2017年11月20日 (月)

大山ふもとの晩秋 ②

 

          次に回った大山寺(だいせんじ)は、大山観光のキーポイントでしょう。

Dscf3193_2

 Dscf3197

          大山寺は、金色の狼を狩ろうと大山に入った狩人の前に地蔵菩薩が現れ
                   て信心が起こり、弓矢を捨てると、金狼は、老尼に化していたという説話が
                   あるそうで、その狩人が出家して、地蔵権現を祀ったのが始まりだそうです。
          
Dscf3203_3

          現在の本堂は、昭和の初めの火災で焼失した仮本堂を、昭和26年に再建
                   復興したものだそうです。
  Dscf3206

Dscf3198

Dscf3213

Dscf3199

Dscf3202_2

Dscf3194

Dscf3218_2

Dscf3221_2

              大山寺橋の橋脚部は、土石流による土石の排除などの工事中でした。

Dscf3219_2_2

          宿への途中、“みるくの里の牧場越しの大山。鍵掛峠からみた大山の裏側です。

Dscf3224

Dscf3572_2_2                                              (大山寺のパンフより)
      
              この日の夕食。これにあら汁も付いてきました。

Dscf3239_3

                        この晩、あんなによかった天気が崩れ、強風と雨で嵐になりました。


                                                                 ポチッとよろしく!

2017年11月17日 (金)

大山ふもとの晩秋 ①

          久しぶりに車で遠出。今回は、鳥取県の大山(だいせん)です。中国道から
         米子道に入り、蒜山(ひるぜん)高原サービスエリアの鶏飯で昼食にしました。

Dscf3053

          蒜山(ひるぜん)高原SAからも、大山が遠望できます。

Dscf3056_2

          最初の展望は、鬼女台展望駐車場(ここは、まだ岡山県)です。

Dscf3084_2

              この日、抜群の快晴でしたが、今夜は嵐になるようです。
  Dscf3098

   Dscf3119

          南東方向を振り返ると、こちらにも晩秋が広がっていました。
 Dscf3112_2

  Dscf3108

Dscf3086_2

          次に目指したのは、今回のメーン目的地、鍵掛峠(鳥取県)。数日前まで、
         台風被害で通行止めになっていた大山環状道路を走ります。

Dscf3528_3                          (大山・蒜山ぐるり周遊スタンプラリーのパンフより)


          鍵掛峠からの荒々しい大山。
   Dscf3132_2                                        (望遠720mmズーム撮影)

          少し引くと、こんな感じです。
  Dscf3145_2

          少し遅めだったか、手前の木々に、紅葉が少ないようです。

Dscf3156

              鍵掛峠から更に北上して、文殊堂の前でしばし停車。その直前に
                          は、大きな沢があり、もろくなった岩山が崩れ出している光景が広がっ
                          ていました。

Dscf3177_2

          幾重にも重なった砂防堰堤が印象的です。

Dscf3170_2

Dscf3174_2

          この沢にかかる付近は、冬季通行止めになる区間だそうです。 
         今回の“大山ふもと巡り”は、多分、3回くらいつづく予定です・・・。


                              ポチッとよろしく!

2017年11月13日 (月)

四国/JR川之江駅周辺 ②

          川之江の駅前商店街です。ちょっと寂しい・・・。

Dscf7303

          この商店街を抜けて左手にあるのが、ぼけ封じの観音、吉祥院宅善寺です。

Dscf7307202

Dscf7311202

Dscf7309202

Dscf7315202

          川之江駅の改札~跨線橋の間にある地元産品の展示ケース。紙製品が多い。
 Dscf7317202_2

         川之江駅では、かなりな頻度で“桃太郎”機関車に遭遇します。
 Dscf8688_1

          単線なので、下りの特急を待って、スグに出発します。
 Dscf9635_2

          だいぶ陽が落ちてきました。製紙工場が多い川之江の夕空です。

Dscf8050_2

        “しおかぜ24号”が入って来ました。これに乗って帰阪します。
 Dscf7697

          瀬戸大橋を渡ります。

Dscf8512

          岡山駅の駅弁は、これが一番!祭りずし。
  Dscf7332202

          旧川之江市は、周辺自治体と合併して、四国中央市川之江町になっています。    


                        ポチッとよろしく!
 

«四国/JR川之江駅周辺 ①

無料ブログはココログ
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック