなく、大極殿跡の少し南に大極殿院閣門跡の
列柱が復元展示されているのみでした。

Dscf8546


 大極殿跡の周辺は、北側の菜の花ゾーンや南側のコスモスゾーンなどと、大規模な花園が
展開されていて、これが中々に見事なものでした。(駐車場もありました)

S0208612 

S0298704

S0278684 

 10月と云うのに汗ばむ日差しでしたが、コスモスを揺らす風が心地よい一日でした。

S0218623

Dscf8564

S0178592 

 資料室の方によると、まだ満開ではないエリアが多く、もう1~2週間後が良さそうとのこと。

Dscf8734

       Dscf8739

       
       近鉄八木駅~橿原神宮前駅間を結ぶ橿原市のコミュニティバスで
      「橿原市藤原京資料室前」で降りるとスグ目の前ですが本数は少なく、
      耳成(みみなし)駅から歩くと30分ぐらい掛かります。

       _3
                        (橿原市発行の「藤原宮跡の秋」より抜粋/補遺)

       
       ポチッとよろしく!  (2019/10/6 撮影) ブログランキング ブログコミュニティ にほんブログ村  よろしくお願いいたします

« 今城塚古墳 ② | トップページ | 「今城塚古代歴史館」 »

花木植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
藤原宮の大極殿院閣門跡ですか。
ここにどれだけ大きくて荘厳な建物が建っていたのでしょうねぇ・・・。
それをわずか4年で遷都したとか。
現代はコスモスの咲き誇る風光明媚な所のようですが、当時の天皇はこの場所を気に入らなかったのかな。
想像をめぐらすと、面白いですね。

FUJIKAZE さん

 藤原京の前までは、天皇の即位ごとに遷都していたそうで、大きな都の造営は出来なかった
と云うことです。なので、藤原京は、初めての大きな都城で、3代の天皇に引き継がれています。

 ところが、たった16年で首都としての役目を終えてしまったのには、諸説あるようです。川から
遠く、舟運が不便とか、水が不足したとかのほか、地形の傾斜から、汚水が藤原京の中央に位置
した藤原宮にまで流れ込んで、疫病が流行ったなどと云う説が有力らしいです。

 現在、藤原宮跡の周囲には、エリアごとに“花園”が設けられています。春は菜の花、夏は
キバナコスモス、秋にはコスモスです。こうした取り組みは、「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」
を世界遺産にしようとの目論見があるからのようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今城塚古墳 ② | トップページ | 「今城塚古代歴史館」 »

無料ブログはココログ
フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック