« 赤木城址と鉱山資料館/熊野② | トップページ | 瀞峡から果無集落へ »

2018年11月 9日 (金)

トロッコ電車と ≪熊野行③≫

           さて、いよいよ“トロッコ電車”です。かつて紀州鉱山で使用されていた
           トロッコ電車の一部が動態保存されていました。ホテル瀞流荘(入鹿温泉)と
           1km先の掛け流し温泉(湯ノ口温泉)との間を毎日6往復しています。

Dscf55812 
201809131606241                                                               (瀞流荘の案内パンフより)
                                                                              

         そして、もう一つが “レールマウンテンバイク”です。トロッコ電車と同じ線路を
        時刻表に従って、決まった時間に走るのですよ。
 Dscf56062

    せやけど、レールマウンテンバイクは、翌朝の予約なので、まずは、トロッコ電車です。                                                       

    瀞流荘到着は、トロッコ電車の最終少し前、急いで乗り場に向かいました。
    この手形は、往復のトロッコ電車と湯ノ口温泉に入湯がセットされています。
 Dscf5419_2

               トロッコは、5両編成。バッテリー式機関車がけん引します。
 Dscf5412

             車内は狭く、座ると向かいの人の膝が当たります。一両の定員は8名。

Dscf5415

                最後尾に乗った16時発の最終トロッコ電車が発車。複線の線路が
              残されていますが、片方しか使われていないようです。

Dscf5424

           最後部から振り返ると、トンネルに照明の“輪”が見えました。
          車内灯による影と、トンネルの光景が妙な具合に撮れていました。
 Dscf5441

           時速6kmほどで、約10分走って、湯ノ口温泉駅に到着。
   Dscf5445

           前に回って、トロッコ電車の全景を撮りました。

Dscf5613

      帰りのトロッコ電車は、17:10発。一時間ほどの温泉入湯時間が確保されています。
 Dscf5449

              熊野の秘湯、湯ノ口温泉は、源泉掛け流し。100円玉を二つ
              用意する必要があります。(ロッカー用、後で戻ります)
   
Dscf5454

     夕暮れが迫ってきていました。帰りの最終に乗車です。乗り込みは、少し窮屈です。 
          
Dscf5473
 
Dscf5492

           出発前に、お許しを得て、トンネル内から撮りました。

Dscf5480_2

           瀞流荘駅に帰着。運転士さんが、各車両内部を点検されていました。
 Dscf5495_2

           瀞流荘駅のスグ下に、ホテル瀞流荘。今夜の宿です。

Dscf5502_2

              ≪美熊野会席≫串焼き付き。半個室スタイルです。
 Dscf5515
   
              朝食には、熊野の茶粥も別に用意されていました。

Dscf5579_2

              朝、北山川のビューポイントへ登ると、トロッコ電車の駅舎が眼下にありました。
 Dscf5553
    
     トロッコ電車の運転士さんから注意事項を聞いて、しっかりヘルメットをかぶります。         
 Dscf5592

         3人だったので、往路は、ベンチシートに座りました。9時40分、出発進行!

Dscf55954

         次発、9時55分のトロッコ電車の乗客のみなさんに見送られて、気分も高揚。
      Dscf5597

              瀞流荘駅を発車すると、間もなく、トンネルです。
 Dscf5601

            トンネル内では、ゴーゴー、ガッタンと結構うるさいけど、それが堪らん。
 Dscf5603_2
  
              約1km、電動アシスト付きで、案外軽く疾走できますが、15分後
             には、トロッコ電車が追い掛けてくるのです。脚力が要ったかな。
 Dscf5604

               本来は、このあとの折り返しは、10時45分発ですが、11時の瀞峡
              ジェット船に乗りたいので、昨日入湯している湯ノ口温泉をパスして、
                  10時15分発に臨時変更してもらいました。
                   トロッコ電車の運転士さんが、一人でレールマウンテンバイクのセッ
             トや機関車の機回しもされているので、時刻表に従った運営が必要
             だったんですね。ちょっと迷惑を掛けしてしまいました。
     Dscf56232

           今度は、“力行”です。案外軽く進行します。ゴーゴーとガッタンの音が
          一層、心地よく響きます。 爽快ですな。

Dscf5620

           瀞流荘駅に到着。トロッコ電車とレールマウンテンバイク、終わりました。
         このレールマウンテンバイク、以前、ブログ「いそしずのライナーノート」で教
          えてもらって温めていたものです。いそしずさん、お元気でしょうか。
       
Dscf5624

                 ちょっと長くなってしまいました。ご勘弁ください。トロッコ電車も
                            レールマウンテンバイクも、下記が窓口です。
             入鹿温泉ホテル瀞流荘 ☎ 0597-97-1180 熊野市紀和町小川口158

201809131606242                                  (瀞流荘のパンフより)
            
                        ポチッとよろしく!                            

« 赤木城址と鉱山資料館/熊野② | トップページ | 瀞峡から果無集落へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/67350540

この記事へのトラックバック一覧です: トロッコ電車と ≪熊野行③≫:

« 赤木城址と鉱山資料館/熊野② | トップページ | 瀞峡から果無集落へ »

無料ブログはココログ
フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック