« 茨田堤(まんだのつつみ) と大楠 | トップページ | アオサギの舞い »

2014年2月28日 (金)

「びわこ号」が出ていました

  先週、京阪電車で京都方面からの帰途、車窓から寝屋川車庫(寝屋川市駅-萱島駅間)を何気なく見おろしていると、あのクリーム色の「びわこ号」の姿を見つけました。
  

2014223_157

  萱島駅から、1時間に1本ある、寝屋川市駅行きのコミュニティバス “タウンくる” に乗って、「電鉄車庫前」 に駆けつけてみました。

  
2014223_126

  外からフェンス越しには、ちょっと見えない位置に、青い“構内入替車”に並んで停まっていました。コンクリートの塀とフェンスの隙間から、長玉で、やっと撮れました。

  車庫に入った電車から降りてきた、若そうな乗務員の方も、しげしげ、見ながら通り過ぎているようでした。


  
 2014223_152


  寝屋川市のブランド戦略室など、この「びわこ号」を走る姿に復活させようと、「びわこ号復活プロジェクト」が活動をすすめているそうです。

  「びわこ号」は、かつて、天満橋-三條-浜大津を直通した特急です。京津線の急坂・急カーブを走り抜けるため、2両の連結部分を台車に乗せた “連節車” と云う特殊な構造になっていて、集電ポールとパンタグラフの両方を備えている変わった電車です。 いつもは、寝屋川車庫の建屋内で保存されているものです。



                            ポチッとよろしく!



   

« 茨田堤(まんだのつつみ) と大楠 | トップページ | アオサギの舞い »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

自分も今週、京阪電車で大阪方面へ出かけましたが、大阪方面行きに乗ると、最寄り駅から萱島駅の間の車庫の様子が気になって、ついつい見てしまいます(^^ゞ。

たしかに「びわこ号」と元大津線70形の「構内入替車」が、車窓から確認できました。

「びわこ号」を動かせるようにするために、募金をしなくては・・・と思っている、今日この頃です。

こんばんは~
びわこ号復活プロジェクト 進んでるみたいですよね~
レトロな車両が走るのを
楽しみにしてますです~♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/59204714

この記事へのトラックバック一覧です: 「びわこ号」が出ていました:

« 茨田堤(まんだのつつみ) と大楠 | トップページ | アオサギの舞い »

無料ブログはココログ
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック