« 大阪・池田で“高低差”歩き | トップページ | 大阪・池田で“高低差”歩き ③ »

2018年4月30日 (月)

大阪・池田で“高低差”歩き ②

         新之介さん主宰の大阪高低差学会のフィールドワークで行った池田・五月山
        周辺の続きです。細い谷筋の急坂を下ります。

Dscf9498_2_2

          下から見ると、ちょっと壮観です。

Dscf9506_2_2

          下りでやれやれと思っていたら、また、上りに掛かりました。

Dscf9509_2_2

Ikeda_fw_12

          五月山体育館の南面にも、深い谷が刻まれています。

Dscf9519

          都市緑化植物園への上り坂に入ります。

Dscf9520

          スイカズラ科のオオデマリに癒されて、小休止。
 Dscf9525_2

          五月丘の“眺望”を見るため、長く、だる~い坂道を進みます。しんどいな。
 Dscf9540

          だいぶ遅れて到着。先着のみなさんは、既にリラックス。

Dscf9542_2

          中々の眺望です。うっすらと浮かぶ背の高いビルは、ハルカスかな。
 Dscf9563_2 

          さて、急な断層崖をジグザグに下ります。足許注意。
 Dscf9565_2

              塩塚公園の藤棚。小休止なし。

Dscf9581

          五月丘緑地に入ります。また、上りかいな・・・。
 Dscf9585_2


                  2回で終われませんでした。もう1回、続きます。



                              ポチッとよろしく!

« 大阪・池田で“高低差”歩き | トップページ | 大阪・池田で“高低差”歩き ③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
池田市の街の風景は私にとっては懐かしいものがあります。
今から半世紀近く昔の昭和44~45年に池田に学生で下宿していたことがある
からです。その頃とは駅周辺から何からまったく変わってしまったでしょうがね。
以前、「正ちゃん」という人が池田市をcocologでよく紹介してましたが、2年前に
途切れちゃいましたね。

平戸皆空さん

 コメント、ありがとうございます。
池田で学生下宿と云えば、阪大でしょうか。
京阪沿線の住民なので、阪急宝塚線方面は詳しくないのですが、
阪急の高架化でだいぶ様相が変わってきているようですね。

はい、阪大に5年間通いました(!)
そのころ石田あゆみがデビューしたばかりでした。それで池田に下宿したわけ
ではなかったんですが、この町を歩く女性がみな美人に見えて感激した記憶が
ありますsign01lovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/66652139

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・池田で“高低差”歩き ②:

« 大阪・池田で“高低差”歩き | トップページ | 大阪・池田で“高低差”歩き ③ »

無料ブログはココログ
フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック