« 大坂城跡の発掘現場 | トップページ | 高野山から麓の温泉へ »

2015年4月24日 (金)

奥高野、立里荒神へ

 先々週、ちょっとマニアックな小旅行を企画しました。南海高野線、特急こうや号で、極楽橋駅に着くと、発車間際の「天空」が並んでいました。


  411122015_014_3
  
  

                ここ、極楽橋駅からは、ケーブルカーで高野山駅へ向います。

  

    
  411122015_016


      ところが、高野山駅前は、霧の中・・・。


  411122015_018


              霧の中、立里(たてり)荒神へ向う一日2便(冬期は1便のみ)の小型

              “急行”バスは、予約制になっています。

  
   

411122015_021

411122015_020_4  

 

    高野山の奥の院前から高野龍神スカイラインに入り、

   途中で左折して坂を下り、谷底にある野迫(のせ)川村役場
 

   の前を過ぎると、また、登り道です。

 
  
  

    途中、V字形の別れ道に右折では入れないため、一旦

   通り過ぎたところにある転回場で方向転換し左折します。

 
  
  
    

    立里(たてり)へ向う枝道に入ると、“急行”バスは、霧の

   影響もあってか、急な坂道をゆるゆると登りました。

  
  
  



  
  411122015_025_2


  バスが着いたところは、「立里荒神社」の門前駐車場前ですが、雲の中にいるようです。谷からの風にあおられて、下から雨が降ってくる感じ。そして、寒い・・・。
  

  

411122015_026

 階段が長~く続いています。はじめてきたとこなので、この先、どうなってるんかな・・・。

  
 
 

 
   
  411122015_028

 伏見稲荷と違って、重なる鳥居に塗色がありません。

  

  
  
  
  411122015_030

  

  411122015_032

  弘法大師が高野山を開山する際に修行されたと云う、日本三大荒神さんの一つです。

  

  
   
  411122015_034   

  
  
 
 

  荒神岳の山頂にあり、晴れていたら展望もよく、雲海から上がる日の出は絶景だとか。

411122015_036

  

   411122015_039

 山上のパワースポットにふさわしい、光景です。


  411122015_033

  寒いので、早々に下山し、滞在1時間後にある復路のバスで、奥の院まで戻りました。


  411122015_053

              ここで遅めの昼食。次のバス、一日1便の “高野マリンライナー”が

            出発する15時まで、奥の院の参道を散策です。 (次回に続きます)


  012


 


                   
                            
                               ポチッとよろしく!





     

« 大坂城跡の発掘現場 | トップページ | 高野山から麓の温泉へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/61483012

この記事へのトラックバック一覧です: 奥高野、立里荒神へ:

« 大坂城跡の発掘現場 | トップページ | 高野山から麓の温泉へ »

無料ブログはココログ
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック