« 庭の彩り <3月> | トップページ | あめの “ハルカス” »

2014年3月17日 (月)

堺の言い伝え ≪一休禅師の足跡 ⑪≫




 
 全線200円均一料金になった阪堺電車が、大和川を渡って堺市の大道筋に入ってしばらく、「妙国寺前」 電停から東に5分ばかり歩いたところに、その観光案内板がありました。 
  
 

  

2014315_186_3                                     (クリックすると拡大出来ます)


  振るわぬ扇子屋に、白扇をもってこさせ、一休禅師が黒々とカラスを描いて売らせると、これが大ヒット。“一休扇子”と評判になったことから婿養子に請われたそうな。
  

  
 終わりの方の、“一休が 墨ごろも着て 婿入りは 扇に描いた 烏(からす)なるらん” と云う狂歌は、絵に描いた餅ならぬカラスをもじったんでしょうな。

     2014315_193_2

  材木町公園と云う公園の地が、その舞台跡に関係するのかどうかは知りませんが、それにしても、この案内板の記述のように、応仁の乱の後ならば、一休禅師は、このとき、70歳を過ぎているはずです。ムコ云うてもなぁ。 

    001

 
  
 さて、舞台は代わって南宗寺です。阪堺電車の「妙国寺前」に戻って、さらに5駅、南下すると、「御陵(ごりょう)前」です。そこから東方向へ5分ほど歩いたところに、その北門がありました。 


  2014315_234

 

  ところで、禅師は、40歳ごろにも、堺に住まいしたことがあるそうです。それが「南宗寺」だとか、「南坊」だとか云うのですが、現在の「南宗寺」は、その100年以上のちに創建された寺なので、別なんでしょう。「南坊」と云う前は、「集雲庵」と云ったとも云い、現在の南宗寺境内に “南宗寺酬雲庵跡” の碑があるそうです。(今回、確認せず)

    

 
  2014315_203

  そう云えば、「集雲寺」と云う寺が宿院の東にあって、一休禅師と弟子(実子?)紹偵が住まいしたと云う「集雲庵」に似ていますが、大阪夏の陣後の建立なので、まるで異なります。

 2014315_208_2


 現在の南宗寺は、戦国武将の三好長慶(よしなが)がが父祖追善のために、1557年に創設したそうです。一休禅師の入寂から70年以上のちのことですな。


2014315_207
 

  でもまあ、このへんに、一休禅師ゆかりの“南宗寺”もあったみたいなので、拝観してみましょう。
  

  
  
  2014315_214 


   千利休や澤庵和尚もゆかりのある寺なので、茶室がしつらえてあり、この日も、茶会が催されていました。 

  
  
  
 
  2014315_218_2



  

 
  2014315_220

  ところが、この南宗寺には、“徳川家康の墓” があり、東照宮(拝殿)あとには、立派な東照宮跡碑が建立されていて、その背面には、あの松下幸之助翁の名もありました。
  

  
 
  
  
 2014315_227

 この東照宮拝殿跡碑は、徳川家老の末裔だと云う人によって昭和42年に建立されたそうです。

 
   
 
   
  
 2014315_229

  現在の南宗寺は、臨済宗大徳寺派の禅寺であり、文殊菩薩が見守る禅堂では、予約すれば、誰でも参禅できるそうです。 
  
 
  
       
  2014315_230
 

  坐雲亭は、山内最古の建物。ここには、徳川秀忠、家光の両将軍の相次いでの御成を記した板額が掛かっているそうです。これ、家康戦死(寺内に仮埋葬)の伝説に重みを与えてますなぁ。
  
  

 
  2014315_216
 
 
 
  家康サンが大阪夏の陣の茶臼山の戦で敗れ、駕籠で逃げる途中、後藤又兵衛の槍に突かれたそうな。辛くも堺まで落ち延びたが、駕籠のなかで事切れていた遺骸を南宗寺開山堂下に隠し、のちに改葬したらしい。
  

 
  
  2014315_237

 そんな伝説と、現在も三つ葉葵の紋の屋根瓦の唐門があることなどを知ると、堺衆のやることは、よう分りまへんなあ・・・。


  2014315_236_2


  2014315_238

  参考  水上勉著 「一休」 昭和55年中央公論刊

    
    

                        ポチッとよろしく!



  

 

  
 

 

« 庭の彩り <3月> | トップページ | あめの “ハルカス” »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/59303070

この記事へのトラックバック一覧です: 堺の言い伝え ≪一休禅師の足跡 ⑪≫:

« 庭の彩り <3月> | トップページ | あめの “ハルカス” »

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック