« 春への あしおと | トップページ | これこそ “にらみ”・・・ »

2013年2月16日 (土)

ナローゲージの「北勢線」に乗ってきました

  尾小屋鉄道や下津井電鉄など、ナローゲージの終焉ののちも、なんとか頑張っている
軽便鉄道の一つ、三重県の三岐鉄道北勢線に乗ってきました。

でも、北勢線は、軌間とスピードはともかく、保安面や自動改札、車内案内などでは、
進んだローカル電車でした。

 

  「北勢線」は、2003年に、近畿日本鉄道から三岐鉄道に譲渡されたローカル鉄道で、
JR・近鉄桑名駅前のバスターミナルの端っこにある「西桑名」駅から「阿下喜(あげき)」駅まで20.4km
を約1時間弱で結んでいます。ローカル線ながら、三岐鉄道になってからは、むしろ増発され、
一部区間を除き、概ね1時間に3本走っています。単線なので、これは中々の本数でしよう。

  軌間762mmのナローゲージなので、車内は狭いが、天井がスッキリしていて、あまり
狭く感じません。4~3両編成。まあ、大阪市営地下鉄の長堀鶴見緑地線に似た広さかな。

 

  2013215_038

 

  2013215_043

 

 

 

  2013215_041












 西桑名駅に入線。
折り返し、阿下喜行きになる。





 

 

  近鉄時代の合理化の成果か、磁気切符による自動改札を採用している。
逆に、『1日乗り放題パス』は、紙製。端っこの有人通路で係員に声を掛けないといけない。
でも、そうする度に、「ありがとうございます」と返されるのが気持ちよかった。



    
  2013215_044



  

         




  2013215_048







  発車前の阿下喜行き。まだ、行き先標示が変わっていない。(西桑名駅)
                         
   

 


  

2013215_045




   
   先頭車両は、ひとり掛けクロスシートだった。(他はロングシート)


 

2013215_049

  運転席後ろの席を確保して、いよいよ出発進行!(そうした指差呼称はしてなかったよう) 
  この車両、やたらとモーターのうなり音が響く。後ろの車両を牽引してるんかも知れん。



  

2013215_052

                                           (馬道駅を出る)


  狭いところを通っている。分岐もカーブも急なので、15kmとか25kmの制限区間がやたらと多い。最高速度は45kmらしい。(いま、高速化を計画中とか)



  



 

2013215_057

 

 

 

2013215_058
                                                          
                                        (東員駅での交換)

  単線なので、しばしば交換がある。先着電車が待つあいだ、寒いので、ドアは一旦閉められた。カメラを持って車内にいたら、「写真撮るなら開けますよ」と開けていただいた。



  

  2013215_064

  




   

 
   

2013215_066_4

                                                                       終点近くの勾配の急な“難所”


                                
  

  2013215_068
                      
  終点「阿下喜」に到着。
ホームの隣には、旧型の保存車両が留置され、軽便鉄道博物館の看板のある建物があった。


  2013215_071


  

  2013215_083








  

  


    


  



  

  2013215_078






2013215_079

 

 

 

 駅前にあった(唯一!)飲食店で、温かいかけそばを食しながら、店主のお姉さんの
「この辺にも何かパワースポットでも作って人を呼びたい」などの話しに相槌を打った。

 この北勢線、大正時代に建設され、いろいろの変遷を経て、近鉄に統合された由。
その近鉄も、赤字続きで廃止を表明、平行路線の三岐鉄道に譲渡され、駅間の短い駅の
統合や駅前整備、増発、高速化などの利用促進リニューアル策が進行中らしい。

 急カーブが多い線路を改修し、最高速度を75kmにする計画で、既に、車両の駆動モーターの
整備は、ほぼ完了しているんだそうな。

  


  2013215_089
 

 帰りの阿下喜駅。後ろの山並みは藤原岳。固い石灰岩の山で、セメント原料を産出するんだと。(ホームに立つと、さむい!風が冷たい!)

  2013215_095


                              運転士用のホームミラーに映してみた



  

 2013215_122

 そうそう、信号機のほとんどは、黄と赤の二現示式で、青を見たのは、どこかの引き込み線(?)のところだけだった。

  



  2013215_067











  2013215_108

 






   利用促進策らしいが、いろいろ考えるんや。

 

   
 






   

   

   さすが、ナローゲージ。やっぱり狭いなぁ。 


  2013215_121_5



  ポチッとよろしく!

« 春への あしおと | トップページ | これこそ “にらみ”・・・ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

soccer
楽しく拝見しました。ロータリーの操車場が残っているとは驚きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/56773672

この記事へのトラックバック一覧です: ナローゲージの「北勢線」に乗ってきました:

« 春への あしおと | トップページ | これこそ “にらみ”・・・ »

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック