« 寝屋川市の治水 | トップページ | モニュメント in 西梅田 »

2019年8月16日 (金)

寝屋川市の治水 ②

    順番が前後しますが、今回の見学ツアーの圧巻は、「寝屋川北部地下河川讃良(さんら)立坑」
でした。地下40mへ降りて昇って。階段の下が透けて見えるので、ちょっと足がすくみます。

Dscf6516    


 立坑の底は、直前の局所的な集中豪雨で水が入ったとかで、少しぬかるんでいましたが、
気温は低く、猛暑の地上より涼しいと云うより、少し寒い感じでした。

Dscf6510-2


 府の職員の方達が気を利かせて、トンネル内をLED照明でライトアップされていましたが、
前日の豪雨による ぬかるみのため、トンネル内には入れませんでした。

Dscf6532-2 


        「讃良(さんら)立坑」を昇ったところは、南寝屋川公園の北隅
      の青い建物です。スグ北側を第二京阪道が走っています。

      Dscf6499


        また「讃良(さんら)立坑」は、寝屋川北部地下河川のスタート
       地点です。寝屋川北部地下河川としては、まだ全体の完成には至
      っていないため、現在は、地下溜池として機能しているそうです。

      _9-1       
                          (寝屋川流域総合治水対策パンフより抜粋/追記)

 寝屋川市内26の小学校には「校庭貯留浸透施設」が設けられているそうです。校庭を約30cm
低くして小さな堤を設け、放流孔を絞ることで、敷地内に降った雨を一時貯留するのです。 

Dscf6469

      _2_20190812230101  
                        (寝屋川市の説明資料より抜粋)     

 校庭は、ゆるい小山状になっていて、水はけがよく、雨のあとも運動場がすぐに使えるらしい。

Dscf6463 


       もうひとつ、公共下水道による雨水対策として、2022年の竣工を
      目指しているのが「寝屋川北部流域公共下水道事業」です。要は、
      地盤の高い地域から低い地域への雨水の流入を防除するものです。

      _11_20190812221801
                     (「高宮ポンプ場整備事業」パンフより抜粋)


      Dscf6472


 その中核の「高宮ポンプ場」は、大掛かりな工事が進行中でした。このポンプ場に接続される
「秦(はた)高宮雨水幹線」は、雨水の排水を目的とした公共下水道です。完成が待たれますなぁ。

Dscf6477      

Dscf6483


 「高宮ポンプ場」の整備工事では、掘った穴の中で土とセメントを混和し、地中に列壁を作っ
て行くと云うもので、芯材の建て込みとH鋼で補強する「ソイルセメント柱列壁工(SMW工法)」
が採用されていました。(この説明、ホントのところは、ようわからん)

Dscf6486

      _10
                    (ソイルセメント柱列壁工事概要説明資料より抜粋)

Dscf6495 


           なにせ暑い日でしたので、冷水の支給は、助かりました。

          Img_20190802_085408-2       
      
        
          何度みても、衝撃的な図ですが、我が寝屋川市は、ずいぶん
         低い位置にあることを、今更ながら、思わずにはおれません。 

            _8_20190812225201  
                    クリックすると拡大します。    
                     _7
                                                                  (「寝屋川流域の概要」より抜粋)

         ポチッとよろしく!  (2019/8/2 撮影) ブログランキング ブログコミュニティ にほんブログ村  よろしくお願いします

    

« 寝屋川市の治水 | トップページ | モニュメント in 西梅田 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寝屋川市の治水 | トップページ | モニュメント in 西梅田 »

無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック