« 奥高野、立里荒神へ | トップページ | 高野山の麓、だるま湯にて »

2015年4月27日 (月)

高野山から麓の温泉へ

  霧の立里(たてり)荒神から高野山の奥の院前に戻ったのは、13時の少し前。次のバスは、奥の院前を15時発車なので、遅めの昼食のあと、奥の院の参道を散策しました。

    

411122015_054_2     
  
 

  高野山は、開創1200年で盛り上がっているようですが、西側の金剛峯寺や壇上伽藍が建つエリアとは違うのか、奥の院の参道は、いつもと変わりない静けさでした。

  
  

  411122015_082_2


  この樹の右手を上がった先には、以前、勤めていた会社の物故者慰霊碑があります。


411122015_056


 

  411122015_064

  パワースポット、“弘法大師の腰かけ石”

 
 411122015_067
   

 ちょっと人の顔っぽい・・・。
   

  411122015_079


 

  411122015_074



 
411122015_072


 

 411122015_075


  ビルマ戦死者の慰霊塔、パゴダの塔。親父が関係する戦友会で祀っていました。


  411122015_084

 ラジオドラマ、“お父さんはお人好し”を聞いた記憶がある。相方は、浪花千恵子やったな。
 
  

  411122015_086


  さて、そろそろ次のバス、一日一便の“高野マリンライナー”の時間です。


  
  411122015_088

           このバスは、地元の大十バスが和歌山マリーナシティから高野山へ季節

           運行しているもので、この日、フランス語?を話すカップルも乗っていました。
  
  

  411122015_093

             奥の院前から一時間、降りたところにあるのは、一軒家の温泉です。
  
 
  
  

  411122015_094

             藤の森不動温泉 「だるま湯」です。昭和63年の橋の架け替え工事で

            偶然、発見された天然温泉で、皮膚炎に卓効の療養泉だと云います。
 

411122015_098

  411122015_165  

  
 

 宿の周囲の山桜は、散り果て寸前でしたが、頑張って残っているのもありました。

 
  

  411122015_129
  
 

  
  
  411122015_131
 
 

4252015_155


  とりあえず、温泉につかりました。

  ややぬるめなので、ゆっくり出来ます。露天風呂には、桜の花びらが浮かんでいました。

   ここの温泉水は飲めるので、湯上がりに冷たいのをいただきました。エグ味が全くなく、ほんのりした甘味を感じます。

  続きます・・・。


                            

  ポチッとよろしく!

« 奥高野、立里荒神へ | トップページ | 高野山の麓、だるま湯にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/61494104

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山から麓の温泉へ:

« 奥高野、立里荒神へ | トップページ | 高野山の麓、だるま湯にて »

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック