« 垣バラが満開・・・ | トップページ | 羽衣線も、浜寺海岸がねらいだった・・・ »

2014年5月30日 (金)

高師浜線(南海)は 捕虜収容所の跡地開発の産物

 大阪の、なんば駅から南海本線の急行に乗ると、15分ほどで羽衣駅です。 

高師浜(たかしのはま)線は、羽衣駅上りホームの南端にある切りかき状のホームから発車します。本線の高架化工事が進んでいるので、しばらくすると、ここも高架になるんやないかな。(廃止の噂もあるそうやけど)

  

  14517_200
   
 
  
 

  二両編成の単線、僅か1.5kmの盲腸線ですが、1時間に3~4本の運行です。


  14517_205


   出発して間もなく、南海本線と別れて右にカーブ、高架に上がります。 


14517_215_2
   

   途中の伽羅橋(きょらばし)駅を出ると、次は、もう終点の高師浜(たかしのはま)駅です。
  ・・・と思ったら、眼下に、真新しそうなダンジリの姿が見えましたよ。なんやろか。


  14517_272


  終点、高師浜駅に到着。


 14517_218


  14517_231


  この駅舎、天井が高く、ステンドグラスもあったりして、ちょっと気になりますなぁ・・・。
 


  14517_264

    
 ちょっとした駅前広場です。大阪府下有数の海水浴場(とっくの昔になくなった)への玄関口でもあったそうです。
 

  
 14517_233


 高師浜線は、大正時代の開業。なんでも、日露戦争のとき、このあたりに、43ヘクタールもの広さの 「ロシア兵俘虜(ふりょ)収容所」 が設けられていたそうで、講和後、陸軍宿舎となっていた跡地を、高級住宅地として開発するのに伴って、線路が敷設されたんやそうです。
  


  14517_232

  駅前広場の一画に、「高師濱入魂式」を祝う横断幕が掲げてありました。はっは~ん、さっきのダンジリのことかも知れん・・・。

  14517_255
  

   高架や云うけど、ちょっと中途半端な高さやなぁ。
    
  

  14517_237


  おっ、ありました。新調しやはったんやそうです。
 


  14517_239


  次の日(5/18)の朝に入魂式、その後に試験曳きやと云うことでした。
 


  
   14517_244_10


  ダンジリの “タイヤ” ですな・・・。
 
  

 14517_241_3


  次の電車が入ってきました。ボチボチ帰ろかな。


  14517_246

 
 昭和45年に、高師浜線を高架化したとき、駅舎は高架下に設けられる予定だったのが、地元の要望もあって、そのままの駅舎が使われることになったようです。それゆえ、ちょっとチグハグな構造になっています。   

  
  

14517_267

   
  ホームの隣には、瀟洒な邸宅の庭が見えます。かつての高級住宅地の片鱗でしょうか。
  
 

  14517_269
 

 途中駅の伽羅橋駅。この先のカーブを下ると、もうすぐ羽衣駅です。

  

  14517_274_2

  
 
  羽衣駅に戻ってきました。
  
  

    14517_282
  
 
  
 高師浜線を取材したのは、5月17日(土)のことでした。


  14517_287_2

  このあと、すぐ近くにある、JR 東羽衣駅から阪和支線(羽衣線)に乗って、JR 鳳(おおとり)駅に向かいます。


                          ポチッとよろしく!

  

« 垣バラが満開・・・ | トップページ | 羽衣線も、浜寺海岸がねらいだった・・・ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/59727372

この記事へのトラックバック一覧です: 高師浜線(南海)は 捕虜収容所の跡地開発の産物:

« 垣バラが満開・・・ | トップページ | 羽衣線も、浜寺海岸がねらいだった・・・ »

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック