« 我家の牡丹 | トップページ | 九度山の“真田丸” ② »

2016年5月 6日 (金)

九度山の“真田丸” ①

  真田幸村らが雌伏のときを過ごした高野山麓の九度山(くどやま=和歌山県)へは、南海電車の「真田・九度山きっぷ」で出掛けました(5/1)。橋本駅で対面シートのシャレた各停に乗り換えです。
   Dscf4508

 真田庵。幸村・唱幸親子が隠れ棲んだ屋敷跡。
Dscf4544

 九度山・真田ミュージアムの前で、文化観光大使の“ゆっきー”と幸村に扮した戦国ジオラマの武将役。この兜は紙製でしたな。
   Dscf4676202_2
 
 まずは、真田庵と九度山・真田ミュージアムを経て道の駅まで行きます。
 Dscf4523202
       
           町屋の人形めぐりも開催中。
  Dscf4526202
 
            すべて5円玉で作られた兜。店主の奥さんの労作。
 Dscf4525202_2
       
           地元の方々の手作り、“戦国ジオラマ”
Dscf4527

           とある民家の塀に、大漁旗風の大きな旗。
 Dscf4534

           ブラタモリが見逃した、抜け穴伝説の真田古墳。(古墳ゆうてもなぁ)
 Dscf4537

           古墳の石窟のようでもあるが、横穴が続いていたりして・・・。
 Dscf4539202

           雷を捕らえて封じ込めた井戸。一休さんにも そんな逸話がありましたな。  
 Dscf4552

                        真田地主大権現。昌幸・幸村・大助の三代の御霊が祀られています。
Dscf4560

         南海の「真田・九度山きっぷ」には、ここの入場引換券がセットされています。
 Dscf4567
 入場直後に、グループで記念撮影。ミニサイズの写真(裏面にDNPの印行)をくれますが、大判の写真は、当然ながら有料。
Dscf4568

          15分ほどの映像ストーリーを見て・・・。
           Dscf4569202
          
           鉄砲の重さを実感したりした・・・。 
Dscf4574202
 
            テレビでみた、みた・・・、
Dscf4577202

            そや、そや・・・、
 Dscf4578202

           などと云いながら・・・、人混みの中を進みました。
 Dscf4580


            次回に続きます。

                              ポチッとよろしく! 
                             
 
           

« 我家の牡丹 | トップページ | 九度山の“真田丸” ② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/63575962

この記事へのトラックバック一覧です: 九度山の“真田丸” ①:

« 我家の牡丹 | トップページ | 九度山の“真田丸” ② »

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック