旅行・地域

2017年3月20日 (月)

茨城空港のF-4E展示

 今回の石岡行の帰途は、茨城空港発19:05の神戸行きSKYです。少し早く着いたので、空港の外れに展示してある、「F-4E改 要撃戦闘機」を見てきました。なにせ、茨城空港は、自衛隊の百里基地と滑走路を共用しているので、そこから借用品だそうです。
 

Dscf2841
 Dscf2842
 Dscf2850

  日暮れとともに風が出て、冷たくなってきました。空港ビル2Fのすぎの屋で、けんちんそば。イナリを頼むと出し巻きもついて来た。これで、神戸から自宅まで、持たします。

Dscf2852_2
  
   そう云えば、前夜の石岡駅前、“桜川”のコロッケが結構ジャンボでした。切ってないと喰えん。

Dscf2754

        鍋のエビもでかい。
 Dscf2747

 そうそう、空港出入り口近くには、稀勢の里のサインが展示されていました。茨城県やもんね。
 Dscf2533

       今回の石岡行関連は、これでおしまいです。仕事もシッカリしてきたんですよ。


                            ポチッとよろしく!
  

2017年3月17日 (金)

石岡にて、常陸国総社宮ほか

      石岡の朝、天気がよかったので、常陸国総社宮まで散歩しました。正面は筑波山。

Dscf2760

      早朝のメイン通りは、いささか静かです。9月の“石岡のお祭り”は、この通りも埋め尽くします。

Dscf2807
 
                         昭和な面影が濃い建物が続くメイン通りを進みます。

Dscf2768

            金刀比羅神社まで来てしまいました。来過ぎです。バックです。
    Dscf2769
                元町??
         Dscf2772
                    小学校の脇を抜けると、常陸国総社宮(ひたちのくにそうしゃぐう)の入口。
 Dscf2773

              駐車場は、脇道を下った先にあります。
            Dscf2774

       “石岡のお祭り”では、この手前の広場に各町の山車が参集します。
     Dscf2775

        随神門。茅葺の屋根は、平成23年に葺き替えられました。

Dscf2777

    メインの神域。建物の左手は、崖になっていて、その下に駐車場が設けられています。

Dscf2786

   7世紀、いまの茨城県は、常陸国と呼ばれ、その中心、国府が置かれた地が石岡市です。

Dscf2780

         ヤマトタケルノミコト(日本武尊)が腰掛けたと云う神石。

Dscf2779

       少し冷えてしまいました。朝日を浴びて、宿に戻ります。早朝ウォーキング終了。

Dscf2797

           宿の名前も、ホテル“SOSYA”。総社からいただいたそうです。

Dscf2808

            この宿のサービス朝食は、10種ほどのトッピング具材のあるお粥。

Dscf2764


  グループ会社の工場は、パナソニック電工さんと同じ柏原(かしわばら)工業団地にあります。

 
                            ポチッとよろしく!

2017年3月13日 (月)

ひたちなか海浜鉄道 ②

            ひたちなか海浜鉄道の終点、阿字ヶ浦では、折り返しの発車まで20分。
   Dscf2611

                      海岸までは行けそうになく、光圀公ゆかりの堀出神社でUターン。

Dscf2619
          
           住宅脇を歩いていると、上品そうなにゃんこが不審顔で寄ってきました。  
   Dscf2624

            かわいらしい案内標識のお陰で、間に合いました。この突き当りが駅。

Dscf2617_2

         阿字ヶ浦から、来た時と同じ車両で引き返します。右の車両は留置車です。

Dscf2613_2

               この鉄道の中心駅、「那珂湊(なかみなと)」にて途中下車。次発まで36分です。

Dscf2640

          中心駅の那珂湊には、車庫もあって、待機中のキミ300なども佇んでいました。

Dscf2691

                  「まちなか漫遊マップ」に、反射炉跡と云うのを見つけました。行ってみるか!

Dscf2604_2

                   「那珂湊」駅頭。もう16時過ぎなので、影が長くなっています。急がねば・・・。

Dscf2651

  10分と掛からずに、山上門に至りました。水戸藩江戸小石川邸にあった勅使門を昭和12年に移築したもの。(市指定建造物) 

Dscf2653
   
    山上門の奥の階段を上ると、那珂湊反射炉です。江戸時代末期に水戸藩が鉄の大砲を鋳造するために作った反射炉を昭和12年に復元したものだそうです。(県指定史跡)
  Dscf2669

              こうした大砲を28門以上鋳造し、幕府にも献納したそうです。

Dscf2672

        傍らには、反射炉建造に用いる煉瓦を焼いた煉瓦焼成窯(複製)もありました。
   Dscf2659
 
               駅に戻ると、改札脇に、かつて手信号に用いたカンテラが置いてありました。
                  Dscf2688

                           さっき入れ替わりで、阿字ヶ浦へ行ったキハ11が折り返してきました。
   Dscf2693

   この車内は、クロスシートでした。勝田~阿字ヶ浦は片道570円なので、1日券はお得です。

Dscf2698

   終点、勝田の1つ手前は、「日工前」。昭和37年に開設された駅です。日立工機の大きな工場があり、そのための駅でしょうね。  

Dscf2704

           終点、勝田駅に到着。陽はさらに傾き、17時を過ぎています。

Dscf2709_2
 
       改札を出て振りかえると、乗って来たキハ11は、次の発車まで40分待ちでした。
  Dscf2711

            さあ、翌日は朝から講師の仕事です。石岡へ戻ります。


                           ポチッとよろしく! 

2017年3月10日 (金)

ひたちなか海浜鉄道(茨城県) ①

             石岡での初日の午後、時間を繕って、JR常磐線で水戸の先に向かいました。
 

Dscf2545_2

                          特急“ときわ”を見送って、すぐ後の普通電車勝田(かつた)行きに乗車。

Dscf2547

    ひたちなか海浜鉄道の勝田駅は、JR勝田駅の改札内ですが、SUICAは使えません。
 Dscf2548_2

             こう云うときは、1dayパスを利用するに限ります。

Dscf2550

       ひたちなか海浜鉄道は、勝田~阿字ヶ浦間14.3km片道30分弱の単線鉄道です。
  Dscf2862_22_3     

    少し疲れた車体にラッピングされた1両(朝は2両)の気動車です。大体30~40分毎の運行。
          Dscf2552

  大正2年開業の湊鉄道は、平成25年に開業100年を迎えています。昭和19年に茨城交通湊鉄道線、平成20年に分社化されて「ひたちなか海浜鉄道」湊線となりました。
 Dscf2555

               保線状態は 悪くない感じでしたよ。

Dscf2556

       「高田の鉄橋」と云う不思議な名前の駅がありました。これがその鉄橋でしょうか。

Dscf2558

          その「高田の鉄橋」駅は、平成26年10月に国道の高架下に新設された駅です。
 Dscf2560_2

        この鉄道の本社のある「那珂湊(なかみなと)」駅に入構します。
   Dscf2563_2

 Dscf2564

                                右前の車両は昭和40年製造のキハ205。朝の増結用でしょうか。

Dscf2569

      扉が両端にあるので、ロングシートが結構長い。エンジンの排気筒の前にゴミ箱が・・・。

Dscf2573

  Dscf2576

         平磯~磯崎間の直線コースを快走。右手には太平洋が望めるはず。

Dscf2584
             
        終点、「阿字ヶ浦(あじがうら)」駅。夏には海水浴客で賑わうそうな。温泉もある。

Dscf2603
          25分歩けば、国営ひたちなか海浜公園に行けます。(シーズン中は無料バスあり)
            
      次回につづきます。  

 
                            
                              ポチッとよろしく!

2017年3月 6日 (月)

雛人形。石岡にて

 研修講師で、茨城県石岡市に行きました。神戸からのSKY便で1時間ちょっとです。いま、1日3便あるので、便利になりましたよ。(背景は、ポスターの写真です)
  
Dscf2532
                                  
              スタンダードな雛飾り・・・かな。(空港出口付近にて)
  Dscf2536

           所用を済ませて、JR石岡駅に行ってみました。
   Dscf2544_3
 
     「石岡のお祭り」の山車が順番に展示されるスペースに、雛壇が設えてありました。
 Dscf2718

               狭いスペースに、ちょっと並べ過ぎでしよう・・・。
 Dscf2742_2
  
 Dscf2717

   近隣のみなさんから集められた雛人形とのことですが、。1,000体以上もあるそうです。
 Dscf2746

                                  宿のロビーにも、吊るし雛が飾られていました。
 Dscf2809


                                                               ポチッとよろしく! 

2017年2月13日 (月)

堺の自転車博物館

 自転車部品の雄、シマノが中心になって開設した自転車博物館は、JR百舌鳥駅から徒歩10分ほどの、大仙公園の北端にありました。仁徳陵のすぐ隣です。
   Dscf1448

  鉄砲鍛冶がいた堺は、分業生産のマネジメントの力で発展してきたと云われています。
  Dscf1452

     ドライジーネと云う、足で地面を蹴って走る、1818年にドイツで発明された木製自転車。
Dscf1451

  割と狭いスペースに、ずらりと並んだクラシック自転車。撮影は、どうぞと云うことです。
   Dscf1456

        「自転車」の定義は、人の力だけで、自分が行きたい方向に行ける乗り物です。   
Dscf1459

    オーディナリーと云う不安定で乗り降りが難しそうな自転車。 
 Dscf1466
 Dscf1477_2
 Dscf1461_3

         ミルク罐を運搬する、働く自転車。
Dscf1469

       4人乗り自転車。乗るのが難しそう・・・。
Dscf1467

         タンデム三輪車。
 Dscf1463

        仰向けに寝っ転がって漕ぐ自転車。 ようせんなぁ。
Dscf1489

       昭和11年に、皇太子(当時)に献上された自転車の予備品だそうです。
Dscf1453

      昭和の時代によく見かけた運搬車。よく、魚のトロ箱を重ねて運んでいましたな。
Dscf1485

          ユニークな自転車たち。
Dscf1494

Dscf1487

        これも自転車と呼ぶんやろか・・・。
Dscf1483

  「自転車博物館 サイクルセンター」入館料は、65歳以上なら100円で、第2・4日曜と祝日に、百舌鳥駅に近い自転車広場で開催されるクラッシック自転車の体験試乗券つきでした。それには行けてませんけどね。
Dscf1499


                            ポチッとよろしく!


2017年2月 6日 (月)

節分万燈籠(春日大社)

         このごろ、毎週のように奈良に行っている感じで、2/3には、春日大社です。

Dscf1760
 2月の節分と8月の中元の夜に境内三千基の燈籠に御明(みあかし)が灯されます。これを「万燈籠」と呼んでいます。
Dscf1771
       献燈すると、参拝者の列に並ぶことなく、お参りできます。
Dscf1782_2

            献燈受付で、ローソクをいただき、回廊を上ります。
   Dscf1772

Dscf1799

 Dscf1806_2

Dscf1801

 Dscf1812_3

Dscf1825

Dscf1833

Dscf1841_2_2
 
Dscf1844
 Dscf1852
           献燈者には、休憩所で甘酒の接待があり、お代わりしてしまいました。
Dscf1855
            節分の豆もいただいて、JR奈良からの区間快速で帰阪しました。
Dscf1858
         
  若かりし頃は、二月堂の修二会(お水取り)にもよく出かけました。時には、お松明の後、深夜2時ごろに執り行われる“お水取り”にも行きましたが、暗くて写真になりませんでした(フラッシュ禁止)。デジカメでは、どうなんやろうと思いつつも、あの寒さに身が持ちそうにはありません。

            


                           ポチッとよろしく! 

2017年2月 3日 (金)

奈良「大立山まつり」 ②

 平城宮址での奈良「大立山祭り」のつづきです。東吉野村の小川まつりの「太鼓台」が巡行されていました。太鼓台は、神輿ですね。当地の友人の知らせで、急遽出掛けたのですが、「大立山まつり」の出し物よりも、迫力ありましたな。
   Dscf1582
S0021597
 Dscf1581_2
Dscf1566
Dscf1585
 Dscf15172
Dscf1514

        一方、こちらは、今井町の地車(だんじり)。
 
Dscf1531
 Dscf1543
Dscf1679_2
 Dscf1677
       寒くなってきたので、今井町の地車(だんじり)巡行を見ずに引き上げました。
  Dscf1698
 
        ちょうど、若草山の山焼きの真っ最中でした。
 
 Dscf1690_2

      帰りは、JR奈良駅へのシャトルバス(無料)に乗りました。超満員。
      奈良駅がずいぶんと立派になっていたのには、ビックリでした。


                                                         ポチッとよろしく!

2017年1月30日 (月)

奈良「大立山まつり」 ①

       奈良・平城宮址で開催の、奈良「大立山まつり」(4日目)に行ってきました。
  Dscf1505
     近鉄西大寺駅からのシャトルバスを降りると、まもなく、せんとくんドームがお出迎え。
      Dscf1508
         大極殿周りのステージまで、朱雀門からは、結構遠い。
 Dscf1511
   四天王をモチーフにした高さ7mの山車が展示され、ステージでは、奈良県内の伝統行事が披露されていました。到着した時は、もう17時前です。
             Dscf1512_2
      陽があるうちにと、せっせと撮影。デジカメは、こんな時に好都合ですな。
Dscf1518_2

Dscf1523_2
      陽が暮れると照明が入るのかと思っていたら、ライトを当てるだけのようです。   
Dscf1526_2
       大極殿の周囲には、「あったかもんグランプリ」の店が並んでいました。
 Dscf1532
 Dscf1689
          これ、吉野町の「西行鍋」400円。しっかり具が入っていて、美味しかった。
 Dscf1535_2
       多くの出し物が日没後にも続くため、あったかい食いもんは、流行るわなぁ。
Dscf1536
 
  Dscf1675
      日中は、比較的暖かめでしたが、冷えてきました。20時まで居れそうにありません。
 Dscf1683

            このあと、東吉野村の小川祭りの太鼓台をメインに撮影しました。
            次回に続きます。


                          ポチッとよろしく!

2017年1月16日 (月)

雪景色の金閣寺

          週末、京都は雪模様との予報だつたので、1/15は、早朝に起床しました。
 

Dscf1334
       とは云え、地下鉄北大路駅からの市バスに乗ったのは、もう、10時過ぎでした。
Dscf1297
              金閣寺道停でバスを降りてから、この位置にくるまでに1時間半。
 Dscf1320_2
          拝観券を買い求める列ですが、その後、実は、押し合いへし合いでした。
Dscf1277
                周囲は、昨年に増して、外国語に満ち満ちていました。
  Dscf1349_2
       境内は、一方通行なので、一周するしかありません。時々、枝の雪が落ちてきます。
   Dscf1356
               寒いけど、雪が積もったら、今年も金閣に来てしまいました。
 Dscf1360
   
 Dscf1276

                             ポチッとよろしく!


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック