« テッセンとボタンが咲いた! | トップページ | 雨上がりの チューリップ »

2013年4月29日 (月)

もう1つのナローゲージ、 「内部・八王子線」

 現役のナローゲージ2路線のうち、三岐鉄道 「北勢線」に乗ってきたのは、今年2月のことでした。
同じ三重県には、もうひとつ、ナローゲージの電車が走っています。それ、気になってしょうがなかったんですが、いつも、「四日市」は 特急で素通りでした。

 ようやく機会があって、乗ってきましたよ、「内部(うつべ)・八王子線」。 
  

 ナローゲージですが、私鉄大手の近鉄(近畿日本鉄道)の支線です。尤も、「北勢線」も 10年前までは近鉄だったんですがねぇ。

 近鉄(大阪電気軌道~関西急行鉄道)が大阪~伊勢への延伸と 名古屋への進出をめざしたとき、合併・統合の歴史のなかで、これらの軽便鉄道も のみ込まれて来たようです。


 


  2013425_124_2


 

       

  近鉄名古屋線の「四日市」駅、「内部・八王子線」は、一旦改札を出て、少し南側の高架下にある 9 ・10番線から出発します。中二階の連絡通路があったのですが、分らぬまま、外へ出てしまい、ガード下の横断歩道を進むと 小さな表示がありました。


   

     2013425_123_4










  

 2013425_126_2



  やっぱり、ナローゲージは狭いなぁ。 それにしても、結構、乗ってるやないか。

 

  
  2013425_129

 

   「四日市」から2つ目、「日永」(ひなが)駅で分岐します。右に行くのが 「八王子線」ですが、次の「西日野」駅で途切れています。昭和49(1974)年の豪雨被害で2年もの間、バス代行輸送が続き、その後、「西日野」までに短縮して再開されたそうです。


  直進するのが 「内部(うつべ)線」です。いずれも全線単線ですが、交換を交互に旨く組み合わせて、両線とも、30分ごとに「四日市」駅へ直通しています。

  

 

   
    

2013425_131



 



2013425_156_2



   「日永」駅。右の電車が「西日野」行き、左は、「内部」からの「四日市」行き。     



  


  

 

 2013425_133

   

 

  「八王子線」の終点、「西日野」駅は、当然、無人駅。乗車券の自販機があったけど、改札は素通りです。

   
   

  
  




  

2013425_132

  




  

2013425_135

 

 

 

  2013425_139


  

2013425_138

 

 

    再び 「日永」駅へ。左の「四日市」行きに乗ってきて、右の「内部」行きに乗ろうと思ったんですが、撮影でモタモタしていたら、乗り損ねてしまいました。ホームの連絡路が踏切になっていて、遮断機が降りると通れないのです。(停まったら遮断機が一旦上がって通れます。)



 

 

  2013425_145




   次の「内部」行き電車まで、30分待ちです。



  

  2013425_153_2


  「四日市」からの「西日野」行きが また入ってきました。

   
 
 

  2013425_147

 

 

 さすが、近鉄。この駅からも、名古屋・難波への路線がつながっています。

 

  2013425_148

  

 

2013425_150

  



  ニャンコが「西日野」からの電車を注視しています。“たま駅長”(社長代理)気取りかも知れませんね。
と云うことは、「四日市」からの「内部」行きが間もなく到着します・・・。



  

 

  「内部」への途中駅で。 島式ホームで交換するため、ピンク車から降りた人も、反対方向の電車が停まってしまわないと、ホームから改札口へ出られません。



  
  
  

2013425_157

 

 

 
  

 間もなく終点、「内部」。右側は車両基地への引き込み線です。



 

  2013425_161


  

  


  
     

2013425_164



 

  2013425_168_2






 線路の終端側から、構内を撮ろうと、「内部」駅を出ると、『乗って残そう・・・』の幟が並んでいました。




  
  少し先のレストランの壁越しに内部駅構内を撮りました。右のクリームは留置車。左奥に、先ほどの車両基地に入っていたオレンジの電車がのぞいています。ピンクが、いま乗ってきた電車です。 

  さて、このピンクで 「四日市」に戻りましょう・・・。
  

  

 

2013425_166




  2013425_173


 


  2013425_171




      この両替機、100円玉と50円玉を10円に両替するのみ。

  




 

2013425_172

 

  折り返しの先頭は、ライトブルーでした。




2013425_175
 



2013425_176_2


 

 

  2013425_174




   



  

   2013425_177
 

     運転席後ろの掲示です。これを見ると、チンチン電車の感じがするなぁ・・・。


   

  001




◆ 「内部(うつべ)・八王子線」

  いずれも、大正元(1912)年に、当時の三重軌道により開業、軌間762mm、四日市~内部 5.7km、日永~西日野 1.3kmのミニ路線です。「八王子線」の西日野~八王子間は昭和51(1976)年に廃止され、線名にのみ その面影をとどめています。
  
  

  近鉄HPの「近鉄資料館」には、『全線が四日市市内にあり、沿線の人口密度が高いことから、軽便鉄道というより、市内電車といった感じのする路線』と記してありました。





  

                                                                                                   ポチッとよろしく!


« テッセンとボタンが咲いた! | トップページ | 雨上がりの チューリップ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/57261247

この記事へのトラックバック一覧です: もう1つのナローゲージ、 「内部・八王子線」:

« テッセンとボタンが咲いた! | トップページ | 雨上がりの チューリップ »

無料ブログはココログ
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック