« 植木鉢で出来た “人形オブジェ” | トップページ | 宇治の秋色 »

2013年11月18日 (月)

軍師 「黒田官兵衛」 ゆかりの 心光寺

 現在、姫路城は、50年に一度の大修理のため、工事用の素屋根に覆われていますが、来年1月から放映予定のNHK大河ドラマ 「軍師 官兵衛」にあやかって、姫路城下の家老屋敷公園に大河ドラマ館が誕生するなど、中々のにぎわいです。




  そんな折、縁戚の法事で訪れた「心光寺(しんこうじ)」の門前にも、「姫路ゆかりの 黒田官兵衛」 の幟が立てられていました。

 ちなみに、この幟を立てたスタンプラリーのポイントは、兵庫県下に全部で24ヶ所設定されているそうで、中には、西播磨の宍粟(しそう)市の長水(ちょうずい)城址と篠ノ丸(ささのまる)城址も含まれています。



  

002





  心光寺は、姫路市北平野台町の県道516号線の峠にあり、平成2年に旧市内から移転してきたんだそうで、比較的新しいたたずまいです。




 

 012




 

 現在、心光寺には、官兵衛の祖父・重隆(しげたか)公、重隆公内室、官兵衛の父・職隆(もとたか)公、職隆公内室らの位牌が祀られた「黒田家御霊屋」とともに、黒田家廟所から移築した門、燈籠が残されているんやそうです。




  

 009






  本堂の一画に設けられた 黒田家御霊屋は、撮影禁止なので、外観だけ写しましたが、大きな位牌が6つ並んでいました。




 


004





  中には、「黒田武士」銘の清酒の菰かぶりも置かれていました。
官兵衛の嫡男、長政が筑前黒田藩主となった時代の、母里太兵衛友信(もりたへいとものぶ)の酒にまつわる逸話と云うのを思い出しますな。

 「酒は呑め呑め、呑むならば・・・」と云う、現在の黒田節は、もともとは、筑前今様と云う藩歌が元歌やったそうです。




008





 



 007


 



 本堂内は、なかなかに荘厳なもので、由緒を感じさせられます。 


 

006




 
 ちょっと開けた峠に位置するからか、明るい庭園です。


 


 011



 


 なんでも、心光寺の前身は、真言宗梨原寺と云う御着城主小寺氏の菩提寺やったのを、官兵衛の父・職隆のとき、浄土宗寺院に改宗・改築し、黒田家の菩提寺としたんやそうです。



 


 


 014




  その後、心光寺は、職隆が姫路城へ移るのに合わせて姫路に移されたんやそうな。
こんなことを知ると、黒田官兵衛の生きざまにも通ずるものがあるように感じさせられますなぁ。


 



 001

 






  おっと、ところで、官兵衛は、高山右近に導かれて、キリスト教に入信していて、「シメオン」 と云う洗礼名を受けていたんやと・・・。







20131112_042



 心光寺へは、姫路駅より神姫バスで「御立(みたち)東口」か、「田寺東4丁目」下車が便利です。バス停から歩5分、老人ホーム・サンライフ御立の南側。




                          ポチッとよろしく!




  

« 植木鉢で出来た “人形オブジェ” | トップページ | 宇治の秋色 »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

心光寺は立派なお寺ですね。
木魚寄進なんて珍しいですね、
思わず、木魚を寄進することによってご先祖様の
供養になるのかなと思ってしまいます。

バス停の読みに間違いがあるのでお知らせを。
「御立」は「みたち」と読みます。

心光寺はわたしの家の菩提寺です。木魚寄進は1万円からだったかなw供養になんてなりません。
先代の住職は、優しくて立派な方でしたが、代替わりしてから生臭坊主です。
母が亡くなった時、みじか~いお経をあげて、くるっと振り向いてお金の話を・・・
自分が死んだらこの坊主がお経詠むんか?と思うと絶望して、キリスト教に転じました。

キリシタンてんちゃんさん、御立の読みの件、ご指摘ありがとうございます。さっそく訂正いたしました。住職の評判は知りませんが、まあ、いまどき、そんなもんかも知れまへんなあ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/58593237

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師 「黒田官兵衛」 ゆかりの 心光寺:

« 植木鉢で出来た “人形オブジェ” | トップページ | 宇治の秋色 »

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック