«  庭のいろどり ≪11月≫ | トップページ | 動乱の京を避けて隠棲した「尸陀寺」跡 <一休禅師の足跡 ⑨> »

2013年11月 4日 (月)

幕末に焼失した “大船鉾” を復興製作中

 JR京都駅の北にある、京都ヨドバシカメラの烏丸通に面した北角の一階に、「京都市無形文化遺産展示室」 が出来ていました。(下の写真は、展示室のパンフレット)


 


 

20131013_337






 平成21年に、「京都祇園(ぎおん)祭の山鉾行事」 がユネスコ無形文化遺産に登録されたことから、同行事のあらましを紹介するとともに、江戸末期まで、祇園祭の後祭の最後尾を巡行していたと云う、「大船鉾(おおふなぼこ)」 の復興製作過程にある実物が展示されていました。


 

20131013_309
 



 

 「大船鉾」 は、幕末の蛤御門の変(はまぐりごもんのへん)で船体を焼失、以後、休み鉾となったままです。

 展示中の鉾の復興が完成すると、33基目の鉾、「大船鉾」の巡行が復活することになるそうです。 


 

 

  20131013_313





 


 

 20131013_326





 釘を一本も使わず、荒縄でていねいに縛ってゆく工法によって組み立てられる山鉾。これを「縄がらみ」と呼び、毎年、組み立てと解体が繰り返されるんやそうです。



 


 20131013_318



 
 

 10トンもの重量を、荒縄で緩やかに固定することによって、山鉾の全体に分散して吸収すると云う、柔構造を実現しているんやそうです。




 
20131013_324





 




20131013_305
  

 

 


  さすがに今風な展示ですな、昔と今の “山鉾巡行” の模様をCGで再現していました。

 




 

20131013_323

 

 参考資料 

    ユネスコ無形文化遺産 「京都祇園祭の山鉾行事」 (平成21年、京都市発行)


 



                       ポチッとよろしく!




 

 

 

«  庭のいろどり ≪11月≫ | トップページ | 動乱の京を避けて隠棲した「尸陀寺」跡 <一休禅師の足跡 ⑨> »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/58423668

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末に焼失した “大船鉾” を復興製作中:

«  庭のいろどり ≪11月≫ | トップページ | 動乱の京を避けて隠棲した「尸陀寺」跡 <一休禅師の足跡 ⑨> »

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック