« 垣根のミニバラ | トップページ | クマバチの巣? »

2016年6月 6日 (月)

大阪の「真田丸」歩き ④

 
 “真田幸村”終焉の地は、四天王寺界隈、一心寺北側の「安居神社」と云われています。
   Dscf2993202

   Dscf2226
 
 Dscf2996202_3
  
 南側(一心寺の北向い)からの参道は、ビルの隙間の階段です。
 Dscf3002202
 
 安居神社は、上町台地の高台にあります。西側の参道も急な階段です。
 Dscf2228

 北側は“天王寺七坂”の一つ、「天神坂」からの上りです。かつての「逢坂の清水」を再現したらしい小さな水路がありました。付近には、マンション建設反対の幟が林立していました。
  Dscf2972202_2   
 
 安居神社境内にも、「安居の清水」と云うのが遺されています。(崩落ゆえ立ち入り禁止です)
 Dscf2982202

Dscf3145202

 さて、一心寺の山門をかすめて、茶臼山へ向かいます。一心寺の山門は、奇抜そのもの。
 Dscf3012202_2
 
 一心寺から南へ少し歩けば、茶臼山。大坂冬の陣では家康が、大坂夏の陣では幸村が本陣を構えたところです。ここ、古墳やと云われてきましたが、違うようですな。
Dscf3021202

 Dscf3014202

 河底池にたたずむアオサギ・・・。市立美術館の傍を南東へ抜けると、まもなく天王寺駅前です。
 Dscf3027202
   

◆ここまでのコース地図は、大阪市天王寺区役所発行の「真田幸村めぐりルート」と幸村企画発行の「ぶらり史跡めぐりHAND BOOK」より使わせてもらいました。

  
                             ポチッとよろしく!

« 垣根のミニバラ | トップページ | クマバチの巣? »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/63692875

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪の「真田丸」歩き ④:

« 垣根のミニバラ | トップページ | クマバチの巣? »

無料ブログはココログ
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック