2018年6月22日 (金)

百日草

          庭の片隅で野生化していたシャスターデージーに代えて、百日草を密植し
                    ました。今回は、タネから育てたので、30本ぐらいです。
 Dscf1731

          百日草は、ジニアとも云います。キク科の草花で、初夏から秋に咲きます。

Dscf1674

          蕾(つぼみ)は、うろこの絵が描いてあるような感じです。

Dscf1691

   Dscf1677_2

Dscf1689

          このあと、一気に花開きました。

Dscf1696_2

          この間は、撮影できずです。気が付いたら、完全に開いていました。

Dscf1730

          ブーゲンビリアの“大木”の足許で、まだまだ たくさん咲くのでしょうね。 

Dscf1727

            しばらくは、仏壇に供える花にも困らないで済みそうです。

                          
                            ポチッとよろしく! 

2018年6月18日 (月)

「京阪梅田線」の残影 ②

          現在のJR大阪環状線桜ノ宮駅の周囲を巡ってみました。いろいろと遺構が
                   目につきます。桜ノ宮駅は、かつて、関西(かんせい)鉄道の時代には、四條畷
                   方面への乗換駅になっていて、4線分の橋台遺構が残されていました。
                     「京阪梅田線」は、恐らく、奥側の橋台跡のところに鉄橋を架けていたことでし
                   ょうね。これ、JR桜ノ宮駅の西口の先です。

Dscf6539

           現在線の南側の大川(旧淀川)に、ポツンと残る旧線の橋脚跡。
            Dscf9699_2


      その大川(旧淀川)対岸にも、橋台跡がありましたが、こちらには、2線分でした。
           その先のJR天満駅は、もともと島式ホームだったのを、内側(南)に空いていた用
           地にホームを増設し、現在では、内回り/外回りで別個のホームになっています。
              思えば、そこを「京阪梅田線」が走っていたはずなんですな。

Dscf6560

           明治40年に国有化される前の「片町線」は、放出(はなてん)~片町間だ
                     けの呼称だったそうです。つまり、桜ノ宮~放出以東も「桜ノ宮線」と呼ばれ
                     た時期があるそうです。この頃の関西鉄道のターミナルは、「網島駅」でし
                     たが、これも、桜ノ宮から梅田をめざしたものの、認可されず、大正2年に
                     廃止され、現在の「片町線」のようになったんだそうです。
           明治33年に名古屋へのルートが 天王寺・奈良経由に変更されたため、
                     関西鉄道のターミナルは、湊町(現JRなんば)駅に移りました。

1_2

          現在でも、JR桜ノ宮駅は、ちょっと変な構造になっています。地上にある
         西口の改札から、環状線内回りホームへは、長めの地下道をくぐらなけれ
         ばなりません。
          かつて、関西鉄道時代に、四條畷方面への乗換駅となった名残りであり、
         「京阪梅田線」がこの地下通路の上を走るはずだったための構造です。

Dscf6523

           東口側は、長らく盛り土のままだった線路跡が再開発され、ちょっとした
          駅前広場と、マンションになっていました。ここも、「京阪梅田線」が走るは
                     ずだったところですな。

Dscf6582

          前回掲載した「京阪電鉄乗越橋」。この先、蒲生信号所までの間には、
                  「京阪梅田線」の遺構は見当たりません。
  Dscf6665

         桜ノ宮駅から東南、京橋方向に更に歩くと、「京阪梅田線」と云うより、関西
        鉄道桜ノ宮線(明治34年~大正2年)の残遺構が見られます。

Dscf6603

        梅田をめざした鉄道が、桜ノ宮駅をアプローチとした証しでしょうね。
         4線分の橋脚が今も残されている姿には、胸打たれるものがあります。

Dscf6601

         関西(かんせい)鉄道は、中京資本の鉄道で、大阪進出をめざし、片町線
                経由で名阪間を直通させ、官鉄東海道線との熾烈な競争を展開した歴史が
        あるそうです。
                   現在のJRの、関西本線・草津線・紀勢線・桜井線・和歌山線・奈良線・大阪
                環状線の前身となった大鉄道でしたが、明治39(1904)年に国有化されました。

Dscf65782_2

           「京阪梅田線の残影」に使用した写真は、2018年1月~5月に撮影し、
          概略地図は、WEB上の公開情報等をもとに、独自に作成したものです。


                            ポチッとよろしく!

 

2018年6月15日 (金)

メロン、トマト、キュウリ

           ゴーヤの代わりに、プランターに植えた“ネットメロン”が生育中です。
                     親づるを摘芯して子づるを2本伸ばし、15節目あたりから出る孫づるを
                     各2本確保して、1株4果の着果がよいそうです。旨く育ちますよう・・・。

Dscf1742_2

         大き目の鉢に1株植えた中玉ミニトマト、 “フルーツルビー”も順調そうです。

Dscf1738_2

           キュウリは、背が低めで、たくさん採れると云う苗を2株地植えしました。
                     摘芯しないのに、脇枝が次々に出て、多量の収穫が期待できそうです。

Dscf1712

           はじめは上向きですが、重力によって、段々下向きになるんやそうです。
                     と云うことは、このままだと、枝が邪魔して、曲がってしまいそうですな。
    Dscf1715

          中玉、“フルーツルビー”は、ほのかに赤みを帯びてきた感じです。背が高
                   くなってきましたが、かなり深い陶器鉢なので、まだまだ大丈夫そうです。
  Dscf1707_2

          去年は、あまり生育が良くなかったので、今年は、土もシッカリ準備しました。
            

                         ポチッとよろしく!

«「京阪梅田線」の残影

無料ブログはココログ
フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック