« 「石岡」の頃のおもいで・・・ | トップページ | さくらもみじ »

2012年11月29日 (木)

龍のしっぽのお寺のもみじ

20121125_031

   四条畷市(大阪府)の四条畷神社までは、京阪電車の大和田駅からの京阪バスで15分。
ここから、我等がハイキングコースの飯盛山にのぼります。幾通りもコースが
あって、その時々の思いつきで歩くことができます。

 
  今日は、ちょっとだけ歩くつもりやったんで、山頂へは向かわず、途中のT字分岐で、
「御机(みつくえ)神社」と書かれた、いつもと違う方向へ曲がってみました。

  階段状の少し急な下り坂、この道、上りは かなんなぁ、とか云ってる間に、御机神社
に到着。由緒ありげな本殿を横に参道を下ると、谷川の対岸の崖の上に、そのお寺が
ありました。


 龍尾寺(りゅうびじ)。

また急な石段を上ることになり、いささか辟易。
でも、寺宝の“龍の尻尾”公開中との立て看板に、踏ん張りました。しんどっ。

 崖のうえの庭のもみじが、ちょうど強くなってきた、西日に透けて、なんともきれい。

ここ龍尾寺は、もみじで知られた寺だと云うことを、後で知りました。(拝観料とか不要)

20121125_016
 

20121125_017_3

  たまには、足許も見てみよう。

201212_002s




 

   20121125_027_4


20121125_037
  帰りみち、民家の庭先に
おばあさんのような優しげな顔のわんこ。

 ところが、このわんこ、吠える吠える。

 しっかり仕事しとるんや。

  
 帰りのバスは、塚脇から大和田行きに乗車。
バス停のまん前の宮さんに大きなイチョウの
樹がありました。
これも西日に照らされて、鮮やかに濃い黄色
に染まってました。
電話線と電柱がなかったら、もっとエエ写真に
なるのになぁ。


 ところで、龍の尻尾は、拝見するのを忘れてました。(公開は何年かに一回らしい)
雨乞いにまつわる民話の結末は、降雨とともに、龍が3つに裂けて落下してきたとか・・・。
稲妻のことかな。頭と胴が落下したところにも、それぞれ、龍を供養する寺が建てられた
そうな。(龍尾寺以外は既に廃寺とのこと)

20121125_038_2
 

« 「石岡」の頃のおもいで・・・ | トップページ | さくらもみじ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

日の光に照らされた紅葉が凄く綺麗ですね!
職場のPCの壁紙を、早速この画像に変更しました。
これからも、ブログの更新を楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589905/56205066

この記事へのトラックバック一覧です: 龍のしっぽのお寺のもみじ:

« 「石岡」の頃のおもいで・・・ | トップページ | さくらもみじ »

無料ブログはココログ
フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック