« 九度山の“真田丸” ① | トップページ | 雨のチューリップ »

2016年5月 9日 (月)

九度山の“真田丸” ②

 道の駅「柿の郷くどやま」は、丹生橋を渡った丹生川の対岸です。
  Dscf4584202_2

 鯉のぼりの川渡しは、恒例の行事になっています。
 S0094644202

             道の駅に出ていた“子持ち鮎の燻し焼き”が美味至極。
   Dscf4709
  
             道の駅に出店していた みかんの丸絞り器。確かにうまかった。
 Dscf4608_2   

        慈尊院。弘法大師の母君の寺。この日は、何かエライ人の視察があったよう。
   Dscf4609203_3

             ここの絵馬は、全て乳房付き。
          Dscf4611_2
 
 丹生官省府(にうかんしょうぶ)神社。タモリが好きな、断崖の“へり”の上に建つ。長い階段に思わずため息!
  Dscf4616

 弘法大師が慈尊院を建立した際、地元ゆかりの二神を祀った神社。白黒2頭の犬が神様の使いとか。
 Dscf4618202

 九度山駅への戻りみち、「町屋の人形めぐり」の続きです。
  Dscf4669202

 こうした展示町屋は、54もあるのです。
  Dscf4668202

 話し好きのお年寄りが出て来られることが多いです。
  Dscf4670

 米金(こめきん)の金時像。大正時代に作陶された九度山焼。こんな大きな陶像は珍しいよう。
   Dscf4679202_2
 
  こんなところも、六文銭と赤備えカラー。
 Dscf4682202

 そうそう、九度山駅と道の駅をつなぐ、町内巡回バスも、このカラーでした。
 Dscf4685
 
 南海のホンネでは、橋本~高野山を「高野線」、難波~橋本は、「林間田園都市線」と呼びたいらしい。それなら、高野線は“高野登山線”と呼ぶのがエエぞ!
   Dscf4688_2

 橋本への電車も、こんな具合でした。
  Dscf4512202_2

 

                        ポチッとよろしく!

« 九度山の“真田丸” ① | トップページ | 雨のチューリップ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/63586595

この記事へのトラックバック一覧です: 九度山の“真田丸” ②:

« 九度山の“真田丸” ① | トップページ | 雨のチューリップ »

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック