« 庭のいろどり <8月> | トップページ | イトトンボとの戯れ »

2015年8月25日 (火)

「蜻蛉(せいれい)の滝」

 先々週、TV番組で「せいれいの滝」を紹介していました。それどこや、と見ていると、赤井英和ご一行が向ったのは、奈良県吉野郡川上村でした。大台ケ原へ行く途中やないか。知らんかったなぁ。と云う訳で、暑さも少しマシになった先週末、明日香村経由、一路、川上村をめざしました。

    8162015_117
   

  中ほどからのぞきこむと、滝壺まで、50mぐらい。
  

  
  8162015_119



  8162015_132

 

 
  
  この滝、上部から滝壺近くまで、螺旋階段で移動できます。ちょっと怖いけど・・・。


 8162015_126   


  

  8162015_124


 高さがあるので、全体を写すのに苦労します。


8162015_125


  8162015_130




  
  8162015_139

  改めて、螺旋階段を登り、上部に戻ります。


   
  8162015_149


  8162015_120_2  


  滝口は、ちょっとした溜まりになっています。
 
  8162015_153
 
  ちょっとビビりながら、滝口からのぞきこむと・・・。 


  8162015_151


  その下の方を撮ろうと、精一杯、手を伸ばしてみました。滝は、二段になっています。


  8162015_122   
 

  
  

         滝の上へ、こんな道を登ります。

  

  8162015_156

  途中で、あまり怖そうでない吊り橋を渡ります。これで音無川の対岸に渡るわけです。


  8162015_159
  

  桜の枝越しに見る「蜻蛉の滝」。春なら、もっとエエ感じやろな。

  

  8162015_165

  

  
  8162015_164

         散策路を倒木の根っこがふさいでしました。      
  
        長く続くパイプは、地区の水源からの導水路でしょうな。


  
  8162015_170
  
  
       ようやく人里に降りてきた感じです。

  

  
  
  8162015_172

 左手を降りてきました。右へ行くと、滝巡りの出発地点、「あきつの小野スポーツ公園」の広い駐車場(無料)です。
  
  

  8162015_174


  8162015_175

  
  滝周辺は、公園として整備されています。ちょうど、逆U字形に回ってきたことになります。


 8162015_104

  
  滝の下流は、水辺の公園になっていました。

  
  
  
  

  8162015_106


  8162015_108

       「蜻蛉の滝」への登り口は、こんな感じです。

  
  
  

  8162015_112

       マムシに注意は、この辺では定番ですね。

  
  

  8162015_114


 ■ 「蜻蛉の滝」へは、近鉄大和上市駅から、杉の湯行きバス(樫尾経由)で西河下車、歩20分。


                             ポチッとよろしく!

« 庭のいろどり <8月> | トップページ | イトトンボとの戯れ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/62146380

この記事へのトラックバック一覧です: 「蜻蛉(せいれい)の滝」:

« 庭のいろどり <8月> | トップページ | イトトンボとの戯れ »

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック