« 比叡山を横断してきました。 | トップページ | 萱島 「くすの木太鼓」 の面々 »

2013年7月22日 (月)

「ぐるっと琵琶湖 島めぐり」 に行ってきました

 比叡山横断のあとは、おごと温泉です。かつての雄琴のイメージを払拭、ちょっとリッチなお宿が多いようです。この日の泊りは、「湯元館」。館内で4つ、湯めぐりできるのですが、翌朝を含め、3つに入りました。


 こんなときの楽しみは、なんと云っても食事。館内料亭の個室で、「鱧と近江牛の饗宴」をいただきました。
  





201371314_105


  
  


 まだまだ、あとから出てくるのですが、写真を撮ったのは最初だけ、あとは忘れてました。鱧(はも)も、湯引き、しゃぶしゃぶ、天ぷらとあって、旨いの一語です。A5認定の近江牛ステーキ、霜降りたっぷりで上質なんやけど、我が口が貧しくて、ちょっと合いまへん。

 





  201371314_108



 


  土産ものコーナーで、一休禅師ゆかりのものを見つけました。 

  大覚寺納豆や、一休寺納豆(京田辺)のように、一休禅師考案によるものかは不詳ですが、滋賀県の堅田(かただ)は、若き日の一休さんの修行の地であり、カラスが鳴いたのを聞いて悟りを開き、「一休」と云う名を与えられた地でもあります。いつかまた、詳しく触れることになりまっしゃろ。
   
 






  201371314_109 




  

 

  

 



 

 
 

201371314_111

 






  朝食も、夕食と同じ個室でいただきました。落ち着つくので、よろしいなぁ。
レモン添えの魚は、琵琶湖の鮎の一夜干し。琵琶湖の鮎は大きくならんので、小振りです。

  

  

201371314_119

 




  

 さて、宿から歩いて5分のところにある 「おごと温泉港」 から、琵琶湖の島めぐりに出発です。琵琶湖汽船のこのコースは、予約がないと、寄港しません。15分前に乗り場に着いても、誰もいません。大丈夫かなと思っていたら、どこからか係の人が来て、名前を聞かれました。よしよし。(大津港からの船に途中乗船)

  
  

  
 


  
  201371314_143_2
  




  どたっと寝ていたワンコですが、リードが長かったので、迂回しました。

   

  201371314_144




  
  
  
   
 

 201371314_142


  

 港なのに、潮の匂いがないのは、ちょっと違和感がありますな・・・。



  

  
  
  
  
   201371314_122




  


  やってきました、本日一日乗る 「いんたーらーけん」 です。
スイスの観光都市インターラーケン市と滋賀県大津市が姉妹都市になっていて、そのよしみで名付けられたそうです。そう云えば、ユングフラウヨッホへの登山電車の戸袋の上に、琵琶湖の形のプレートが付けられていたのを思い出しました。

 

 201371314_151 


  
  
 

  

  途中乗船なので、船内にて乗船チケットを買いました。
  

  

    201371314_439




  

  
   
  
 




  

  201371314_177




 
 対岸の烏丸半島にある風力発電の風車のプロペラは、止まっていました。

  


  201371314_159



      堅田の浮御堂(うきみどう)です。


   
  201371314_162





  
  琵琶湖大橋をくぐります。天気が少しあやしくなってきました。
  



  201371314_175



 

  

  「沖島」が見えてきました。一つ目に上陸する島です。



 

  201371314_194  



  


  

  201371314_202  


  


  


  


  
 201371314_206


    
  

  

  







  201371314_210



  


  201371314_212




  島内には、クルマは一台もない(フォークリフトはありました)そうです。大抵の家は対岸にガレージを持っていて、クルマはそこにあるらしい。

  なのに、バス停がありました。「堀切港」 と云うのは、対岸の船着き場だそうです。



  201371314_209




  
 島内の有力な交通搬送手段は、三輪自転車。路地のように狭い道が多いので、重宝されているようです。


  
  

  
  201371314_216

  

  

  

  

  201371314_219


 

  

  島の中心部には、「おきしま資料館」がありました。

 



  

201371314_222
 
  
  

 

 


 

 湖に浮かぶ島で、人が住んでいる島(浮いている“島”は別)と云うのは、世界的に少ないのだそうです。島には、縄文時代の遺跡もあって、藤原不比等が湖上の交通安全を祈願して建立したという「奥津嶋神社」が、湖上を行きかう船人から崇拝されてきた歴史があるそうです。現在の人口は、350人と云うことでした。

  
 

  



  
 201371314_224 

  

 

  


  

  沖島の漁は、「待ちの漁法」と云われるものが多いそうです。魚を追わず、エリやヤナのように、魚が自主的に仕掛けに入ってくれるのを待つ訳です。
 

  
 

 

 

 

 

 

  201371314_226
  
  

 

 

 

 

 

 

  201371314_225_2



    

   
    


  


  

  

  

 


  


   

  

  201371314_228 

 


  


  



 

 

 

 


  
 小雨が降り始めました。

  
  


  

  201371314_232

   

 




  


  201371314_230

 

  

  

  201371314_229
 


  


  

  201371314_235

  「奥津嶋神社」です。
 




201371314_238
 
 

  

  
 


 





   

  201371314_245

 


 


 
 


 


 201371314_246
 
 


 


 港に戻ってきました。「いんたーらーけん」に再乗船です・・・。

  


  

  201371314_248
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 201371314_252



 
 


 


 船中で用意された弁当。琵琶湖固有種であるビワマスの煮付けや鮎の天ぷら、手長エビと小鮎の佃煮などが入っていました。沖島の漁業組合婦人部特製ですが、佃煮は、昨日の宿のと違って、甘くなく、素朴な味でした。(時期によっては、「湖国の恵み弁当」の時もあるらしい)
 


 


 

 201371314_254

 

 
 
 

 

 

  
 

   

  

  
  沖の白石です。白く見えるのは、鳥の糞だそうです。
 

  

  このあたりの水深は80mもあるらしく、湖底から100mほどの山の頂きが突き出ている状態なんやそうです。


  

 
 
  
  

201371314_260

 

 

 

 

 

 

 

201371314_258  

 

 

 

 
  

  
  
  
  

 

 



 

 竹生島港に着いたとき、突然のスコール。石段を滝のように雨水が流れ、登るのを躊躇するほどでした。
 


 


 


 201371314_267_2


 

     

  

  

  

  201371314_268

 


 


 その雨も、10分ほどでやみ、薄く日が差す時もありました。やれやれ・・・。
 

 

 

 

 

 
 201371314_270
 

 

 

 

 

 

  201371314_271


 

 

 

 

 

 

 201371314_273 

 
 

 

 

 

 

  
 

 

 

 

 

  201371314_277


 

 

 

 

 

 

 201371314_281
 

 

 

  

  竹生島の「宝厳寺」は、西国三十三ヶ所観音霊場の第三十番札所で、大弁財天が祀られた古刹です。

 

 

 

 

  201371314_283


 

 

  豊臣秀吉の御座船 「日本丸」 の船櫓を利用して建てたと伝えられていますが、天井をみれば、船を利用したものであることがわかるそうです。
 

 

 

  201371314_287


 



 

 

 

  201371314_289


 

 

 

 

 

  201371314_297


 
 

 

  竹生島へは、長浜や近江今津からの船もあり、ライオンマークの近江鉄道系の船も来ていました。
 

 

 

 

  201371314_299

 

 

 

 

 

 

 

 
  201371314_296



 

 

 
  

  

  竹生島港を出た 「いんたーらーけん」は、一旦、長浜港に寄港します。片道参加の方は、ここで下船と云うことになります。また、燃料補給などのメンテナンスのため、通しの乗客も、一旦、下船して待合所にて休憩です。
 

 

 

  201371314_298
 

 

 

 

 

 

  201371314_311





 

 

  201371314_308


 

 

 

 

 

   201371314_304
 

 

 

 

 

 

 

  201371314_445

 

 

 

  ようやく、「ぐるっと琵琶湖 島めぐり」 コースの折り返し点まで来ました。
復路で上陸する島は、「多景島」一ヶ所だけなので、船内で何かイベントがあるようです。



  7月21日、今日は参議院議員選挙の投票日でしたな。速報を見てると、票を投じた人の当確が出ていました。この当確、開票率ゼロで出すっちゅうのは、選挙をないがしろにしてるんと違うか、てなことをチラっと思ったりしてしまいました。マスコミが選挙してるんかいな。


 

  

  

                           ポチッとよろしく!





  


    






  

 



  

 

 

« 比叡山を横断してきました。 | トップページ | 萱島 「くすの木太鼓」 の面々 »

ペット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/57835951

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぐるっと琵琶湖 島めぐり」 に行ってきました:

« 比叡山を横断してきました。 | トップページ | 萱島 「くすの木太鼓」 の面々 »

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック