« “うめきた” グランフロント に出掛けてみました | トップページ | 「糺の森」 に ポニー馬車 »

2013年5月 7日 (火)

一休禅師の足跡 ③ 大徳寺の「真珠庵」

  連休うろうろ の つづき。この日は、京都の北のほう、京都府立植物園~大徳寺あたりをうろうろしました。 

 

 一休宗純禅師の創建と云う、大徳寺の「真珠庵」は、普段は非公開(電話か往復はがきでの予約で拝観可能らしい)ですが、時々、特別公開されます。ただ、模写・撮影一切禁止で、庵に入ったところで、手荷物の全てを預けさせられます。

 

 「真珠庵」は、大徳寺再興に尽力したころの一休禅師の住まいの跡に創建され、応仁の乱で焼失したのを、禅師の没後10年目に、堺の豪商らによって再建されたと云うことです。


 一休禅師ゆかりの寺として知られていますが、アナグマにかじられた「一休禅師頂相」(肖像画)と「一休禅師木像」などが安置されています。もっとも、禅師の髪を髭に植えたとされる その木像は、方丈の奥の方の暗いところにあって、まったくと云ってよいほど、見えません。(酬恩庵と えらい違いや)

   

 

201355_130









   201355_131






  201355_134







  201355_135_2


  
  庵内では、部屋毎に配された、古文系(?)の女子学生による、拙くも懇切な説明がありましたが、何しろ、カメラを預けさせられたので、写真はありません。



 

  さて帰ろうかと、バス停に向かったら、賑やかな神輿行列に出会いました。


  
 


 

201355_025_2

  

  

  

  
  

 

  201355_065




  
   

  201355_111

 



  一休禅師の足跡とは関係ないのでしょうが、やはり、都の歴史の奥深さを感じさせられますなぁ。


■ 大徳寺 「真珠庵」へは、京阪・出町柳駅や、地下鉄・北大路駅からバスで「大徳寺前」下車。通常は非公開になっていますが、電話か往復はがきで事前予約すると拝観できるそうです。但し、志納料が必要。これが京都らしくて、うっとおしい。それより、年に1~2回の特別公開の時がいいでしょうな。予約も不要やし・・・(今年は800円)。

 

                           ポチッとよろしく!

   

                                                          


  


  

 

« “うめきた” グランフロント に出掛けてみました | トップページ | 「糺の森」 に ポニー馬車 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/57319772

この記事へのトラックバック一覧です: 一休禅師の足跡 ③ 大徳寺の「真珠庵」:

« “うめきた” グランフロント に出掛けてみました | トップページ | 「糺の森」 に ポニー馬車 »

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック